吉澤ひとみの激太り画像

目次

吉澤ひとみの激太り画像

こんにちは。
ダイエットアドバイザーのJUNです。

いつもありがとうございます。
人気ブログランキングです。

応援よろしくお願いします!!

吉澤ひとみが太ったって噂ですよね。実際のところどうなのでしょうか!?

ということで・・・

今回、吉澤ひとみは本当に激太りしたのか?その真相について画像を交えながら言及していきます。宜しくお願いします。



style=”display: inline-block; width: 300px; height: 250px;” data-ad-slot=”5038308199″ >

結論です!!

吉澤は激太りしていません。というよりもむしろ痩せたのではないでしょうか!?

こちらの画像をご覧ください。

吉澤ひとみの整形疑惑の画像.jpg

「ちょっと待ってぇ。右の人・・・誰!?」と思った人いませんかぁ(笑)!?

いきなり2枚の画像をお見せしたので混乱してしまった方もいるかもしれませんが、左側も右側も両側共に、吉澤ひとみ本人です。

そして、右側の吉澤ですが、彼女の30回目の誕生日(2015年4月12日)に撮影されたもので、本人のブログに記載されていました。本当につい最近です。

別人ですよね。顔が・・・特に“目”が全く違います。私はメイクのことはよくわかりませんが、明らかに左の画像とは現在の様子が違うのが分かると思います。

私の知っている吉澤ひとみは、左の画像の顔ですから、本当にびっくりしました。

ネットでも、様々な声があります。

「あ~あ。何もしなくても可愛いのに、どうしちゃったんだろう?」

「鈴木その子にしか見えない・・・」

「激やせしたせいなのか?整形したからなのか??随分、顔が変わった気がする」

「完全に造られた人間だね」

「見れば見るほど、鈴木その子に見えてくる!!」

と、否定的な意見が多く、こんなのもありました。

「弟の事故死以来、かなり明るく振る舞っている感があるけど、どうも闇が深そうですね」

一方、彼女のブログには、お誕生日の内容に対して、

「よっすぃ~、素敵な30代を過ごしてくださいね!」

「30歳になって女っぷりがかなり磨かれているので、私も物凄くドキドキしてます」

と特に顔や目の変化について触れることなく、お祝いコメントがたくさん寄せられていました。

これであなたもお分かりだと思いますが、吉澤が激太りしたという噂は無いことが判明しました。おそらくですが、この誕生日の彼女の別人のような画像を観たユーザーが話題にしただけのことだと思います。

ちょっとここで、吉澤ひとみの名前の由来についてお話したいと思います。

彼女の「ひとみ」という名前、実は吉澤の誕生した時に、あまりにも目が大きかったために命名されたそうです。当初は“さやか”という名前を予定していたのだとか。でも生まれた時の彼女をみて、全くさやかっぽくなかったというのが本音だそうですが、そんなにも大きく特徴のあった吉澤の「目」がすっかり変わってしまいました。

もし整形したことが本当なのであれば、吉澤のファンが言っていたように素敵な30代を送るため、そして心機一転がんばっていくためだったのでしょうか。

私には子供がいるわけではないので、親の立場になってその気持ちを察することができません。そして整形自体、あまり肯定派ではありません。ですが、以前の記事にも書いたように整形をすることで、自信になったり、何か気分が変わる一つのきっかけになるのであれば、大いに結構だと思います。

大事なのは、その人自身。つまり本質の部分ですからね。

吉澤ひとみですが、2000年の4月。もうかれこれ15年前のことです、テレビ番組「aSaYaN」の中で行われた「モーニング娘。の第3回追加オーディション」で石川梨華、辻希美、加護亜依と共に合格し、次の月の5月に「モーニング娘。コンサートツアー春
ダンシング ラブ サイト」という日本武道館での公演でコンサートデビューを果たし、7月には「プッチモニ」へ加入しました。

それにしても、合格からの実践デビューが恐ろしく速い!!そう思いませんか?

当時の吉澤は15歳ですから高校に入学して間もない時期に、いきなりキャプテンとして活動するようなものでしょうか。いやそれ以上ですよね(笑)。鍛え方がハンパないです。

つんく♂さんのプロデュースしたモーニング娘。ですが、その立ち上げから、育成までを担っていた振付師の夏まゆみさん。

当時のモーニング娘。メンバーたちは「つんく♂さんは生みの親、夏先生は育ての親」と言っているぐらい、夏さんの存在は大きかったはずです。プロとして活躍するための意識をきちんと身につけるため、短期間で多くの振り付けを習得させるよう、常に過酷な練習を課していたと言います。

私も夏まゆみさんが出されている本を何冊か読んだことがありますが、一番印象的に残っている言葉は、“群れない”です。初のビジネス書として出された『エースと呼ばれる人は何をしているのか』(サンマーク出版)だと思いますが、エースになるような人は、メェメェと羊のように群れの中に入らずに、ただひたすら自分の向かうべき道にまっすぐ進むことが大切であるとお話していました。

群れることのデメリットは何か。

それは、自分に与えられている課題に直視することなく、常に同レベルの人達と集まっては、愚痴を言い合うようになってしまうことです。

話を戻します(笑)。

要するに、吉澤ひとみはモーニング娘。に合格してからデビューまで1ヵ月でプロとして鍛えられたわけです。そして、吉澤の教育係として矢口真里がつけられました。

こちらの画像をご覧ください。

吉澤ひとみが太ったり痩せたりした画像.jpg

先ほどの1枚目の画像よりインパクトが強いでしょうか。こちらに写る二人も吉澤ひとみ本人です。激太りしたり激やせしたりしているのがわかるはずです。それにしても左はちょっとアイドルとは言い難い程、太った姿が印象的です。一方、右の吉澤は極端と言えるほどの激痩せぶりです。

太ったり痩せたりするのは、一言でいえば心の安定感が保てずにいることで生じやすくなります。

同じモーニング娘。の中でも同じように太った時期のあったメンバーがいましたよね。例えば、辻ちゃん、加護ちゃん、安倍なつみです。これについて本人たちはこう分析しています。

「人間関係において、板挟みにあってしまう人、あまり口酸っぱく言わないで、溜めこんでしまうタイプは、ストレスをためて太ってしまう傾向があった」と。

そう考えると、確かに文句を口に出して言うタイプであった石川、藤本、矢口などは活動中での体重の大幅な変動はあまりなかったと言えます。

あなたは、どんな時に太ると思いますか?

・お正月やゴールデンウィークのように大型連休が重なる時
・少し長めの旅行に行ったとき
・海外旅行に行ったとき
・運動時間があまり取れないとき
・忙しい時
・生活習慣が乱れているとき
・あまり寝られていないとき
・仕事が深夜まで続いてしまったとき
・冬
・むしゃくしゃして、イライラしているとき

などなど色々とあると思います。

でも、これらを整理すると結局は、食べている量と消費している量との天秤が、食べている量の側に傾いていると太ってしまいます。当たり前といえばそうですが、この単純な計算式を理解していれば、防げることも可能なのです。

お正月に太る理由はわかりますよね。「食っちゃ寝て」の生活だからです。家族で朝からお酒でも飲みながら、年が明けるお祝いを毎日していれば当然、太るはずです。

では旅行の時はどうでしょう!?

案外、旅行って観光もしたりするので運動量がありそうですが、時間の効率を図るためにバスなどでの移動がメインとなるために、実際のところ歩いたりする量は少ないです。その割に、食事の量は多いですよね。「せっかく旅行で来たんだから」とか「たまには良いでしょ!」という気持ちからかいつも以上に食べているはずです。もちろん、それが悪いわけではないですよ(笑)。ただ太りやすくなるということです。

そして、もう一つですが、大きな括りでまとめるとモーニング娘。の人間関係の難しさでもあったように、「ストレス食い」です。そのストレスとなる原因は、忙しいとかイライラするとか、嫌なことがあったなど様々ですが、本人にとっては心の整理ができていない状態のことを指します。

その時です。そのストレスをどう軽減するのか?です。

もし、食べることでストレスを軽減しようとするならば、摂取カロリーが急上昇してしまい、太ってしまうのです。もちろん、食べることは悪いことではありませんし、たとえスイーツやお菓子などの嗜好品を食べたとしても、心の栄養という見方であれば必要なものと言えます。

ただ、ここで注意が必要なのは、食べることによってストレスを本当の意味で解消することができればよいのですが、ストレスの根本的な核心部分に付いていない場合、それが長い期間に渡って続いてしまうことと、結果的にココロが満たされないままになると、かえってエスカレートしてしまうことがあるので、とても危険な場合もあります。

ですから、やはり有効な手段としては、食べてストレス解消するのではなくて、映画を観たり、お友達とおしゃべりしたり、遊んだり、読書をしたり、好きなことをして楽しむことです。

また、少し難しいことにはなりますが、考え方や捉え方を変えるという方法もあります。いつもならイラッとするようなことだとしても、それが今の自分に何か必要なことを教えてくれるサインであると思うのです。そして、いつも感謝の気持ちを忘れずに、少し大げさな言い方かもしれませんが、「生きていることに感謝する」こういった気持ちを忘れないことだと思います。

さて、もう一つここでお話しするべきことがあります。それは、「美容整形と摂食障害」の関係性についてです。

先ほどの画像にもあったように、吉澤ひとみはデビュー以来、劇太りしてその後、急激に激ヤセしました。こんな激変ともいえる大きな変化に対し、「拒食症??」疑惑もかけられていたぐらいです。

私の印象でいうと、かなり痩せた印象はありましたが、骨と皮だけになるほどの痩せ方ではなかったので、拒食症だとはあまり考えていません。がしかし、整形も拒食症も共通しているのは、その起こりうる根源に、「コンプレックスを解消したい」という強い思いがあることだと思います。したがって、この両者に関連性があるのか、ないのかについてはここでまとめておいた方が良いと思っています。

結論から言うと、やはり美容整形と拒食症との関連性は高いようです。女性であれば多くの人が、締まったウエスト周り、細い二の腕、スラッとした足に憧れると思います。ですから、その理想の姿に向けて大半の人がダイエットを経験していくのです。

もちろん、太って肥満体になることそれはそれで問題です。メタボという言葉を聴いたことがあると思いますが、簡単に言えば「肥満」ということです。肥満になることでウエスト周りが太ったり、血圧が上がったり、血糖値が高くなったりするわけです(それだけが理由ではありませんが)。

したがって、一般的に見て丁度良いと思える体型であればよいのですが、“細くなりたい”、“きれいでいたい”という思いがあまりにも強くなりすぎてしまうと、食べること自体を拒否するようになっていくのです。

美容整形を行う女性は、「美しくありたい!」、「コンプレックスを解消して自信をつけたい!」と思う人達です。そして、整形後そのコンプレックスが解消されたにもかかわらず、中にはもっときれいになりたいと欲を出し、異常なまでに“美”に固執するようになるのです。

その結果、極端に食事量を落としてしまい、「拒食症」に陥ってしまうのです。

拒食症になるのは、特に高校生や大学生など若い人達が多いのですが、そこには間違った認識があるからだと言われています。食べないことが健康にも害を及ぼすというデメリットの部分を無視してしまうからです。

キレイになるのも学びが大切だということです。

美容整形とは、個人の努力ではどうにもできない部分を補うという考え方が必要です。顔の形を変えるのはダイエットだけでは難しいですし、鼻の形を整えるのは当然、個人の力でできることではありません。こういった役割をきちんと理解することです。

極論をいえば、サプリメントと一緒なのかもしれません。よくサプリだけあれば食事を摂る必要はないと言う人もいます。確かに今の農業環境を考えれば、そう言われても致し方ないのかもしれませんが、シンプルに考えたら食事というのは栄養素という数字で計算するものではなく、大地の恵みを頂戴するということです。

とはいっても全ての栄養素をバランスよく摂ることが難しくなっている今、それを補う意味合いで摂取するのがサプリメントなのではないでしょうか。

吉澤ひとみの公式プロフィールの中で趣味・特技の欄をみると、こう書かれていました。『趣味・特技はスポーツ全般でフットサルやバレーボールなどの球技やマラソン、ロードバイク、スキューバダイビングが好きである』そして、『スポーツをしている時が、一番自分らしくいられる時間』だと(wikipediaより引用)。

これほどまでにスポーツ好きのアイドルも珍しいですが、きっと激太り時代は、こういったスポーツをやる時間が全くないほどに忙しかったのかもしれませんね。

こちらの画像をご覧ください。

デビュー時とは違う現在の吉澤の画像.jpg

とても似合っていますよね。これは昨年のものですが、何となく顔の印象は昔のままといった感じです。

30歳は、女性として区切りのある年齢であります。20代でたくさん経験したことを踏まえ、自分という人間は、本質的にどんな人間なのか?それを思いっきり表現していく時なのでしょう。

亡くなってしまった弟とその下の弟を含めて3人兄弟の一番上であったためか、姉御的存在の強い吉澤ひとみですが、本当は女の子になりたかったのかもしれません。

今回は以上です。最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。



style=”display: inline-block; width: 300px; height: 250px;” data-ad-slot=”5038308199″ >

女性, 激太り芸能人