高橋みなみが痩せた理由は!?

高橋みなみプロフィール画像


ダイエットアドバイザーのJUNです。

まずは人気ブログランキングをチェック!

今回は、aKbの高橋みなみが痩せた理由はストレスか!?と言われていますが、そのあたりについて言及していきたいと思います。

高橋みなみはaKb48がデビューした当時から第1期生として活躍してきたメンバーの一人です。

高橋みなみプロフィール画像

ですから、デビュー当時のaKbの苦労を、高橋みなみはよく知っています。

デビュー当時のaKb48は、確かに世間から注目を集めていました。その理由はというと、aKb48のプロデュースが、おニャン子クラブをプロデュースした、かの有名な秋元康だったからです。

おニャン子クラブは、その当時、日本全国で大ブレイクを果たし、人気アイドルグループです。今でも活躍している国生さゆり、工藤静香などそうそうたるメンバーでありました。

ですから、秋元康が、プロデュースするアイドルグループがデビューするということだったので、確かに注目度は高かったのですが、実際のデビュー初日は、観客者が7人しか来なかったそうです。

その現実を目の当たりにした高橋みなみのショックは、相当だったのではないでしょうか。

しかし、これで終わってはいけないと、チラシを配ったり、自身たちでお客様を集めるために試行錯誤したようです。

そういった活動が実を結び、徐々にお客様が増えていったのです。

そんな苦労もあった中、高橋みなみは今、総監督としてグループをまとめる役を担っています。

実際にaKbも次世代のエース級の人材は、次々と出てくるけれども、総監督のような、メンバーに信頼されて、しかも頼りになるような人材はなかなかでてこないと考えているようです。人をまとめるというのは誰もができることではないからですね。

高橋みなみ自身、総監督の育成をしていく中で思ったことは、総監督というもの自体、自分を最後にやめようと考えているようです。

その理由は、もうそういった肩書き自体、必要ないからだと高橋みなみ自体が思っているからです。

しかも、高橋みなみのように人材を一から育成するのはなかなか難しいもので、そんな中で高橋みなみ自身は、色々と苦労してきたからこそよくわかるのです。

aKbグループでなにかトラブルがあると、総監督である高橋みなみがすべての文句のはけ口になってしまいます。しかも、ファンは握手会などで直接話せる高橋みなみにクレームを言ってくることもあるそうです。そんな声が続けば、高橋みなみも当然辛くなってしまいます。

かなりのストレスがあったことも予想されますね。

しかし、そんなクレームを受けながらも、高橋みなみは、私たちのことを愛してくれているからこそ、そうやってクレームを言ってきてくれるのだと、いつも感謝の気持ちを言葉にしています。

この考え方は、ものすごく大切で、こうした捉え方ができるかできないかで、ストレスの度合いが違ってくるものなのです。

そういう姿勢を見せることのできる器を持っている高橋みなみだからこそ、きっと総監督が務まるのだと思います。

高橋みなみは、デビューして以来、現在までaKb48として活躍している裏では、こうした様々な苦労がありました。

さて、こちらが話題となっている高橋みなみが痩せた画像です。

たかみな激やせ画像

高橋みなみの脚ってこんなに細い?と思えるようにすごく痩せた感じがあります。

しかもパワフル全開に、そして健康的に痩せたとは思えない感じで、急に細くなってしまっているように感じます。まさに激やせです。

やはり、このような急激に痩せた理由は、なんだかんだいっても度重なる苦労によるストレスだと考えられます。

確かにダイエットをして、健康的に痩せたような感じではありません。

高橋みなみ自身も握手会などの事件の影響からか、ピリピリしているaKbメンバー達をまとめていくのが、よほど精神的に重くのしかかっているのではないかと言われています。それがいわゆるストレスというやつなのです。

ちなみに、高橋みなみも自分自身が痩せたことについてこう語っています。

「激やせですよ!最終的に消えるのではないかと思っています(笑)」

私自身は、このコメントを聴いて、逆に安心はしています。

その理由は、高橋みなみ自身に、痩せたということに自覚があるからです。

拒食症という病気をあなたはご存知でしょうか??この病気は、簡単にいえば、食べ過ぎてしまう過食や食べても吐いてしまったり、食べること自体を避けてしまう病気なのですが、この特徴は病気である本人が現状をきちんと把握していないことが多いのです。

高橋みなみが痩せた理由である「ストレス」とはどんなものだったのでしょうか!?

①握手会事件

aKbの総監督を務める高橋みなみが痩せた理由は、相当な責任とストレスであると言われてますが、この事件は、高橋みなみにとっても大きなストレスであったのは確かだと思います。

aKb48の握手会のときに、入山杏奈と川栄李奈とスタッフ1名の合計3名が男にのこぎりで切りつけられるという事件です。

切りつけられた入山杏奈と川栄李奈は、この事件によって骨折という重傷を負いましたが、手術は成功したようですので、ひとまず安心したようですが、高橋みなみはこの事件についてどう思っていたのでしょうか!?

会いに行けるアイドルであるaKbでは、握手会や写メ会はファンにとっても楽しみなイベントであるわけですが、もともと、こうした握手会や写メ会は、一部の非常識かつ悪質なファンからの言葉の暴力というのが以前から見受けられていたようで、総監督である高橋みなみも以前から、ずっと心配していたようです。

実際に、『aKb48論』というルールブックのようなものにおいても、そういった悪質なファンなど、握手会のマナーに対しても以前より、警告していました。

とうとう身体への直接的な暴力まで発生してしまったという感じではありますが、こういった悪質なファンに対して、aKbのメンバーたちは何も言えないので、やはりこういったことに関しては、誰かが常に守るべきなのです。

今回の凶行は、今後も考えられる事件であり、aKbの最大の弱点を突かれた事件ですので、対策が急がれています。

②大島優子の卒業

大島優子卒業の時。

約8年にわたって、ともにaKbを支えてきた高橋みなみは、この大きな節目を迎えた今、何を思うのでしょうか!?

高橋みなみが思っているaKbの危機感は、メンバーの人材不足にあります。

それが決定的になった理由は、高橋みなみが実際、キャプテンに戻ったことにあります。

aKbの顔とも言えるキャプテンは、高橋みなみから篠田麻里子、横山由依へと引き継がれていきましたが、一度退いた人間がまたそのポジションに戻るのは異例なことのようです。

 
高橋みなみ自身も、発表を聞いた時は、「えっ!?このタイミング??」と思ったようです。
ところが戻らざるを得なかったと思ったのも、今のaKbメンバーの人材不足があったからなのです。

エースであり、チームKのキャプテンであり、最強のパートナーでもあった大島優子の卒業があって、高橋みなみへの負担が一気に増えていることで、大きなストレスになっているのは事実です。

その証拠に、大島優子に「自身が卒業した後に期待するメンバーは?」と尋ねてみると、しばらく考えた後、後輩のことを名前で呼ぶことなく、「たかみなに頑張ってほしい」と言っていたそうです。

③家庭環境のストレス

先日の握手会で、疲労の為に倒れた高橋みなみ総監督がaKbから卒業するのではないかと噂されています。

今回の握手会の事件では、柏木由紀のファンから、aKb48の管理体制がルーズなのではないかと問い詰められるなどして、高橋みなみ自身、aKbの総監督として余計な負担がかかってしまっています。

「週間文春」が、峯岸みなみや柏木由紀らが合コンのネタを報じられたようですが、高橋みなみは総監督としてaKbをまとめている反面、家庭環境に問題がありますので、今後はそのあたりを突っ込まれそうだと言っています。

高橋みなみの母親は、高橋みなみの弟の友人と性交渉を行ったとして淫行罪に問われ、有罪判決を受けており、その弟の非行はかなり有名らしいのです。

その非行ぶりが、以前の母親の淫行罪を超えるようなものであったとするのならば、峯岸みなみのように研究生降格というわけにはなりませんので、卒業というべきか”脱退”はあるかもしれません。

高橋みなみ自身、「今回で3度目のレコード大賞を狙う!!」と宣言しているようなので、有終の美を飾る今回での卒業発表はありえます。

ストレスで太るというのはよく聞きますが、ストレスで痩せたというのはどういうことなのか??このあたりを少しお話したいと思います。

ストレスというものは、人それぞれの感じ方が違うのと一緒で、ストレスが理由で出てくる症状も、色々あります。

過剰なストレスで、食欲がなくなったり、食事ができないという人は、ストレスで痩せた状態になりやすく、逆に、たまったストレスを解消するための方法が、食べるという行為に向かってしまう人は、ストレスで太るタイプになります。 このように症状は逆ですが、その理由はどちらも同じストレスであることは変わりません。

日常生活のなかで、過剰なストレスなどによって、ホルモンのバランスが崩れてしまうと、“食欲”をコントロールする伝達物質が上手く機能できなくなります。それが理由で過食になったり、逆に食べられなくなってしまうのです。

食欲とストレスは、それだけ密接な関係があるのです。

高橋みなみのように、食べられなくなるのも問題がありますが、食べすぎも肥満の原因になるのでこちらも問題です。

高橋みなみ激やせ画像

ストレスで痩せたということは、それはストレスが脂肪を吸収するというのではありません。

ストレスによって食べられなくなるからです。

では、どうして食べられなくなる、つまり「食事が進まなくなる」症状になるのでしょうか。

その理由として、食事が進まないという症状は、「食べたい気持ちはあるが、食べられない」という状態や「食べたい気持ち自体が起こらない、あまりない」という状態のことで、特に「食べたい気持ちがあまりない」場合というのは、「食欲不振」、「食欲減退」、「食欲低下」、「食思不振」などといったりします。

「身体が疲れてしまって、食事が進まなかった」、「失恋など悲しいことがあって食事ができない」といった一時的な場合は、きっとほとんどの人が経験しているはずですし、あまり問題ではないかもしれません。

がしかし、それが1日や2日ではなくて、数日以上にわたって「食事が進まない」という状態が続く場合は、何かしらの病気によって起こっているものである可能性が高くなります。

高橋みなみが激やせしたように、食事が進まなくなる症状になる理由は、さまざまなものがあります。

食道や胃・腸のように、直接食べたものが通る器官の病気だけでなく、肝臓や膵臓などの消化器の病気、腎臓・心臓・呼吸器の病気、脳や神経の病気、甲状腺機能低下症などのホルモンの病気、関節リウマチなどの膠原病、糖尿病、さまざまな感染症(結核や肺炎など)、悪性腫瘍(がん)などです。

また、今まで挙げてきた身体の病気ではなくて、病院で処方された薬や、市販で手に入るクスリなどで食事が進まなくなるということも起こります。

また、こうした症状が、「ココロの状態」と密接に関連していることもありますし、みるみるうちに痩せて、激やせになってしまうほど食事が進まない症状のある理由として、“うつ病”であることも考えられます。

そして、心理的や精神的なストレスが長く続いたりすることの結果、それが「心身症」となって、他の身体の様々な症状とともに現れてくることもあります。

ですから、最大の要因であるストレスを解消したり、ストレスとして認識しないような工夫が必要になってくるのです。

それは例えば、1日のうちで、リラックスできる時間をつくったり、趣味やスポーツ、音楽や映画鑑賞など、何でも良いので気分を変えることが大切なのです。

痩せたことを自覚している、高橋みなみが密かに計画している太る作戦は、

「アメリカンドックを一日一本食べること」です。

確かにアメリカンドックは、痩せた高橋みなみにとっては、太りそうな食べ物の代表かもしれません。

実際は、食事の量を増やして、1日の総摂取カロリーを増やすことで、太ることは可能なのですが、心配しているファンへのアピールも考えるのならば、アメリカンドックはイメージがいいのでしょう。

さすが、総監督の高橋みなみといったところでしょうか。

アメリカンドックは、串刺しのソーセージの上から、小麦ベースの厚めの衣で包んで揚げたものです。アメリカンドックという名前の由来は、アメリカ発祥のコーンドッグが素の和製英語です。

日本ではホットケーキミックスに似た衣が一般的ですが、本来は、トウモロコシ粉でつくるので、日本以外では、コーンドッグという呼び方が普通のようです。

作り方は比較的簡単らしいのですが、日本では1から調理することはあまりなく、お祭りや縁日、コンビニなどで目にするアメリカンドッグはほとんどが既製品といわれています。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなど、国内の主なコンビニで販売しているアメリカンドックは、一本当たり300kcal前後です。

アメリカンドッグの栄養成分の特徴は、「脂質」が多いということです。このことからも、やはり太りやすいイメージの食べ物であることは間違いないですね。

アメリカンドッグ:一本、約300キロカロリーを消費するのに必要である主な運動の時間をみてみると、ウォーキング133分、ジョギング80分、自転車50分、ストレッチ160分、
掃除114分、お風呂掃除105分、水中ウォーキング100分、水泳50分と言われているので、それだけカロリーがあるというのも事実です。

ですから、痩せた高橋みなみがファンに対して、あまり心配させないようにアメリカンドックを毎日食べるという宣言は、本当に高橋みなみ自身がどうにかして太りたいという気持ちがでていることがわかります。

高橋みなみがいればこそ、今後のaKbがもっともっと飛躍していくのは間違いないはずだと信じています。

これからのaKbを引っ張っていくのは高橋みなみにとっても大きなストレスになるし、それによって痩せたことが大きな理由であるために、ものすごく不安があることも確かではあります。ぜひ太ってといいますか、食事を意識的に摂れるようになることと、ストレスを解消したり、軽減したり、ストレスと上手に付き合えるようになることで、また元気な高橋みなみが私たちの前に現れることを期待しています。

今回は以上になります。
最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。