有村架純が太った??

こんにちは。
ダイエットアドバイザーのJUNです。

まずは人気ブログランキングをチェック!

2013年の連続テレビ小説「あまちゃん」で小泉今日子が演じる天野春子の若かりし頃の姿を演じブレークした有村架純。

昨年の2014年には、「ブレイクを期待するタレント」で女性部門の1位になり、さらに同じ年の上半期ではcM起用の会社数ランキングでも女性部門の中で1位になるなど、今最も輝く、成長著しいタレントといえるのではないでしょうか。

そんな有村架純が太ったと話題です。

こちらの画像をご覧になって、あなたはどう思いますか??

有村架純の昔と現在.jpg

左の彼女は2012年。右の画像は、昨年の「失恋ショコラティエ」で大学生を演じた時のものです。

確かに昨年の方が、顔回りがぽっちゃりとしている印象はありますが、パティシエの制服を着てポニーテールの髪型になると、顔の輪郭もはっきりとするので、そんな所から太ったように見えるのでは?という意見もあるようです。

実際はどうなのでしょうか!?

今回は、有村架純が本当に太ったのか、そのあたりについて言及していきます。

結論からいうと、体重などの客観的な変化はわかりませんが「太った」と思います。って私の個人的な意見を言ってもしょうがありませんが(笑)、これだけは一つ言えます。20歳前後の有村架純を比べてみると多少なりとも体型に変化が出たと言えます。

しかし、どうして太ってしまったのか?そこもはっきりとはわかりません。それだけ20歳前後というのは微妙な時期だからです。

女性が特に太りやすい時期というのは確かにあります。簡単にいうと、女性らしい体つきへの変化が起こっている事なのですが、それが大体13歳~20歳ぐらいまでと言われています。この時期にもろにぶつかるのが高校生ということで、若い時のダイエットが危険であると言われるのは、そのためです。特に見た目に過剰に意識しやすい年代であることもありますが、こういった身体の変化を心理的にも受け容れることができないというのもその理由です。

しかし、有村架純が太ったのはニアミスで、ちょうど思春期を過ぎた時期ですから、年代によって体型が変わったというのは考えにくいところではあります。

ちなみに、女性にはあと2回太る時期があります。「悲しいですね」と思ってしまうかもしれませんが、これらも女性の発達という観点からいうと重要なことなのです。

1つは、「妊娠時」です。カラダの中で赤ちゃんがすくすくと成長していくためには、多くの栄養を母体は必要になりますし、女性ホルモンが活発化するために、食欲もグングン増していきます。こういった自然の摂理に逆らってはいけません。

そして、2つ目は、「閉経後」です。いわゆる更年期といえます。この年代というのは、基礎代謝が落ちてしまっているがために太りやすくなる時です。20歳から徐々に低下していく筋肉量がこの頃になって顕著に結果として表れてくる時なのです。筋肉を鍛えて基礎代謝が下がらないように気をつけましょうというのは、若い時だとその意味があまりよくわかりませんが、この時にはじめて気づくことが多いものなのです。

というわけで、女性が太りやすい年代を整理してみましたが、有村架純が太った時期とはニアミスでズレているので、女性が必然的に起こる身体の変化によって体型が変わったというのは言い難いです。

では、どうして太ってしまったのか??

ということで、有村架純のプライベート的な所を調べてみることにしました。とそこには、太るどころか、全くもってそんな気配を感じるものがありませんでした。

こちらにも、彼女の日頃の習慣ないし、生活ぶりについてを記載しておきます。

まずは、食事面。

・ジャンクフードを食べない
・甘いジュースを飲まない
・夜遅くに食べない
・ドライフルーツを食べる
・炭水化物ダイエットを以前に行ったことがある

その他にもじゃがバターを食べない(笑)。それは趣味趣向ですが・・・じゃがいもは炭水化物(糖質)の固まりですし、バターは動物性脂肪の含まれている食品です。美味しいが故に、太るという視点でいえばもっとも組み合わせとして良くないものです。

有村架純の普段意識している食生活を見て、あなたはどう感じたでしょうか?コレを続けたら太りそうですか??

答えは「NO」ですよね。

一つ一つ簡単に解説していくと、まずジャンクフードを食べないというのは、彼女のような年代においてすごく重要なことなのです。ジャンクフードは、=ハンバーガーなどを想像して頂いて結構ですが、ファストフードともいわれ、いかに速く、いかに安く、いかにエネルギーを補給できるかということで、今のような便利になる時代のもっともっと昔に作られたような食べ物です。つまり、栄養価よりもとにかく腹に溜まることが最も大切なので、現代のような食べ物に溢れた時代では、肥満をつくるだけのものになってしまったことは否めません。

甘いジュースは、当然、砂糖が多く含まれています。そうです。甘~いお砂糖です。野菜ジュースですら、100%果汁のものではなく香料などでそれっぽく作られたようなものは糖分の摂り過ぎで、太りやすくなります。

ドライフルーツを食べるというのは、どういう効果があるのか??これはものによって良し悪しがありますが、基本的な所で言うと、フルーツに含まれているビタミン類を効果的に補給できる点にあります。また、果物に含まれている自然な甘さを果糖といいますが、適度な甘味があるので、エネルギーの補給にも適しています。小腹が空いた時などに、ドライフルーツをおやつ代わりに食べることで、油脂の多く含まれているスナック菓子や砂糖の固まりであるスイーツよりもよっぽど健康的にも、ダイエットにも良いということです。

しかしです。コンビニなどで売っているような安いモノになると、やはり原料の質が落ちる分、香料などの添加物で食品が加工されているので、あまり効果的なおやつではなくなるので注意が必要です。

炭水化物を抜いたダイエットについては、もうご存知の方も多いはずです。このダイエット方法は今の日本では最もメジャーになったダイエット法と言えると思いますが、これについては様々な意見があります。ここで炭水化物が天使なのか?悪魔なのか??を論議することはできませんが、やはり食べ過ぎなければ、食べた方が良い食材であることは間違いありません。何と言っても炭水化物は、私たち人間のエネルギーの源ですからね。チャーハンにラーメンとか、ランチで毎回ごはん大盛りやお替りをするから、太るのです(笑)。

最後に、「寝る前に食べない」。これも実際にやるのは難しいことですが、もっとも基本的なことでもあります。ついついやってしまう夜食のカップラーメンやお菓子類のつまみ食い。寝るという時間は、私たちにとっては休息の時間です。コンビニや工場のように24時間稼働し続けていたら、参ってしまいますよね。寝る時はできる限り内臓器官も休ませてあげたいものです。夜食をついつい手を付けてしまうと、消化器官は働き続けなければならず、疲れが溜まってしまいます。その疲れによって代謝が悪くなり太ってしまうのです。

これらを見てきても、何ら特別なことはありません。どれもがよく考えれば普通のことですよね。ですが、こういったことを少しでも意識しようとしている有村架純はどうして太ってしまうのか不思議でなりません。

全くといって太る要素がありません。

次に、彼女が普段から意識している部分の運動編に参ります。

・お腹を常にへこませている
・ホットヨガに通う
・ランニング
・お仕事行く前にジムに通う

これだけ見ても、有村架純は運動を定期的に行っているのがわかります。運動をすれば太らない・ダイエットできるとは言い切れませんが、運動すれば身体が元気になるので、そういう意味でも、太りにくい体になることは間違いありません。

その上で・・・

お腹を凹ませることの意味について、改めてお伝えします。それ自体、何に良いのかあまりわからないという方もきっと多いのではないでしょうか。

お腹をへこましているというのは、ある意味、良い姿勢をキープしているということになります。ぽっこりお腹の人って姿勢が悪かったりしますよね。お腹に力が入っていないと、良い姿勢を保つために必要な骨盤の位置が不安定になってしまいます。それを防ぐのがお腹をへこましている時に働いている筋肉で、インナーマッスルと呼ばれている腹筋の一部の筋肉です。

よくbefore、afterでウエストが一瞬にして数値が減った!!というダイエット番組などを見たことがありますよね。それは、脂肪の量が減ったのではなく、悪かったり歪んでいる姿勢を矯正することによる結果なのです。それだけ姿勢を保つことが重要だということです。

次はホットヨガ。一時期ものすごく流行りましたよね。日本ではどうしても流行りは廃る傾向があるので、今ではその当時と比べると下火にはなっていますが、ホットヨガの一番の楽しみは、汗をかくことです。ヨガを暖かいサウナのような室内で行うのがホットヨガです。ヨガ自体、運動の効果もありますし、流派によってはかなり動くものもあります。それを暖かい部屋で行うわけですから、当然、汗ダクになるわけです。汗は脂肪ではないので、汗をかくことで痩せるわけではないですが、汗をかくことでからだの循環が良くなるので間接的には、痩せる効果も期待はできます。

ではランニングです。ランニングには、2種類の考え方があると思うとわかりやすいです。速いスピードで走るランニングは体力をつける運動で、ジョギングのようにゆっくりと走る場合は、ダイエットを目的とするような運動になります。運動の強度によって効果が変わるということです。いずれにしてもランニングというのは、一瞬で終わる運動ではありませんので、ある程度我慢強さというか、それ自体に楽しみを見つけることができないと長続きすることはできません。最近では、特に女性のランニングウェアなど可愛らしいものがあるので、ランニングをファッションの一部として行っているランナーも多いかもしれません。運動が流行りだけではなく、文化の一部になるような流れというのは良いことだと思います。

この運動編で一番のポイントは、有村架純が習慣としているお仕事前のジムです。

それは何故だかわかるでしょうか??

大切なことは、ジムで運動するということ自体ではありません。どのタイミングで運動をするのかというルールづけです。私たちは運動できないことに対して、すぐに意志が弱いと思いがちですが、そうではありません。実は運動しやすい環境を自分自身でつくれていないからなのです。こういう状況であれば必ず運動するという法則を自分なりに作ることができれば、それが運動を継続させる良いきっかけになるのです。

・寝る前に腹筋を10回する。
・お昼休みに皇居で3km走る。
・お風呂の中でストレッチをする。

そういう感じで十分なのです。

運動編はいかがだったでしょうか??もうここまで読み進めたあなたには有村架純がどこに太る要素があるのかがわからないぐらいになっているはずです。食事も運動にもちゃんとやるべき課題と意識があって、ストイックな姿を見ていたら信じられるわけがありません。

[スポンサーリンク]



最後は、有村架純の生活面の意識について簡単に触れていくことにします。

・肌断食
・枕をしないで寝る
・髪への栄養補給

生活面に関しては、直接的に太るとか痩せるというよりは美容面の要素が強いですが、女優として見られる立場である責任感を強く感じることのできる一面であることは確かです。

肌断食とは、一般的に言えば、メイクやスキンケア化粧品を数日間しなかったり、お肌を休ませたりすることを言います。お肌の状態をリセットさせることが目的ですが、有村架純自身、いちばん効果が実感できたそうです。肌断食を続けていくうちに、みるみるお肌の力が強くなって、肌トラブルが減っていきました。

食事でも断食というのが、内臓器官を休息させるために行われたりしますが、まるっきり同じ考え方です。運動で身体が疲れているのであれば、きちんと休むことで回復するのと一緒で、内臓器官もお肌も適度な休息というのが大切なのです。

枕をしないで寝るというのは、個人差があるかもしれません。枕の役割は、頭を正常な位置で保つためにあります。姿勢よく立っている状態をそのまま横にしたのが寝るという動作ですから、首の骨が自然に備わっている弯曲が保たれていれば問題ありません。それが、枕無しになることで、逆に頭部の安定感が失われてしまうと、逆に血行が悪くなってしまい、頭痛や肩こりになることもあります。有村架純自身は枕なしで寝ることで首筋のシワが薄くなったり、むくみ予防につながることを感じているそうです。ここで大切なことは、一般的に良いと言われていることとは逆の事であったとしても、それが自分にとっては調子が良いことなのかどうなのかを一度検証してみるということです。疑ってみるという言い方をするとあまり良くないとは思いますが、やってみないとそれが合っているのかどうかなんてわからないですからね。

そして、最後に細くて傷みやすいと彼女自身が感じている髪については、トリートメントをするようにしていることと、食事でたんぱく質や脂質を意識的に補給するように心がけているそうです。実はお肌もそうですが、髪の栄養分においてもたんぱく質が大きな役割を担っているのです。お肉というと脂が多くて、すぐに太りそうだからあまり食べないようにしますという方が多い中で、意識的にたんぱく質を摂取しようとする考え方はとても大切なことだと思います。たんぱく質は植物性のものよりもお肉やお魚などの動物性の方が良質で、吸収が良いからです。

ここまで、有村架純の食事面・運動麺・生活面の意識づけについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。女優として見られる立場であることをきちんとした生活への意識、適度な運動をいかにして習慣づけるかということを考え、無理の無いように続けられる方法で食事にも気を遣っているのがよくわかったと思います。

年齢的にも太る要素がなく、生活面でもきちんとしている彼女が太るとしたら、それはもしかしたら、心理的な浮き沈みだったり、有村なりのバイオリズムなのかもしれません。

こちらの画像をご覧ください。

有村架純が太った.jpg

この左右の画像は、ほぼ同時期に撮られているものです。ですが、何となく右の方が、顔がパンパンとしている感じがあるのが確認できると思います。

もしかしたら、顔が浮腫みやすいことが影響しているとも考えられます。よく顔太りなんて言われたりしますが、顔がむくむと他人から一番見られている場所なだけに、全体的に太ったように見えてしまうことがあります。

ここで、どうして顔が太ったようにむくんでしまうのか?その理由についてまとめてみたいと思います。

最近では、女性だけでなく男性にも多く見られるようになった“むくみ”ですが、そもそもむくみとはどうして起きるのでしょうか?

それは、からだ中を巡っているリンパという排水路のようなものがあるのですが、そこに何かしらの理由で詰まってしまい、老廃物や体内では必要のなくなった水分などが溜まっている状態で起こると言われています。

むくみの原因は、二つあります。

一つは、肝臓や腎臓などの内臓機能に問題がある場合です。こうなってしまうとそもそもの循環機能が低下してしまうので、長時間むくみがとれない状態が続きます。そしてもう一つが、体内における水分コントロールが上手くいっていない場合です。こちらの特徴は部分的なむくみです。

今回の場合、後者のパターンがなぜ起きてしまうのかについてのお話しです。

①アルコールの飲み過ぎ

お酒やアルコールを飲んだ次の日の朝に、顔が浮腫んでいることはよくあると思いますが、その理由は、アルコールの利尿作用です。アルコールを飲むとトイレが近くなりますよね。あれは、アルコールの利尿作用が働いているからです。アルコール自体は水分のようで水分として体内に吸収されることはないですから、アルコールによってどんどんおしっこを出してしまうと、体内の水分が減っていってしまいます。それを防ぐために、アルコールというのは、後になって水分を溜めこもうと働きかけていきます。そのために、飲み過ぎてしまうとむくみが起きてしまうのです。

②塩分や糖分の摂り過ぎ

塩分を多く含んだ食事を摂ると、顔が浮腫みやすいのはよくわかっていると思いますが、糖分も同じく顔を浮腫みやすくする作用があります。それは糖分が水分を蓄えようとする力が強いためです。ですから、チョコレートやスイーツなどを食べ過ぎると、太ったわけではないのに、顔がむくんでしまうのです。

③デスクワークなど長時間同じ姿勢でいること

これは、長時間同じ態勢でいることによって血行不良が起きることが原因です。血流の流れを助けるのが筋肉によるポンプ作用です。同じ姿勢が続くことで筋肉自体、大きな動きを必要としないですから、そのポンプ機能も低下してしまうのです。つまり、水分がどこかに溜まっているようなイメージです。朝にむくみやすいというのも、身体がほぼ水平状態で動かずに保たれているからなのです。

寝返りをうつことでポジションや姿勢に変化をつけたり、リセットすることができます。ですから寝返りを打つことが、大切だというのはそういう理由からなのです。

こちらの有村架純の画像をご覧ください。

有村は本当に太ったのか?.jpg

今年5月1日公開予定の、「ビリギャル」姿です。主人公の工藤さやかを演じる彼女は、金髪姿も話題になっています。

今までの清純派とはまるっきり違う、金髪へそ出し姿に、「可愛い!!」、「金髪姿も悪くないね(笑)」という具合で好評のようです。

この画像をみても、太ももの細さと比べると顔の張り具合が分かると思います。もともとエラの張ったフェイスラインというのが、彼女の良さである一方、ちょっとした髪型の変化や、撮影ポイントによって太って見えたり、日ごとに変わる顔のむくみ度合いによって見え方が変わるのも、よくわかります。

どうしても顔が一番目立つ分、ちょっとした変化も見えやすいのだと思います。逆に言えば、そんな所が有村架純の強みにもなると思います。

これからますます活躍の予感を魅せる彼女を陰ながら応援したいと思います。

今回は以上です。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

女性, 激太り芸能人