芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

石原さとみ似?伊調馨がかわいいと話題の画像を厳選!!

石原さとみ似?伊調馨がかわいいと話題の画像を厳選!!

レスリングで活躍している伊調馨(いちょうかおり)。

以前より、「伊調馨がかわいい!」という」声。さらに、石原さとみに似ているという噂も浮上しています。

今回は、伊調馨が石原さとみに似ているかどうか検証しつつ、かわいいと話題の画像を厳選してお届けしたいと思います。

[スポンサーリンク]




アスリートの頂点に君臨した伊調馨

伊調馨は、青森県八戸市出身。姉と兄の影響を受けレスリングを初めています。

姉・伊調千春は、女子レスリング選手。青森から京都の網野高校に進学。アテネオリンピックと北京オリンピックにおいて、女子48kg級銀メダリスト。

兄・伊調寿行もレスリング選手。現在は、所属する綜合警備保障でコーチを務めています。

伊調馨は過去56kg級時代は吉田沙保里に苦戦し、階級を上げています。当時は吉田沙保里の方が強かったのでしょう。

しかし伊調馨は、その後数々の功績を残して行きます。

  • 2004年アネテオリンピック
  • 2008年北京オリンピック
  • 2012年ロンドンオリンピック
  • 2016年リオオリンピック

伊調馨は4大会連続で金メダルを獲得し、2016年10月国民栄誉賞を受賞しました。

伊調馨は石原さとみに似てかわいい?

石原さとみの前髪ぱっつんと伊調馨前髪ぱっつんのかわいさ比較画像

国民栄誉賞を受賞した伊調馨の前髪ぱっつんは、『美少女に変身』とも。伊調馨がかわいいと、多くのツイートが見られました。

伊調馨さん、リングの外(スーツ姿)普通にかわいいし

出典:twitter

うおー伊調馨見てきたやばいかわいい

出典:twitter

 

それとともに、伊調馨は石原さとみやサトエリ・石川梨華などに似ているとも、話題に…。

確かに、前髪を下ろした伊調馨はレスリングの時とは打って変わったかわいい女子。とはいえ伊調馨と石原さとみの画像を比較してみると、この画像では似ているようには感じられないような気がします。

伊調馨は以前は63kg級でしたが、リオオリンピックでは58kg級。

伊調馨の身長は166cm。体重60kg前後なら充分に整ったスタイルです。一般的に言えば、ごく普通にスタイルのよい女性・もしくは少しだけ大柄な女性という程度でしょうか。

しかし、しっかりと鍛えられた筋肉がついてのスタイル。伊調馨から少しでも筋肉を落とせば、もっとスリムになるでしょう。女性として充分に魅力的な体型です。

メイクをした伊調馨がかわいい!

伊調馨の試合以外でのメイクをした顔も、大変かわいいとも話題になっています。その伊調馨がこちらです。

石原さとみの笑顔とメイクをしたかわいい伊調馨の笑顔比較画像

こちらでも、伊調馨と石原さとみを比較してみました。

どちらも負けず劣らずの美女。伊調馨は石原さとみにひけをとらない美しさですね。

似ているかどうかは個人の主観によって判断が違ってくるでしょうが、おそらく「どちらがかわいい?」と聞かれても誰もが迷ってしまうのではないでしょうか。

とはいえ、女優とアスリート。住む世界が全く違います。

着飾っていない伊調馨の日頃の雰囲気が華やかでないのは当然。伊調馨は、厳しい女優の世界とは全く違う厳しさの中生きています。

ちなみに伊調馨は結婚しているとも言われていますが、結婚はしていません。韓国の元レスニング王者チェワンホと付き合っていたようですが、破局しています。

伊調馨のかわいい笑顔と石原さとみ比較画像

伊調馨の大変可愛い画像があります。

石原さとみの笑顔とかわいい伊調馨の笑顔比較画像

努力を重ね、金メダルを勝ち取っている伊調馨のこの笑顔。

何とも言えない伊調馨の最高の笑顔は、石原さとみと全く変わりない幸せオーラを放っていますね。見ているだけでも、幸せを分けてもらえるようです。

人の笑顔は、人の笑顔を誘います。ノーメイクでも、この可愛さ。ファンではなくても「かわいい!」と言ってもおかしくはありません。

伊調馨は、2020年東京オリンピックでは金メダル獲得が期待されていました。

またこんな笑顔を見られるとファンも楽しみにしていたでしょう。オリンピック5連覇を目指すそんな中、伊調馨選手に突如パワハラ疑惑が浮かび出します。

[スポンサーリンク]




伊調馨パワハラ疑惑の真相は!?

日本レスリング協会強化本部長、至学館大学レスリング部監督である栄和人監督による、伊調馨に対する『パワハラ問題』。現在メディアで大きく騒がれていますね。

原因は、伊調馨が『優れた技術の男子レスリング』に受けた衝撃だったと言われています。ただ勝利だけを目指すのではなく、理論的に優れた技術を行うレスリング。

伊調馨のそれまでの競技スタイルの変更が、栄和人監督から離れるきっかけとなったのだとか。

伊調馨は大学卒業後も母校である中京女子大で練習を積み、北京オリンピックに挑戦し見事金メダルを獲得しました。

カナダから帰国後すぐに、練習拠点を変更し東京で一人暮らしを始めます。

そして兄・伊調寿行から「男子の強化合宿に来ないか」と誘われ、伊調馨は男子の協会合宿に参加。

これに対して不服を感じた栄和人監督は、伊調馨を男子と一緒に練習させないように圧力をかけたと報道されています。

実は2016年リオ五輪でも、伊調馨だけがエコノミークラスへの搭乗だったとも。また警視庁から出入禁止処分・田南部氏も警視庁のコーチを外さるなど、相次いでパワハラがあったと見られています。

伊調馨はインタビューで「告発状については、一切関わっておりません」と否定コメント。しかし伊調馨がパワハラを告白したとも噂されており、真実と憶測が飛び交って何が本当の事かわからない状態です。

伊調馨の表情比較画像

こちらの伊調馨の画像をご覧ください。

石原さとみ似と言われる伊調馨の試合前試合後ビフォーアフター画像

伊調馨の試合時と試合以外の表情の違い。これだけ表情が変わるほど、真剣に向き合わなくてはいけないレスリング。

右after画像では大変かわいい伊調馨ですが、左before画像は、すさまじいほど彼女の気迫を感じられます。

2017年伊調馨はインタビューで、オリンピック4大会の試合を、「全てダメな試合だった。」と語っています。金メダルを獲得してもなお、自身の未熟さを戒める精神。

一般人の私たちには予想もつかない考え方ですね。

実は伊調馨は、2008年北京オリンピックで一度引退宣言をしています。そして、引退して指導者へなりたいと思う気持ちが強まっている現在。

伊調馨は、2017年NHK『サンデースポーツ』シンクロの井村雅代コーチとの対談で「東京五輪まで現役で…。」という勧めに対し迷いがあるような様子でした。

2018年3月9日『羽鳥慎一モーニングショー』で、拓殖大学レスリング部監督の須藤元気氏は伊調馨の筋力低下によって「現役復帰は、半年くらいかかる」と言及しています。

また伊調馨は、恩師のパワハラ告発によって、レスリングの世界から居場所がなくなるとも言われています。

ですが彼女の笑顔を待ち望んでいるファンのためにも、平穏に問題解決となってほしいものですね。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[関連記事]



記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top