吹石一恵の痩せた画像


ダイエットアドバイザーのJUNです。

まずは人気ブログランキングをチェック!

吹石一恵が痩せた、と話題になっていますね。

「えっ!?太ってたっけ?」

と思いませんか?

確かに調べてみると、ここ最近、吹石一恵が太ったという情報はありませんでした。

ですから、今回は視点を変えて、

吹石一恵が痩せたというおすすめのダイエット方法について、画像を交えてご紹介していきます。

公式サイトによると、吹石一恵の身長は170cm、体重49kg。明らかに細いです。

いつものbMI(体格指数)で、吹石一恵がどれだけ痩せているのかを計算してみます。

bMIの計算式は、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で求めていきますが、こちらに先ほどの数値を当てはめると、「17」でした。

bMIは、もともと糖尿病や高血圧など、生活習慣病の発症を防ぐために設けられた評価システムですので、体格を調べるものではありますが、測定者のスタイルが良いとか悪いというものを判断するものではありません。

したがって、病気のリスクが少ないと言われている正常範囲が18.5~24でかなり幅広く設定されています。その中でも最も病気のリスクが少ないと言われているのは「22」という数字です。

つまり、吹石一恵の17という数値がいかに低いものなのか、「痩せている」というのが分かると思います。通常、bMI18以下になると、「低体重」のカテゴリーに入ります。

そして、もう一つある計算式に、「モデル指数」というものがあります。こちらは国の機関が発行しているものではありませんので、公式ではありません。一つの目安として観るのがよいと思いますが、先ほどの評価よりも、当然、“モデル用”ですので厳しく設定されています。

一般的なものですと、bMI以下はすべて痩せているという「低体重」の括りでしたが、こちらは、この周辺の数値を細かく区切っているのが特徴です。以下に記載します。

bMI19.0以下:モデル並み
bMI17.0以下:痩せている
bMI15.0以下:危険!痩せすぎ

となっています。

ご覧になってわかるように、吹石一恵の「17」はモデル業界としても、痩せているというカテゴリーに入ります。

こちらの画像をご覧ください。

セクシーすぎる吹石一恵の画像.jpg

かなりセクシーな画像ですよね。

以前、吹石一恵は雑誌「an・an」でセミヌードを披露したこともあるのですが、その完璧な“body”の画像に圧倒された記憶のある方もいると思います。

そこでは、吹石一恵のパーフェクトボディの秘密を公開ということで、「超スピードダイエット・目指したい!くびれと曲線美!吹石一恵のパーフェクトBODY」という特集が組まれていました。

パーフェクトってすごいですよね(笑)。そこまでは目指さなくても、まず今できることから始めていきたいものです。

冬になると寒くなるせいか、外に出る機会が減ってきて、なおかつ寒さをしのぐために、ついつい食べる量が増えてしまいがちです。

あと10日ほどでお正月になります。

「いやぁ」正月といえば、いつも太ってしまうという方も少なくないはずです。

正月太りを、すぐに1月中に解消できればよいですが、中にはそのまま次の正月になってしまうという方も多いはずです。

ということで、ぜひ吹石一恵が実践しているというダイエット法を参考にして、太らないように気をつけていきましょう。

吹石一恵の実践するダイエット法はこちらです。

【食事編】

①1日2?のお水を飲むこと

②水以外はできる限り温かい飲み物にする

③野菜多めの和食中心の食生活

④腹八分目で食べる

【運動編】

①体を動かす趣味を持つ

②体幹トレーニング

【メンタル編】

①本を読む

ここでは、【食事編】【運動編】【メンタル編】という風に分けて紹介しますので、全てをやろうと思うのではなくて、ぜひできることから試してみてくださいね。

【食事編】

≪1日2?の水を飲む≫

「1日2?、お水を飲みましょう」とよく言われたりしませんか。

ビールならそれぐらい飲めるのに(笑)、お水となると「そんなに飲めないよ」という方も多いかもしれません。

ここでは、なぜ水を飲むことが良いのか?をお話していきます。

1)代謝が上がる

まずはお水を飲むことの効果は、代謝があがるということです。
代謝とは、簡単にいえば“循環”です。

川で例えるのであれば、淀んで濁った水なのか、透明度の高い水なのかということです。

当然、透明度の高い川は、その水量と質が高い状態を表しています。この川が血液です。
血液の流れが正常に働いていれば、細胞までに栄養素が届くスピードが良くなりますので、当然、代謝があがっていきます。

ダイエットに代謝が重要なのは、カロリーの消費する効率が向上する点です。

2)体温があがる

代謝があがることの相乗効果は、体温の上昇です。体温があがることで、脂肪の燃焼率があがりますので、みるみる痩せていくことができます。

つまり、体温があがるというのは、痩せやすい体質になるキーポイントであるということです。

3)便通の改善

腸の働きを改善するためには、確かに、食物繊維やミネラルの摂取、良質な油を必要としますが、水分量が特に大切になります。便の硬さを確認すれば、適切な水分補給ができているかを確認できますが、やはり、硬い便の場合は体内の水分量が不足していることが原因の一つになります。

腸では栄養の吸収を約80%行っています。つまり、腸の機能が低下していると、たとえ痩せるために効果的な栄養素を口から摂取しても、体内に吸収されずに、体外へ排出してしまう可能性が高まります。

4)デトックスができる

“セルライト”が気になるという方も多いと思いますが、セルライトはもともと脂肪細胞に老廃物がくっついて出来たモノと言われています。

つまり、老廃物をいかに体内に溜めておかないようにすることが痩せるために重要なポイントになるということです。

水を飲むことで腸内環境も改善されていきますが、当然、尿からも老廃物は出ていきます。水を飲むことで、トイレの回数が増えると思いますが、その数が多ければ多いほど老廃物を出せていることにもなります。1日の目安は8回~10回がベストと言われているので、もっと少ないと感じている方は、水を摂る量が少ない傾向にあるかもしれません。

5)血液がサラサラに、リンパの流れもスムーズ

血液の成分の約半分は、水分です。体内に溜まった老廃物は、静脈を伝って体外に排出されていきますし、細胞が必要な酸素や栄養素も血液によって運ばれてきます。

まさに、私たちの命綱ともいうべきものが血液です。

その血液の水分も循環が必要です。水分自体が少なければドロドロになってしまいますし、どんどん汚れていきます。それを防ぐのが新しい水の入れ替えです。つまり、水分補給です。

また、水分を補給することで“リンパ”という川の流れも良くなっていきます。リンパの管には、そもそも自力で動く力がないと言われています。泥沼と一緒で、動きがなければそのまま水の流れがなく止まったままになります。

リンパはマッサージによって表面部分にあるリンパ腺の動きは改善することは可能ですが、リンパは腎臓にもつながっているので、その流れはやはり内臓器官の活動が活発でないと、循環能力が低くなってしまいます。それを改善するのがやはり水分補給なのです。

この血液もリンパも代謝に大きく関わっている部分になりますので、その役割がきちんと発揮されることができれば、痩せやすくなります。

では、水は水でも、どんな水を摂るのが痩せるのに良いのか?

1.温度は常温~温かいお湯(次に詳しく説明します)

2.水道水よりは、ミネラルウォーターの方が良いです。(有害な物質を除去すること)

3.日本人は軟水が良い。(もって生まれた環境の水が適性)

4.水分を摂るときは、一気に飲まずにこまめに飲むこと(コップ半分の量を何回かに分ける)

≪水以外はできる限り温かい飲み物にする≫

画像のように、痩せてセクシーな吹石一恵のダイエットの一つに水を飲むとありましたが、ここで注意点があります。水は水でも、冷たいモノを飲み過ぎると、それはそれで身体を冷やしてしまうことになります。ここでは、そのあたりをもう少し具体的にお話します。

ちょうど今時期は、冬ですので、あまり無いとは思いますが、夏の暑いときにやりがちなのが、冷たい飲み物をガブガブ飲んでしまうことです。

どうしても暑いですから、カラダを冷やそうと欲しくなる気持ちはわかりますが、冷たい飲み物を飲む習慣は、実はダイエットだけでなく美容にも良くないと言われています。

それは、冷たいモノを摂り過ぎると、胃腸の活動を弱めてしまうからです。冷たい飲み物は、胃腸で速いスピードで吸収されるために、負担が大きくなってしまいます。こうして、胃腸の働きが弱まると、“消化不良”や“食欲不振”の原因になるのです。

そして、この先は想像できると思いますが、内臓器官の働きが鈍くなってしまうことで、
代謝が悪くなり、むくみや肌荒れを引き起こすこともあります。

皮膚に負担のかかるようなソープやクリームなどを塗っていないにも関わらず、最近、ニキビが増えてきたという人は、水の摂り方に一度目を向ける必要があるかもしれません。

その他にも、下痢を起こしたり、特に女性は冷たい飲み物でカラダを冷やすことで生理不順になるとも言われています。

吹石一恵のように痩せたbodyを手に入れるという目的だけでなく、健康を維持するという視点でも、温かいモノを摂るようにすることが大切です。

痩せた綺麗な吹石一恵.jpg

≪野菜多めの和食中心の食生活≫

健康を保つためには、洋食よりも和食がイイというのは、きっとあなたも頭では理解しているはずです。
和食の良さは、簡単にいえば、質素で、種類も豊富で、バランスよくたくさんの食品を食べることができます。なおかつ油脂が少ないというのも特徴でしょう。

ですが、和食といっても何を食べてよいのかわからないという方も多いはずです。そんな時は、まずこれは必ず毎日食べるようにするとかを決めることが大切です。食品はそれぞれ良い部分があります。その全てを摂ろうと思ってもなかなか難しいのが現状です。

ですから決めちゃうのです。画像のように、ボディラインが綺麗な吹石一恵は、「納豆」や「豆腐」などの大豆食品を毎日食べるようにしています。大豆に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンの分泌を活性化するからです。

しかし以前、納豆ダイエットというのがテレビで放送されて、納豆が売り切れるという事がありましたが、そんな一過性のことではなくて、毎日続けることが大切です。

また、吹石一恵は豚汁を自炊でよく作るそうですが、たくさんの野菜を一度に摂れますし、特に冬場はからだもぽかぽかに温まります。

彼女は、東京に上京してから、ほとんど作られたお弁当を食べずに自炊をしているそうですが、こういった野菜を多く、しかも簡単に摂れる方法として考えられたのが、豚汁なのです。

[スポンサーリンク]



【運動編】

≪体を動かす趣味を持つ≫

吹石一恵の画像にもあったように、セクシーかつ健康的なボディであるためには、からだを動かすというのは、やはり大切です。食事の量を減らせば、確かに痩せていくことは可能ですが、理想的なからだをつくっていくためには、定期的な運動で筋肉を鍛えることが大切です。

吹石一恵が毎日の生活で取り入れている運動は、バスタイムで行います。何をするのかというと、湯船に浸かりながら年の数だけウエストを捻る運動です。

ウエストをひねる運動は、腹筋の横を引き締める効果があります。その理由は、ウエストをひねることによって、普段鍛えにくい腹筋の横に刺激が入るからです。

「私ウエストが無いんだけど・・・」、「寸胴体型が気になる!!」という方は、ぜひこのウエスト絞り運動を実践してみてください。

冗談ではなく、吹石一恵のような引き締まったウエストをつくりだすことができますよ。

そして、湯船につかって年の数だけひねることの最大のメリットは、毎日気軽に継続できるということです。自分の年齢であれば忘れることもないですし、「いつまでもキレイでいよう!!」というモチベーションアップにもつながるはずです。大切なことは、頑張り過ぎずに毎日継続できる方法をあなたなりに編み出すことです。

≪体幹トレーニング≫

もう一つ吹石一恵の運動の特徴は、スポーツジムに通って体幹トレーニングをしていることでしょう。体幹とは、インナーマッスルの事です。インナーとは内側のことですが、からだの奥、特に関節を支える小さい筋肉のことで、これが鍛えられる大きなメリットは、キレイな姿勢を保つことができるようになることです。

キレイな姿勢ということは、要するに良い姿勢であるということです。良い姿勢であれば、スポーツの動きも良くなります。ですから、最近ではスポーツ選手がしきりに「体幹を鍛えよう!!」と言われ出したのは、そういった理由からです。

まさに、吹石一恵のスラッとした痩せた体型を保っているのは、この体幹トレーニングを行っているからだと言えます。

吹石一恵は、特に運動で汗をかくことを意識しているようです。

汗をかくことで、老廃物を除去できるからです。いわゆるデトックス効果を生みだすことができます。

したがって、吹石一恵は、先ほども「お水をたくさん飲む」ようにしているのも、汗をかきやすくするためでもあるのです。

【メンタル編】

実は、ダイエットをするためには、メンタルコントロールが大切です。というよりはむしろメンタルコントロールができれば、ダイエットをする必要がなくなります。メンタルコントロールとは、自己管理能力を高める考え方を身につけるということです。

あなたもきっと経験があると思いますが、太ってしまうのは、「ついついイライラして食べ過ぎちゃった」とか、「ストレス解消をするためにドカ食いをした」というふうに何かをきっかけに食べ過ぎてしまうことで起こる場合がほとんどです。

ですから、ダイエットをするというよりは、実は、まず太らないような生活を送るために何が大切なのかが重要なのです。それがメンタルコントロールなのです。

ただ痩せているだけでなく、素敵な笑顔を持つ吹石一恵は、やはり自分自身のメンタルをコントロールする方法をもっていました。

それが、「好きな本を読む」です。

以前、王様のブランチでも紹介をしたようですが、その心の支えとなっている本とは、イラストレーター和田誠さんの絵本「ポケットに砂と雪」です。大人にこそおすすめの本で、不思議な世界観が、読者のこころを癒してくれる一作です。

吹石一恵は、仕事の現場から帰る時に読んで、気持ちをリラックスさせているそうです。

吹石一恵のダイエット法、いかがだったでしょうか。

何ら驚くことなかったかもしれません。普通のことなのです。でも、この普通が難しい。普通を継続することができないために、大がかりなダイエットをして、その負担が大きすぎるためにリバウンドしてしまうのです。

吹石一恵の自然体の姿が美しいというのは、きっとこうした普通のことの繰り返しでつくられているのかもしれません。

最後にこちらの画像をご覧ください。

先日行われた美脚大賞の受賞式の吹石一恵の画像です。

吹石一恵の痩せた画像.jpg

皆さんそれぞれが痩せたキレイなスタイルですが、吹石一恵が際立つのは、その美しい姿勢です。

こちらの画像からも伝わってくるような美しい姿勢というのは、毎日の積み重ねが滲み出た結果なのです。

今回は以上です。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

女性, 激やせ芸能人