芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

愛子様が痩せた本当の理由は・・・?拒食症か?

愛子様が痩せた本当の理由は・・・?拒食症か?

皇太子さまの長女・敬宮 愛子内親王さまは、12月1日に15歳のお誕生日をお迎えになられました。

愛子さまはどちらかと言うと、ぽっちゃりとされておられましたが、余りにも激やせされたお姿を表され、世間ではその激やせぶりに心配の声が上がっています。

いったい何故愛子様はお痩せになられたのでしょうか?

今回は愛子さまの激やせぶりについて言及していきたいと思います。

いつもクリックしていただきまして、本当に励みになります。
人気ブログランキングへ

※一部、貴重なご指摘をいただきましたので、記事修正しております。

[スポンサーリンク]


愛子さまが激やせ!

愛子さまは、今年9月26日から中等科を4週間もの間欠席されておられました。

これまでにも遅刻や欠席をされておられる事が多かった愛子さまですが、今回の欠席はあまりにも長い期間であり、公に現れた愛子さまの急激な痩せ方に驚きの声が上がりました。

その画像がこちらです。

左Before画像はふくよかだった頃の愛子様ですが、右after画像をご覧下さい。まるで別人だというくらいにほっそりとされておられます。

愛子様が痩せたBefore・afterの画像

  • 重篤なご病気を患っておられるのかも!?
  • 愛子様痩せすぎ!
  • もしかして愛子様の影武者?

などと、心配の声や愛子様ではないという疑いの声まで出ていました。

愛子さまの影武者説

実は、過去から愛子さまには影武者がいるという噂がありました。

下記画像をご覧下さい。

愛子様の影武者?

これはあくまでも都市伝説のようなもので、本当のところはわかっていません。

そして、今回お痩せになられた愛子様は影武者ではありません。

愛子様の不登校に懸念

愛子様は、中学1年生の1学期の後半から遅刻や欠席の回数も増え、2学期に入ると、登校を午後からされるなど、不登校気味となられていたそうです。

数々の新聞や週刊誌は、数年前より愛子さまの不登校に対し、懸念を抱いた記事を出しています。

不定期ではありますが、繰り返される愛子さまの欠席や早退に体調不良・そして皇太子さまや雅子さまなどのご心痛を懸念しているのは、国民誰しも同じですね。

それでも、厳しい指導を受けない事が原因でイジメを受けていたとも言われていました。

その上、あのようにお痩せになられてしまったことを考えると、より心配の声が大きく上がるのは当然です。

なお、愛子様の不登校が懸念されている週刊文春の一部が以下です。

■週刊文春■

※2016年11月24日号  
相談役医師が重大証言 愛子さま「長期欠席」本当の理由

※2016年10月27日号 
美智子さま(82歳)のご心痛 天皇“極秘検査(東大病院)”と愛子さま“3週間ご欠席”

※2016年10月20日号
ふらつきと胃腸不良で2週間欠席… 愛子さまに何が起きているのか

※2014年12月18日号
「朝起きられない」と愛子さまは告白
51歳お誕生日 雅子さまと愛子さま「母子シンクロ」の深きお悩み

※2014年10月30日 秋の特大号
美智子さま80歳が憂慮される 愛子さま 独りぼっちの特別授業 先週の中間試験もご欠席

 

これについては、宮内庁より「メンタルヘルスを専門にする医師と交流はない。」と明かしています。

※2014年7月24日号
愛子さまは期末試験欠席 美智子さまもご心痛…雅子さま「叱らない子育て」の是非を問う!

※2014年7月3日号
皇太子訪欧直後の「非常事態宣言」!雅子さまと愛子さま 「登校拒否」再発と「23時の食卓」

皇太子訪欧直後の「非常事態宣言」!雅子さまと愛子さま 「登校拒否」再発と「23時の食卓」

※2013年12月19日号
「不登校問題」への苦悩が初めて明らかに──愛子さまが学校に行かなくなった日

※毎日新聞 2010年3月8日
愛子さま登校 1時限で早退 雅子さまが参観

※日刊スポーツ 2010年3月9日
愛子さま6日ぶり登校 雅子さま同行し授業参観 4時間目国語だけ給食も食べず

愛子様の欠席や早退は、今より7年も前から懸念されていることなのです。

ストレスによって誰にでも起こり得る適応障害

ここで何故『適応障害』という言葉が浮かんだのかと言いますと、まず噂を元にしたものでもあります。

ですが、人が急激に激やせしてしまう場合、何らかの精神的負担が引き金になっている場合が多くあるからです。

人は、多大なストレスがかかってしまうと、精神的に不安定になってしまいます。

精神的に不安定な状態は適応障害を起こす大きな要因のひとつです。

適応障害とは、環境に適応する事ができず、社会生活をうまく送ることができないなど、様々な症状となって表れます。

適応障害の症状は、人によって表れ方も様々です。

  • 不安を生じ物事に過敏や混乱を起こしたり、涙脆くなる
  • 不眠や食欲不振・頭痛や倦怠感
  • 遅刻や欠席・早退・過度のアルコール摂取など

人間関係や学校・仕事などの社会的な機能がうまくいかず、うつの症状にもつながります。

[スポンサーリンク]


適応障害で激やせ・激太り

適応障害を患ってしまうと、過食や拒食といった症状が起きる場合があります。

社会に馴染めない精神的なストレスから、過食へ走ったり、食欲不振となってしまいひどい場合には拒食症にまで至ってしまいます。

適応障害でストレスが溜まり、過食へ走るとその分食べる事で症状がある程度緩和されるのですが、食欲不振になってしまい激やせ・または拒食症にまで発展すると様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

  • 内臓や消化器官への悪影響
  • 栄養失調により身体の成長が停止する
  • 骨粗鬆症
  • 生理がなくなる・不妊になる
  • 貧血や低血圧
  • 免疫力の低下

激やせした愛子さまのお加減は?

愛子様がどのような事が原因でお痩せになられたのか公表はされていません。

ですが、2014年から治療を施しているにも関わらず、愛子様が大きくお痩せになられたところを見ると、何らかのストレスがかかっていると推測されます。

皇太子徳仁親王妃雅子さまも、皇室でのプレシャーや公務での疲労などの様々な問題だけでなく、愛子様が激やせされご療養されていたとなると、その心痛を図り知ることはできません。

日本を背負う天皇家にお生まれになって、全て責任ある言動を行わなくてはいけないという大変重いであろう立場を考えると、僕たちが気楽に過ごす世界とは全く違うものです。

まだ15歳である愛子様なら、その心労はもっと大きなものと思われます。

愛子様が痩せた本当の理由は・・・?拒食症か?

心配の声の合間に、愛子様が大変お美しくなられた!という声もちらほらありますが、本当にまるで天使のような笑顔をされておられますね。

今後、愛子様が早くご快復され、今以上のお元気なお姿を見せてくれますよう・そしてご健康に公務を務めて下さいますようお祈りしたいと思います。

それが、日本国民全ての人の願いであるでしょう。

今回は以上になります。最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。


自分に合った職業が選べる!プロから無料でアドバイス!

IT・営業職求人多数。転職ならマイナビAGENT



不登校・引きこもりを徹底改善!メディアで効果があると大評判のDVDとは!?

コメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. すみません。
    この記事で、文春が愛子さまは適応障害だと公表した。
    と断定してあるのですが、それにあたる文春記事が見つけられませんでした。
    どの号の週刊文春ですか?

    もし、別のまとめサイトの記述を流用しただけなら
    誤情報の拡散になってしまうので取り下げてもらえませんか。
    お願いいたします。
    子どもの健やかな成長を妨げてはならないという意味でも
    ご検討願います。

    • いつもご覧になっていただき、誠にありがとうございます。
      ご指摘いただいたとおり、
      「適応障害」だという断定的な要素は、
      全くありませんでした。
      内容等、精査し修正させていただきます。
      ご指摘頂き、ありがとうございました。

  2. 愛子さまが適応障害というのは、文春がいつ公表したものでしょう。そのような記事を見た記憶がありません。愛子さまはまだ15歳の未成年です。ソースを明確にできないあやふやな情報を元にしたものなら、削除をお願いします。

    • いつもご覧になっていただき、誠にありがとうございます。
      また、今回の記事について、ご指摘いただきありがとうございます。
      愛子様が「適応障害」かどうかというのは、
      断定的なことではありませんでした。
      内容について、修正させていただきました。
      大変、失礼いたしました。

  3. 愛子さまは芸能人ではありません。2014年に文春が適応障害と書いてあるとしていますが子どもにそんな病名つけますか?本当に書いてあるんですか?憶測としたらしたらこんな酷いことはありません。皇族とはいえ未成年ですよね。どこかからの指示なのかそれともランキング上げのためなのか未成年をあまり良い記事とは言え無い内容は書いている本人の良識が疑われます。残念です。

    • こちらの記事をご覧になっていただき、誠にありがとうございます。
      また、記事内容について、
      ご指摘いただき、ありがとうございます。
      「適応障害」ということについては、あくまでも憶測の話であり、
      断定するものでありませんでした。
      記事について、修正させていただきました。

記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top