沢口靖子の若い頃がきれいすぎてヤバい!現在の姿と昔とを画像で徹底比較!

1986年21歳頃、カネボウ化粧品CMと2018年50歳、50の恵みのCMの沢口靖子比較画像

1984年、第1回東宝シンデレラのグランプリを受賞し芸能界デビューした沢口靖子(さわぐち やすこ)。

以来、映画やドラマ、舞台と活躍の幅を広げ、数々の賞も受賞してきました。

『科捜研の女』の主演女優として名高い沢口靖子は、若い頃から大変な美しさを誇っていました。

今回は、そんな沢口靖子の若い頃に注目。沢口靖子の美しさを、徹底検証していきたいと思います。

目次

沢口靖子の若い頃の美しさと現在を比較

1986年21歳頃、カネボウ化粧品CMと2018年50歳、50の恵みのCMの沢口靖子比較画像

  • Before画像:1986年、カネボウ化粧品のCMでの沢口靖子
  • After画像:2018年、50の恵みのCMの沢口靖子

 

沢口靖子の21歳Before画像の、ありえない美しさ。

小鼻からの延長線上にある眉頭。また、小鼻脇と黒目の結んだ線にある眉山は、美人顔のお手本ですね。

知的な雰囲気が漂う、派手過ぎない上品さです。

はっきりした二重で瞳が大きく、鼻筋も通っている日本人離れした顔立ち。沢口靖子の透き通るような肌の白さも印象的です。

After画像の沢口靖子は、20代の頃と比べて少しやせたようにも見えます。

画像を見るとほとんどシワもなく、肌の透明感もそのまま。多少目の下のたるみは感じますが、とても50歳には見えません。

50代女性にとって羨ましいと感じる、年齢を感じさせない沢口靖子の若さと美貌。

ボブショートが多い沢口靖子の髪型も、中年女性がお手本にしたい上品さです。

躍進を続ける沢口靖子の美しさを検証

美しい沢口靖子の若い頃の顔

『美人顔の黄金比』というものがあるのだとか。

  • 顔の長さ【前髪の生え際~眉頭1】:【眉頭~鼻1】:【鼻~あご1
  • 顔の横幅:目の横幅の5個分
  • 【顔の長さ1】:【顔の横幅1.46

 

出典:RankBest

 

沢口靖子の顔は、まさに黄金比率にかなっています。

さらに、沢口靖子の鼻先からあごを繋いだラインは、唇が当たっていません。広末涼子(ひろすえ りょうこ)のように、横顔美人のEラインもクリアしています。

そんな典型的な美人顔の沢口靖子ですが、若い頃は左の小鼻の下にほくろがありました。

写真が右からのショットが多いのは、ほくろを気にしてなのかも知れません。

沢口靖子のほくろは、30代の頃から少しづつ目立つようになりました。

一般的に、ほくろは紫外線を浴び続けるとメラニンが増えて大きくなります。

現在の沢口靖子には、ほくろがありませんね。これからの役柄などを考え、除去したのでしょうか。

宮沢りえ(みやざわ りえ)小倉優子(おぐら ゆうこ)・倖田來未(こうだ くみ)・椎名林檎(しいな りんご)・木村文乃(きむら ふみの)など、ほくろを除去したと思われる芸能人はたくさんいますが、沢口靖子は代表的な『ほくろがなくなった女優』ですね。

data-ad-slot=”8070954192″

若い頃から変わらない沢口靖子の美しいスタイル

沢口靖子の若い頃と2015年50歳クラリーノ美脚大賞の時、現在の53歳のスタイル比較画像

沢口靖子は、デビュー当時からほとんど変わらない体型を維持しています。

真ん中の画像は、『第13回クラリーノ美脚大賞2015』で特別賞を受賞した際の沢口靖子です。

沢口靖子の身長は159cm。

体重は公表されていませんが、若い頃や現在のスリムな体型をみると40㎏前後ではないでしょうか。

そんな沢口靖子の美容健康法の一例は…。

  • ヨーグルトにマヌカハニー
  • ホット生姜&はちみつティー
  • ジムでコアトレーニング
  • 睡眠を多くとる

 

簡単に思えるようなことでも、美意識が強くなければ地道に継続することもできません。

モノを使う物理的な健康法は、誰でもわりと簡単に取り組めるでしょう。

しかし睡眠時間に関しては、忙しい人ほど時間を確保するのが難しいはず。

睡眠時間を確保すれば、他の活動時間が減ります。沢口靖子は、その配分がしっかりできているのでしょう。

目に見えない多くの努力があるからこそ、沢口靖子は美しさや体型を維持できているのですね。

沢口靖子は、元西武グループの堤義明(つつみ よしあき)からの援助疑惑が裏稼業として噂になっていましたね。

また、真如苑(しんにょえん)の宗教メンバーとも言われていますが、真実はわかっていません。

沢口靖子の飾り立てない美しさ

6年続けて出演した『タンスにゴン』のCMの沢口靖子

沢口靖子は「タンスにゴンゴンよ〜きくねん」という『タンスにゴン』のCMで、ふんだんに関西弁を使い、キャラの新境地を開拓。

『金髪の美女篇』や『胸騒ぎ篇』『国会篇』など、ざまなバージョンで、1999年から6年続けて出演しています。

おっとりした声としぐさで、初々しさがあふれていた新人当時とは違う雰囲気に、誰もが驚いたでしょう。

発言小町で、沢口靖子に対するこのようなコメントがありました。

沢口靖子さんは、私が以前働いていた某イタリアブランドの顧客でした。

芸能人であり、あんなにお綺麗ですがとても気さくで優しい方です。しかも見かけによらず、サバサバしています。

もう15年も前の話だけど、あるレストランに入るとすごくオーラがある美しい方がいると思ったら、沢口靖子さんでした。

ちょうど取材が終わったらしく、帰ろうとする沢口さんに「沢口靖子さ~ん!」と声をかけてみたら、ニコッと感じよく微笑んでくれて感激でした!!!あんなにお美しい方なのに、人柄も謙虚だとお見受けしました。

出典:発言小町

 

絶世の美女と言えるほどの美貌を持ちながら、飾り立てない内面の部分が、沢口靖子の一番の魅力かもしれません。

ちなみに、モノマネ芸人メルヘン須長(すなが)の沢口靖子の真似が話題を集めていましたが、残念ながらブレイクするまでには至っていませんね。

『科捜研の女』の初期の頃は、視聴率も低迷し継続も危ぶまれた20年弱の長寿番組です。

テレビ朝日の冠番組へと成長したのは、榊マリコ演じる沢口靖子自身の人間的な成長があったからではないでしょうか。

『科捜研の女』の沢口靖子は、25日『輝け!第21回みうらじゅん賞』にも選ばれています。

2019年1月から放送されるドラマ『刑事ゼロ』とのコラボ、2019年1月3日『科捜研の女正月スペシャル』で、沢村一樹(さわむら いっき)との共演も話題になっていますね。

意外にも、沢口靖子と沢村一樹の共演は、初めてなのだとか。

53歳の沢口靖子・51歳の沢村一樹、アラフィフ美男美女の共演が大変楽しみですね。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[関連記事]