芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

さだまさしが35億円の借金を30年かけてついに完済!その方法が知りたい!!

さだまさしが35億円の借金を30年かけてついに完済!その方法が知りたい!!

フォークデュオでデビュー。『精霊流し』でヒットしその名を馳せたさだまさし。

『関白宣言』や『案山子』など多くのヒット曲を叩き出し、何とも言えない心を唄う歌詞も、人気のひとつとなっています。

さだまさしは、2014年デビュー40周年を迎えるベテランシンガーソングライターです。

さだまさしは、実は35億もの借金を抱えており、それを全て完済しました。

今回は、さだまさしがなぜ35億も借金したのか・またどうやって返済したのかについて、言及していきたいと思います。

いつもクリックしていただきまして、本当に励みになります。
人気ブログランキングへ

[スポンサーリンク]




さだまさしが抱えた借金

1981年公開されたドキュメンタリー映画『長江』をご存じでしょうか?

映画『長江』は、さだまさしが28歳の時中国の揚子江を舞台に製作した映画です。

映画『長江』は、東宝洋画系120館で上映されるほどの大ヒット作品となりましたが、その時の借金はなんと28億という莫大な金額でした。

そして、金利を含めると35億にまでのぼり、その借金はさだまさしの会社ではなく、個人としての負債でした。

さだまさしが借金してまで作りたかった映画

さだまさしが35億円の借金を30年かけてついに完済!その方法が知りたい!!

さだまさしが、映画を中国で撮影したのには理由がありました。

さだまさしの祖父は中国大陸からシベリアを股にかけて活動したスパイだったと言います。

そして、官憲に追われ逃げ込みかくまってくれたのが祖母。その二人の間に生まれたのがさだまさしの父だったと言います。

さだまさしは、祖父と祖母が強く生きてきた中国・そして父が生まれた故郷に対して、強い憧れがあったのだとか。

中国で映画の製作をするにあたって、さだまさしは当初2億もあれば製作できるだろうと踏んでいたようです。

予想を超え、撮り終わった時には28億もの借金という状態でした。

とはいえ、借金が28億まで膨れ上がる前に、当然気がつきます。

さだまさしは、借金がかさんでも、映画を完成させたいという中国への想い入れが強かったのですね。

[スポンサーリンク]




さだまさしが借金完済!

そして、さだまさしは30年かけてその借金を完済しました。

さだまさしは、コンサートを1982年には162回行っています。

その後も毎年100回以上のコンサートを開催。小説を書いたり・曲作りも行い、壮絶に忙しい日々を送りました。

さだまさしは、前人未到4000回というソロコンサートを行っており、日本人アーティストではさだまさしたった1人という異例の達成数です。

さだまさしはこう語っています。

大都市だけでなく、『神出鬼没コンサート』と銘打って、地方の小さな町でもコンサートをやりました。そうでないと生きていけなかった。

出典:jisin.jp

そうして、さだまさしは35億もの借金を、見事に完済しました。

借金返済してさだまさしが得たもの

さだまさしが35億円の借金を30年かけてついに完済!その方法が知りたい!!

さだまさしは、借金を返済して得たものがあると語っています。

それは、人の温かい心・人の情 というもの。

多くの人に助けられながら、さだまさしは自身が人に恵まれていると感じたと言います。

人間は、決して一人で生きているわけではありませんね。『人』という文字のごとく、1人では倒れてしまいます。

通常の生活をするにも、人間1人だけでは何もすることができません。

自分で働き収入を得ていても、雇い主や社員・スタッフがいて、取引先の人がいて、実は皆に支えられているのです。

そして、自分で働いたお金で買い物をしていますが、コンビニでおにぎり一つを買うにしても、実は大変多くの人が関わって助け合っているのです。

  • おにぎりの米を育てている農家
  • 配送する業者
  • 包装するパッケージの製造会社
  • コンビニエンスストアの経営主
  • コンビニエンスストアを建てた建設業者

細かく言えば、もっと多くの人の関わりがあり、何百人で済む人数ではありません。

私たちは、日々の便利な生活の中、そのことを考えずに生きてしまいがちですが、失ってしまってからその大切さに気がついても遅いのです。

お金以上に大切なものは、人とのつながり・人の想いです。

さだまさしは、苦労する事でそういったものに気がついたのですね。

彼は、こう語っています。

「そして、何よりも僕のファンであり、コンサートに来てくださる方たちのパワーです。僕が莫大な借金を返済できたのも、前人未到のソロコンサート4千回を達成できたのもひとえにファンのみなさんのおかげです。これからは、みなさんに恩返しをしなければいけない。ということは、僕は、歌手をやめたくてもやめられないんですよ(笑)」

出典:jisin.jp

さだまさし所有の【詩島】

さだまさしが35億円の借金を30年かけてついに完済!その方法が知りたい!!

さだまさしは、4月2日に放送された『大改造!!劇的ビフォーアフター』で、自身が所有している島のリフォームを依頼しています。

さだまさしは、38年前自身の故郷長崎県の大村湾にある【詩島(うたじま)】を購入。

時々訪れては、友人などと楽しい時間を過ごしていました。

借金返済に精一杯だったさだまさしは、30年間その島を放置するしかありませんでした。

詩島は3500万円の予算で、建築士の匠がリフォームを手掛け、素晴らしく生まれ変わりました。

30年という長い年月をかけて、35億という莫大な借金を完済し、島をリフォームしたさだまさしは、どれだけ気持ちが軽くなったでしょうか。

肩の荷が下りたことによりこれからは、唄う楽しさだけを味わいながら、持ち前の人間味やセンスの良さなどを発揮し、素晴らしい曲と歌声を聞かせてくれることに期待したいと思います。

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[関連記事]



記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top