芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

いしだ壱成の全盛期と病気後の現在を画像で比較してみた!

いしだ壱成の全盛期と病気後の現在を画像で比較してみた!

フジテレビ系『良かれと思って!』のテレビ番組内で再婚した一般女性との離婚を発表した、いしだ壱成。

視聴者から、いしだ壱成(いしだいっせい)の『表情がいつもと違う』『どうした?』と、心配の声が上がっていました。

いしだ壱成は10月21日にブログで病気療養中だったことを告白。現在は回復し完全復帰に意欲を燃やしています。

今回はいしだ壱成の病気と、全盛期・現在について画像を比較していきたいと思います。

[スポンサーリンク]




いしだ壱成を襲った病気とは?

いしだ壱成は日頃ブログは頻繁にアップしていませんが、10月ファンに報告のお知らせをしています。

  • 10月18日離婚報告
  • 10月21日顔面麻痺についての報告

いしだ壱成は病気についての報告で、以下のように語っています。

帯状疱疹から来る顔面麻痺、という医師の診断でした。二週間ほど前に発症をしました。その後一週間通院しまして、今は快方に向かっております。予定どおり舞台に立たせていただいております。

いしだ壱成が発症した病気は帯状疱疹。そこから顔面神経に影響し、顔面麻痺を発症しました。

いしだ壱成は現在、療養しながらリハビリを続けているようです。

いしだ壱成の全盛期画像

いしだ壱成の全盛期画像
いしだ壱成は、本名星川一星と言います。

  • 本名 : 星川一星
  • 生年月日 : 1974年12月7日(42歳)
  • 出身地 : 東京都
  • 血液型 : B型
  • 職業 : 俳優 ミュージシャン

父親は石田純一、母親は星川まり。いしだ壱成がまだ3歳の時に両親が離婚し、星川まりに引き取られました。母、星川まりは現在「緑の党」社会運動部長・脱原発の日実行委員として活躍しています。

当時、石田純一は子供の存在を隠していたため、いしだ壱成が世間に知らされたのは1991年15歳の時です。

芸能界にデビューしイケメンで中性的だったいしだ壱成は、数々のドラマに出演しファンも多く人気がありました。

  • 「ひとつ屋根の下」で、問題児の役を演じ知名度がさらに上昇
  • 「未成年」で主演男優賞を受賞し俳優としての地位を不動のものとする

当時のいしだ壱成は、華奢な体つきとファッション・中性的な演技から「フェミ男」と呼ばれるほど。実力のある演技派で人気がある反面、女性の話が尽きる事はありません。

いしだ壱成は、坂井真紀との「豊島園デート」がスクープされたり元女優の彼女がいたりと、女性によくモテて話題が豊富でしたね。

全盛期は、ドラマ出演で人気を博した90年代。この時の彼は、タレントとしても確固たる地位を築いていました。

2世タレントとしてデビューしたいしだ壱成は、俳優やミュージシャンとして活躍しましたが、2001年大麻取締法違反で逮捕されたため芸能活動を停止。

謹慎処分を経た後、芸能界に復帰し芸能活動を再開しました。2003年に、元タレントの三宅えみと結婚したが2年で離婚し、先日2度目の離婚を報告しています。

現在、いしだ壱成は東京から石川県白山市に移住しているようです。

[スポンサーリンク]




いしだ壱成の病気前後の画像比較

いしだ壱成の画像を比較すると、全盛期のイケメンで「フェミ男」と呼ばれたとは思えないほど顔つきが変わっています。

いしだ壱成の全盛期と病気後の比較画像

  • 左は1995年、いしだ壱成が「未成年」出演時画像
  • 右は病気後の現在、「良かれと思って!」の出演時画像

いしだ壱成の全盛期と病気後の比較画像

  • 左は2015年、「アルジャーノンに花束を」出演時画像
  • 右は病気後の現在、「良かれと思って!」出演時画像


2015年の比較では、それほど変わった感じが見えないように思えます。

しかし、顔面麻痺の影響で顔の半分の動きが鈍く、病気後のためかやつれて見え雰囲気として老けた感じがあります。

ただ現在回復に向かっていますから、印象は顔面麻痺による症状が治まるにつれ、表情が戻るとまた変わってくるでしょう。

以前から「おでこが広がってきた」と言われているように、2015年の近い比較からも髪の量の少なさが目立ってきていますね。

いしだ壱成は、おでこの生え際から始まる男性型脱毛症(AGA)だと思われ、父の石田純一にも同じ症状があります。

病気後すぐの画像なので表情に変化があるのは当然なのですが、中でも一番気になる部分・・それは目です。以前見せていたような、いしだ壱成の目つきの鋭さがなくなってしまいました。

年齢によるものなのか・病気後によるものなのかはわかりませんが、覇気が見えないようにも感じます。

いしだ壱成を襲った病気『帯状疱疹』とは?

いしだ壱成が患った帯状疱疹とは、単純ヘルペスウイルスが原因で皮膚や粘膜に小水疱やびらん(ただれ)が起きる病気です。

単純ヘルペスウイルスの初感染、再感染、再発により、皮膚や粘膜に小水疱やびらん(ただれ)を主体とする病変が生じます。

過去中森明菜も、帯状疱疹を患っています。

帯状疱疹は水ぼうそうをおこす原因ウイルスと同じもので、大半の人は子供の頃に感染しています。感染したウイルスは消滅せず『神経節』に隠れ、普段は体内にウイルスがあっても全く支障がありません。

ただし、睡眠不足や過労・体の調子が悪いなといった免疫力が低下した時に発症します。

そして顔面神経の膝神経節に到達・潜伏。後年それが再活性化すると神経炎が生じ、顔面神経麻痺を発症する場合があります。いしだ壱成に起きていた顔面神経麻痺「ラムゼイハント症候群」です。

どの専門サイトを見ても100%の完治は難しく、特にラムゼイハント症候群は麻痺が少々残ると書かれていました。

いしだ壱成のブログにも、「一番ひどかった顔面神経麻痺はだいぶよくなって来たものの、いまだ顔面に少しの麻痺を残したままの状態です。」と書き込まれています。

ただ主治医の指示によるリハビリで経過は良く、舞台にも立っているようですね。

いしだ壱成に23歳年下の新しい彼女?

いしだ壱成の現在の画像

10月18日に2度目の離婚をブログで報告したいしだ壱成ですが、1カ月たたない内に週刊文春により新恋人をスクープされ、交際宣言をしています。

いしだ壱成の新しい恋人は、19歳で女優の飯村貴子。現在、半同棲中なのだとか。女性関係の話題が尽きる事はなさそうですね。

いしだ壱成がモテるのは父親譲りのイケメンであり、また一方では父親譲りの細やかな気配りができる人なのでしょう。

現在はまだ療養中なので、いしだ壱成の回復状況と今後の動向に注目したいと思います。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[関連記事]



記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top