元aKbの光宗が激太り!?

光宗薫の激太り画像


ダイエットアドバイザーのJUNです。

まずは人気ブログランキングをチェック!

元aKbの光宗薫が「激太り」!?

「本当!?」、「マジで?」

「激太りってどんな感じなの??」

と気になる方もいると思います。

こちらの画像が「光宗薫、激太り」と噂されたものですが、ご覧ください!!

光宗薫の激太り画像

どこが太ったのか、どう見ても激太りとは程遠い感じですよね。

元aKbの光宗薫が激太りと話題になっていたので、その真相について調べてみました。

まずは、先ほどの画像をみて、激太りと思った人はあまりいないと思いますが、そんなふうに言われているということは、過去の光宗はどんなスタイルだったのかが気になる所です。

光宗薫は、2011年の12月、ちょうど今から3年前にaKb48の13期生として登場。そして、よく2012年4月には、「aTaRU」(TbS系のドラマ)に、またその年の10月に公開した映画の「劇場版 私立バカレア高校」にも研究生として出演しています。

その頃の光宗薫の画像がこちらです。

aKb光宗薫の激やせ画像

一言いえば、激やせですね。ちょっと他のaKbメンバーにはいない美しさですが、この痩せっぷりは確かに気になりますね。

こちらの画像をみれば、先ほどの光宗薫が激太りしたというのも否定はできません。

全く、激太りはしていなくて、最初の画像の方が普通ですが。

確かに激やせした光宗薫は、2012年の10月に「体調不良」を理由に、aKbの活動を辞退しました。

「いじめがあったのか?」、「考え方や価値観が違ったのか」aKb辞退の真相はよくわかりませんが、あそこまで激やせしている姿がなにかを象徴しているのかもしれません。

あなたはアイドル体重をご存知ですか!?

実際、アイドル体重というものが公式に存在しているわけではないですが、(身長-100)×0.9というのが、標準体重を示していることから、aKbのようなアイドルは、それ以上に細く、痩せているのが当然であるとして、また別のアイドルグループが公開で体重測定をした際に、特別に規定されたものです。

アイドル体重とは、こう計算していきます。

【(身長-100)×0.8】です。

光宗薫の身長は公式プロフィールですと、168cmですので、アイドル体重は、54キロです。

この数字だけを見ても、すごく痩せているのがわかりますが、aKb時代の光宗薫は、30キロ台とも噂されていたので、きっともっと激やせだったかもしれません。

あなたも、先ほどの計算式で実際の体重がどの位置になっているのかを計算してみてくださいね(笑)。

ちなみに、もう一つ計算式で体格を客観的に測定する指標があるのでご紹介しておきます。

もしかしたら、あなたも聴いたことがあるかもしれませんが、bMIというものです。

このbMIは、body Mass Index(ボディマス指数)といいますが、体重と身長から計算される体格指数です。こちらは公式なものです(笑)。

それは、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で計算されます。

この計算によって出てきた数値がどれぐらいの数字かによって体格を判断できるのですが、こちらで一番チェックしておきたいのは、その数値が30以上になっていないかどうかということです。

30以上というのが何を示しているのかというと、「肥満」です。こちらの数値が低くなればなるほど、その体格が「標準」、「低体重」であると表現されます。因みに18.5以上25.0未満を「標準」、18.5未満を「低体重」となります。

ところがですよ。aKbのようなアイドルや光宗薫のようなモデルには、アイドル体重ではないですが、モデル用数値というのがあります(笑)。一般的な数値よりも、もっと評価が厳しいということです。それだけ良いスタイル・見た目が求められますからね。

そこで、モデル数値となると、bMIが19.0以下で理想的なモデル(並)というカテゴリーに入ります。一般的なものだと18.5以下で低体重ですから、いかに厳しいモノであるかがここでご理解頂けると思います。

それ以上の数字でいうと、bMIが17.0以下で「痩せている」、bMI15.0以下で「危険!痩せすぎ」となります。この範囲でやっと“激やせ”ランクですから、びっくりです。

激やせのaKb時代の光宗薫が体重30kgであると想定してbMIを計算してみると、出ました!!なんと「13.8」です。

今回は、39Kgで計算してみましたが、それでもこの数値ですから、もし光宗薫の体重が30kg台だとしたら、もう栄養失調寸前のはずでした。

あなたもわかると思いますが、人間というのはバランスがとても大切です。それは激太りでもなく、激やせでもなく「標準」ということです。生き方や性格においては標準というのが、ものすごく平凡のように聞こえてイヤな感じはありますが、体重については、普通!?といいますか、本人が調子いいと感じられる重さであることが一番です。

少しお話しを戻しますが、光宗薫が激太りとなった画像は、彼女がaKbでの活動を辞退した後、メディアでの露出が全くなくなった後のことに撮られたものでした。

それは、光宗薫がまだaKbに入る前の高校生時代にアルバイトをしていたという大阪の日本橋にあるメイドカフェ「めいどるちぇ」に久しぶりに顔を出した時のことでした。

それが、2013年の1月下旬のことですから、ちょうど光宗薫がaKbの活動を辞退してから約3ヵ月後のことです。

「めいどるちぇ」のブログで、光宗薫が当時、名づけられていた「カヲル」という名前を出して、「カヲルが、ちょっとだけ顔をだしてくれましたよ。今後もお仕事がんばってください!」という文章とともに、色紙をもって笑顔で映っていた光宗薫が先ほどの画像というわけです。

どちらが現役!?というのもないですが、さすがにaKb時代の光宗薫とは「激太り」といわないまでも、ちょっとぽっちゃりしている印象はありましたが、すごく自然な笑顔が本当に素敵だと感じました。

この激太り?の光宗薫の画像をみたファンたちは、2チャンネルでこんなコメントを残していました。

「何があったの?この激太りはストレス??」

「お腹がでているように見えるけど・・・大丈夫?」

「あんなにスタイリッシュだった光宗ではない・・・」

確かに、アイドルのaKbとして活動している光宗薫をしっているファンからは太ったように見えたのかもしれませんね。

でも、一方で、

「激太りなんかじゃなく、元気そうで何よりです」

「もっとガリガリになっているのかと思ってたので安心しました」

という意見もあって、激太りしたというよりもaKb時代のやつれていた時よりもよっぽど健康的に見えて良かったというファンたちもいました。

確かに、ファンにとっても光宗薫の見え方というのは賛否両論、様々あるとは思いますが、一般的な社会で生活しているごく普通の世界を想像したら、激やせしていて何か不健康そうな姿よりも、元気そうで人間らしい笑顔が出ているのはやっぱり嬉しいことですよね。

現に、この時は前の職場の人達との再会に光宗薫もすごく楽しんだ様子だったといいます。

きっと光宗薫にとっても皆さんに心配かけて申し訳なかったという気持ちと、ここから一人の女性として再スタートを切るという意味もあったのではないでしょうか。

激太りしたと話題になった光宗薫ですが、その後の成人式用の画像でその説を一蹴したとも言われています。

成人式で痩せた光宗薫

確かに、こちらの画像をご覧になれば顔立ちもシュっとしていますし、納得できるほどの美形で、綺麗ですよね。とはいっても、先ほどのアルバイト先の画像はおそらく素人が撮っているものですから、そもそも画像の質が違えば、見え方が全く変わるというのも否めませんね。

この画像をみたファンたちの反応はというと、

「何で、aKbなんかに入ったんだよ!!」

「おぉ美形」、「可愛い」

「aKb時代より絶対、今の方がいい」

その他にも、以前の激太り説の時より痩せていて、今の方が体型いいねとか、そういう意見もありましたが、全体的にはaKb時代の超激やせの時よりも今の方が自然で良いというのは共通なのかもしれません。

そういえば、光宗薫はaKb引退後、絵描きとして個展を出すほどの実力があるそうです。

私は、絵心が全くないのでよくわかりませんが(笑)、光宗薫が描くボールペン絵の画力は相当なようです。

彼女のように、すでにそういった個性的な力が備わった人というのは、もしかしたらaKbなどのグループに自体に属するというのが難しかったのかもしれないですよね。

それがジャニーズであっても、ダンスグループであっても、バンドやアイドルグループも最後はその個性で決まります。最近のジャニーズの活躍をみてもよくわかりますよね。司会、コメンテーター、俳優、リポーター、解説などさまざまな分野で活躍していますよね。

人はそれぞれ好きなことがあって、個性があって、夢があります。その力が強ければ強いほど、群れることが難しくなります。意見がぶつかるからです。グループは一つのチームと考えた場合、そのチーム力が高くなければそのチームは評価されません。認められません。その個性がうまくチームとしてハマった時は機能しますが、ちょっとズレている場合は、なかなかグループとしての活動も難しくなるでしょう。

光宗薫が、aKbを早々に辞退した理由もひょっとしたらそういうのもあったのかもしれません。

これからは存分に、光宗薫らしい個性を出してますます活躍していってほしいものです。

今後も期待しています。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。