香取慎吾が痩せた?身長と体重は!?

目次

香取慎吾が痩せた?身長と体重は!?

こんにちは。
ダイエットアドバイザーのJUNです。

いつもありがとうございます。人気ブログランキング応援よろしくお願いします!!

スマステをご覧になったあなたなら、もうお分かりですよね。

香取慎吾がまた痩せたと思いませんか??



style=”display: inline-block; width: 300px; height: 250px;” data-ad-slot=”5038308199″ >

最近、ネットでも激やせしたと話題になっています。

こちらの画像をご覧ください。

香取慎吾が痩せた画像.jpg

違いがわかりますよね。全体的な顔の大きさもそうですが、左側の画像だと、頬のぽっちゃり度や顎のだぶつき感がかなりありますが、右側の最近の写真を見てみると、かなりスッキリしている感じがあります。

一体、何があったのでしょうか??

今回は、香取慎吾が痩せた理由とは何か、そして身長と体重について言及していきます。宜しくお願いします。

まずは、結論から。

香取君の現在の激やせの理由は、どうやら役作りのようです。

それは、2015年秋に公開の映画「ギャラクシー街道」へ主演することが決定したからです。この映画は、三谷幸喜監督の作品で、宇宙を舞台としたSf映画だそうです。ヒロインは綾瀬はるかさんで、ただの恋愛ものではなく、ロマンチックコメディということで、かなり興味深い内容であります。

この映画のクランクインが先日の3月1日ということで、そこに間に合わせるようにして痩せたというのです。

ひょっとしたら、今回の激やせダイエット法もおそらく無理な食事制限であった可能性があります。

なぜこんなことを言うかというと、香取慎吾は以前に2回、短期間で急に痩せることに成功していますが、その2回目のダイエットというのが、食事制限のみであったからです。

ここで、彼が以前に行ってきたダイエットについて、お話していきたいと思います。どんなことをやれば、短期間で痩せることができるのか気になりますよね。ですが、その前にダイエットそのものについて、定義づけしておきたいと思います。

ダイエットと聞くと、あなたはどんな風に考えるでしょうか?

「短期間でやるものだ」

「頑張ることが必要だ!!」

「運動と食事の両面が大切だ」

探せば、色々と出てくると思いますが、まず「ダイエット」という言葉自体についての意味です。ダイエットというのは、実は、『正しい食事を摂る』という意味のもつ言葉です。

もしかしたら、聞いたことがあるという方もいるかもしれませんが、ダイエットというと、いつも何か今までの生活とはガラリと変えた事をしなければいけない。そう、この「しなければいけない」という感情が強く働きやすい言葉として認識している人が多く見受けられるように感じています。

それは、違います。

つまり、ダイエットというのは、生活習慣を劇的に変化させるといった喚起する意味合いではなく、普段から安定的といいますか、バランスの摂れた無理のない生活を送ることを心がけるといった意味の方が正しいのです。

ですから、

「2キロ太ったから、ダイエットしなければならない」ではなく、「なぜ2キロ太ってしまったのか、それは何が原因なのか?次からは、その原因となることをできるだけ避けるように生活していこう!」ということなのです。

お分かりいただけましたでしょうか?

では、香取慎吾の身長や体重などのデータなども織り交ぜながら、短期間に痩せたダイエット方法についてまとめていきます。

【1回目のダイエット】

これは、もしかしたらあなたも覚えているかもしれません。私も香取慎吾の劇的な変化にびっくりしました。まずはその衝撃的な画像から見た方が良いですね。

こちらです。

香取慎吾の激やせダイエットの画像.jpg

左の香取の体組成データは、
身長:180cm
体重:88kg
体脂肪率:29.4%
※体脂肪率は30%を超えると“肥満”のカテゴリーに入ります。
ウエスト:90cm

そして、
別人とも言える痩せた後の香取の体組成は、
身長:180cm(ここは普通、変わらないですよね笑)
体重:73.1kg(14.9kg減)
体脂肪率:10.3%(19.1%減)
ウエスト:79.0cm(11cm減)

上の画像を見ても、納得の数字だと思います。体重の変化もすごいですが、もっと目を見張るのは体脂肪率の変化なのではないでしょうか。体脂肪率が1ケタ台に迫ろうかという所まできています。まさにアスリートです。いやそれ以上かもしれません(笑)。

アスリートも競技によっては、体脂肪率がある程度無いと体力がもたないということもあります。マラソン選手なんかも、ものすごく細い印象があると思いますが、体脂肪率が10%以上ないと後半の30kg過ぎに失速してしまうなんてことがよくあります。練習をすることも大切なのですが、あまり追い込みすぎると逆に激やせしすぎてしまいパフォーマンスが落ちてしまうのです。

難しいですよね。

因みに、こちらの体組成のデータをもとにbMIがどれぐらいなのかを計算してみることにします。

bMIとは身長と体重の数値を基に簡単に測定できる客観的指標なのですが、特に生活習慣病という病気の発症との関連性が高いもので有名です。要するに、このbMIの数値によっては病気に罹りやすいのか、そうでないのかが分かるという事です。

なぜ、このような指標をお見せしようかと思ったというと、香取慎吾の激やせ前の体脂肪率の高さです。ジャニーズでありながら、ほぼ肥満とも言っておかしくない数値に、そらがどれぐらい病気を発症する危険度が高いのかどうかを見極めるためにです。

bMIの計算式=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

この計算式に香取慎吾の数値を当てはめてみましょう。

ダイエット前のほぼ肥満であった頃は、27.1という結果です。この数値は、カテゴリーこそ「標準以上」という範囲に収まることができていますが、“30”以上はかなりの肥満度を示しているのでやや危険度が高いという意味で捉えておくとよいと思います。

そして、痩せた後の数値を当てはめると、22.6となります。18.5~25までが「標準」というカテゴリーになりますし、“22”が最も病気の発症率が低いので、つまり、健康体であるという数字を意味します。

これをみると、いかに太っていることが生活習慣病の発症率を高めるというのが明確にわかると思います。この時の香取慎吾は20代中盤です。にもかかわらず、激やせ以前は、病気の発症率が高い状態でした。

これが成人病という名前から「生活習慣病」というネーミングに変化した所以です。成人病という言い方だと、「大人になるまでは大丈夫!!」という感覚になりますよね。しかし、大人だろうと子供だろうと生活習慣が乱れていると病気になりやすくなるということを言葉として表現するために、1996年に、「成人病」から「生活習慣病」という言い方に変わったのです。

話を戻します。

痩せることに成功した香取慎吾は、当時26歳でした。このダイエットについては、書籍「dIeT SHINGO」にその詳細が記載されています。これは彼のダイエット日記としても見ることができ、ダイエット中の苦しいことやモチベーションの変化など心境が綴られているのが特徴です。

当初は、SMaPファンに多く購入されていたようですが、真剣にダイエットしたいと思う男性からも評判となり、ベストセラー作品にもなりました。

それだけ痩せたい、ダイエットしたいという人が多いということがわかりますよね。

香取慎吾自身、これまで太った時はいつも断食に近いような食事制限で痩せるという自己流の方法で、リバウンドしてはまた食事制限というように太ったり痩せたりを繰り返していたようです。また過度な食事制限からか体調を崩すことも多々あったそうで、それが悩みの種でした。

しかし、今回は栄養士やトレーナーなどの専門家と共に正しい方法で遂行できたことで、アスリート並みの仕上がりにつながったのだと思います。

彼の行ってきた基本的なダイエット方法は、食事コントロールとトレーニングです。

食事コントロールは、一日の摂取カロリーを1600kcalに設定しました。もちろん、ビストロスマップの撮影などで週2回程はオーバーすることもあったそうですが、痩せる前の食事が1日に5000kcalであることを考えると、大幅なカロリーカットであることがわかります。それにしても、1日に5000キロカロリーも摂取するなんて、ある意味アスリート並みの量ですが(笑)、朝からステーキやカレーなどを食べることもあったそうです。

トレーニングは、週5回。きつそうですね(笑)。

短期間で結果を出すためには必要なのですが、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動と筋トレとの組み合わせです。筋トレには、基礎代謝と関連の高い筋肉を鍛える効果があります。そのため、私たちの身体の中でも、大きな筋肉(大筋群と呼ばれている)お尻の筋肉や胸、背中などを中心に鍛えていました。

そして、見事に8週間ですから、2ヶ月という短期間でダイエットが成功したのです。

痩せることに成功した香取慎吾は、当時こう語っていました。

『周りから、「太ったね」とか「デブだね」と言われた方がやる気になる!!』と。

ダイエットには、自分がやる気の上がるスイッチがあると思います。それが香取君の場合、周りからの辛口評価であったということですね。でも、これは相当な自信がもともと自分にないと難しいかもしれません。いつも自分のことを否定的に捉えているような人だったら、「デブ」と言われた瞬間、外に出られなくなるかもしれません。

そんなことを考えると、それぞれどこにやる気のでるスイッチがあるのかを見極めるのも大切なことだと言えます。

【2回目のダイエット】

2012年、香取慎吾が当時35歳の時です。以前の激やせからリバウンドしてしまった彼は、フェイタスのcM撮影のためだけに再びダイエットをしました。

その期間は1ヵ月。これまた短いですが(笑)。しかし、撮影1週間前まで全く何もせず。そこからはじめたのは、いつもの極端な食事制限でした。その時の体重などの詳しいデータはわかりませんが、1週間で約10キロの減量に成功しました。

痩せた後の画像が、こちらです。

2回目のダイエット後の香取慎吾.jpg

1回目の激やせ時と10年経っているとはいえ、体つきが全く違うのがわかりますよね。

たとえ10キロ痩せたとはいえ、体重は80キロ近くあったのではないでしょうか。

香取慎吾本人曰く、「腹筋とか全然割れていない。自己評価は83点」でした。

1回目のダイエットのモットーは“食べたい時に食べる”であったはずなのに、2回目では“食べたいのに食べられない”と何とも皮肉な結果となってしまいました。案の定、撮影の2日後には5キロの増量。そして、それから大きくリバウンドしてしまったそうです。

でも当然ですよね。食べないダイエットは、食べれば太ります。からだの中の根本は全く変わっていないからです。

香取慎吾は、同じスマップメンバーである草なぎ剛とは大親友と言える仲の良さだそうです。ジュニア時代からの関係であるというのも大きな理由の一つだと思いますが、プライベートでも長く草なぎ剛と共有する時間が多くあったそうです。こうなったら、そんな大親友からの一言「お前、デブだな!!」とガツンと言われない限り、本気でダイエットできないのかもしれません(笑)。

彼氏や彼女の一言によってやる気が上がるという人も、きっといるはずです。自分だけではなかなかモチベーションが上がらないのであれば、そういう周りからの応援や叱咤激励も必要なのかもしれません。

2015年に入ってから香取慎吾が痩せた理由は、三谷映画への出演ということですが、この映画の公開と共に、彼が再びリバウンドして太ってしまったのならば、今回のダイエットも食事制限のみの可能性があります。

確かに、食事制限をすれば単純に摂取カロリーを抑えることができるので痩せることは可能です。しかし、健康面を考えたら身体だけでなく心理面もかなり負担になるはずです。

からだにとって必要なたんぱく源やビタミンなどを不足してしまうことで、肌が荒れたり、張りがなくなってきて急にエイジングが進んでしまったような外見になったりします。また、食べたいけど食べられないという苦痛から、かなりストレスが溜まってしまうことも考えられます。

ところがです。

ここにきて、新展開が起きました。

そうです。ライザップです。

ついに、香取慎吾もRIZaP~結果にコミットする~の宣伝商品になりました(笑)。

もともと体型がよく、激痩せするポテンシャルの高い、慎吾ちゃんが完璧BODYという結果を出すための途中経過だとか。

ここでは画像を入手していませんが、実際そのcMを観てみると、これはかなり面白い笑。

これでライザップのcMも、また新たな展開に突入したと考えられます。おそらくこれからストーリーを組んでいくのでしょう。どのような未来を迎えてくれるのでしょうか。楽しみです。

この人選といい、切り替えのタイミングといい、抜群です。

ネットでも、

「慎吾ちゃんのcM面白い~」

「私もライザップ通いた~い!!でも入会金が高いのがネック・・・」

「来年まで完璧ボディがもつかなぁ?秋頃にはポニョになってたりして」

などとすでに話題になっています。

こう考えてみると、香取慎吾のダイエットやる気スイッチは、仕事だったのがよ~くわかります(笑)。でもこれも立派な理由ですから全く否定することではありません。ただし、2回目の時と大きく違うのは、やはり自己管理ではなく、他人から徹底的に管理されるのが条件であることは間違いなさそうです。

自分で目標を設定したとしても、なかなかできない人は、他人の目や仕事という“責任感”を付け加えることで達成可能になることもあるので、わざとそのように仕向けることも大切です。人前で「ダイエット宣言しよう!!」というのはまさにそのことを指します。

そんな具合に、あなたのスイッチがどこにあるのか?そして、どうすれば押す、もしくは押されるのかを一度、考えてみることが大事なのではないでしょうか。

春になり気候が良くなって、露出が増えてくるこの頃です。

「あなたも完璧ボディを手に入れたいか・・・・・・・・!?」

これからの香取慎吾の動向が楽しみです。

ただ、見た目や外見のスマートさも必要ですが、この先もドラマや舞台、司会やキャスターなど幅広く活躍するためにもぜひ元気な姿でいてもらいたいものです。

今回は以上です。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。



style=”display: inline-block; width: 300px; height: 250px;” data-ad-slot=”5038308199″ >