城田優が太ったのは嘘?本当!?


こんにちは。
ダイエットアドバイザーのJUNです。

まずは人気ブログランキングをチェック!

2015年2月11日8時03分に、事件は起きました。

城田優が「太っちゃった」という投稿がツイッター上に現れたのです。

その画像がこちらです。ドン!!

城田の激太りは嘘か本当か?.jpg

「おーマジかよ!!」と思いますよね。

これは本当なの?それとも嘘??

ネットでも、この画像をみたユーザーたちは、

「・・・・は?」

「コレ誰??」

「え!?」

という唖然としたコメントにはじまり、

「太ると人間ってここまで変わるのね」

「アメリカのニートみたい・・・」

と続き、

「特殊メイクかなんかじゃないの?」

という冷静なメッセージまで様々でした。

今回は、城田優が太ったのは本当なのか?それとも嘘なのか?言及していきます。宜しくお願いします。

結論から言います。嘘です(笑)。

今放送中の水曜ドラマ、「○○妻」(日テレ)をご覧になっている方ならもうお分かりですよね。

実際の城田優は、太ってなんかいません。

どうやら、顔や姿・形を太ったように加工できるアプリがあるようです。

あなたが使うかどうかは別として(笑)、少しだけご紹介したいと思います。

まず一つ目のものは、「fatbooth」。直訳すれば、太った部屋ということでしょうか。

このアプリを使うと、スリムなあの人が二重顎の見事なデブ顔に大変身できるそうです。無料です。

fatbooothの良い点はというと、まず簡単に太った写真を作成できる点です。目の位置やあごの位置を設定するだけで、簡単に加工できるので誰でもできそうですね。

そして、もし気に入らなければ、太った写真を振るとすぐに元の写真に表示を切り替えることができます。しかも、作成した写真をSNSなどで共有することも可能です。

まさに、スリムな城田優が本当に太ったとも思える写真に早変わりできるのも納得です。

一方で、このアプリの唯一つのデメリットは、正面の写真でしか加工できない点です。先ほどの太った城田優の画像は、若干斜めになっているので、もしかしたら違うものを使用したのかもしれません。

そして、もう一つご紹介したいアプリが、「ファットキヨスク」(fat Kiosk)です。

価格は115円(app Store)バージョンや価格は変動するようです。

このアプリは、実際の画像よりも+50kgになるというものです。スラムダンクの安西先生ではないですが、顎のラインが誰でもタプタプできるレベルまでに太ることができます。

こちらも操作は簡単です。顔写真を実際に撮るかカメラロールの写真を読み込んで、目、口、顎のラインを指定し「GO」ボタンをタッチするだけで完成します。

注意点として、できるだけ正面を向いた画像を推奨していますが、必ず正面ではないとダメという制限はないので、城田優が嘘ものを作成したのはこちらのアプリかもしれませんね。

ちなみに、こちらのアプリもツイッターやfacebookなどのSNSに投稿できるようです。

ぜひ、友人同士で撮りあってみるのも面白いかもしれません。とはいっても、自分の太った画像を見てもモチベーションが下がりそうですから、やはり、自分が太ったらこうなってしまうだと思い、そうならないように気を付けたりダイエットのきっかけにする方が使い方としては良いのかもしれません。

でも気をつけないといけない点が一つだけあります。

それは、作成した嘘の画像を目に見えるところに絶対に置かない事です。

イメージの力は偉大です。見える位置にあるだけで嘘が本当になりかわる危険性があるからです。

ダイエットでもこんなことを聴いたりしませんか!?

目標としている女優さんや有名人などの画像を壁に貼ったりするだけで、みるみる痩せていくことができると。

その効果の理由は、良いイメージを脳に植え付けることにあります。常に脳に良いイメージを刺激することによって、それを手に入れたり、達成するための行動ができるようになるからなのです。

少し真面目な締めになってしまいましたが(笑)、一度は加工してみるといいかもしれませんね。

話を戻します。

城田優が太ったのは本当ではなく、嘘でした。こうしたアプリを使ったただの遊びというか冗談めいたツイートでした。

でも、驚いた事にその反響の凄さでした。現に、私もこの嘘の画像を観た時は「えっ!?何があったの?」と思ってしまいました。

最初にこの事実を知ったのは、Yahooの虫めがね君です。「太った」というキーワードを検索すると、まさかの『城田優 太った』と出てきました。それが無ければ、知る由もない事だと思います。

正直言うと、職業柄なのかどうして城田が太ってしまったのか?ストレスでもあったのか?などそこまで頭の中で想像してしまったぐらいです。

ある意味、本当でなくてホッとしているぐらいです。

城田優の痩せた画像.jpg

問題の太った画像の数日前にツイッター上に挙げられていた画像です。

美男美女ですよね。これではっきりと嘘だということが分かるはずです。

さて、「1540」と「2428」という数字がありますが、わかるでしょうか?これらはツイッターに関しての数値です。

この数字は、城田優の太ったという投稿に対する反響のものです。「1540」はリツイート数、そして、「2428」がお気に入りに登録した数です。本日2月16日時点のものです。まだまだ増えています。

それだけの人が注目されるということは、もう少し考えると宣伝にも使えるということです。彼からしたらきっと遊びのつもりでしょうが、このようなインパクトある画像を載せておけば、それだけで世間の目を注目させることができるので、今のネット社会では大変な宣伝効果が見込めるはずです。

彼のフォロワーは20万人超えですからね。恐ろしい数です。

今後の城田優のツイートに注目ですね(笑)。

ところで、今回の話題について本当だったら面白いのにという声もどこかで聞こえてきそうですが、あなたはどう思ったでしょうか。

そんなこともあろうかと、城田優が本当に太る可能性はあるのだろうか?

そんな視点でお話したいと思います

結論から言うと2つあります。

①年齢による変化

②食生活

どちらもありきたりな答えに感じてしまいますが、皆さん同様に芸能人だって有名人だって、女優さんだってモデルさんだって同じ悩みを抱え続けていきます。

太る原因というのは、2つの方向性があります。それは、「摂取量の増加」と「消費量の低下」です。ビジネスなどでは、「需要」と「供給」と言ったりもしますが、要するに食べる量が増えることと、運動など消費する量が減れば太ってしまうのです。

【年齢による変化】

城田優の年齢は29歳。まだまだこれからといえる年齢です。仕事もますます活躍していくこと間違いないはずです。

ところがです。四捨五入すれば30歳という年齢。アラサーです。そろそろ身体の変化が気になる頃とも言えるでしょうか。サッカーやバスケットボールなど激しい運動を伴うようなスポーツでいえば、かなりの大ベテランの年代です。

つまり、身体の衰えが出始める時期とも言えるのです。

その衰えが一番でるのはどこか?

それは、筋肉です。圧倒的に筋肉の機能が低下していきます。反応が遅くなったり、筋肉自体が硬くなりやすく、鍛えていないとすぐに落ちてくる感覚があるのもこの頃からです。

悲しいことに、筋肉は平等に誰もが20歳を過ぎた頃(場合によっては成長が止まった時点)から衰えはじめていきます。

筋肉が少なることによる影響はたくさんありますが、太るという観点でいうと、代謝量の変化です。

先ほどの言葉に言い換えれば、「消費量の低下」になります。

太る=摂取量>消費量という式で計算できますので、消費量が少なくなれば、たとえ食べる量が減ったとしても、太ってしまうのです。

“太りにくい体質”とか“太りやすい体質”というのは、実はこのカラクリからできていることがあります。

食べても食べても太らないのは、それだけ消費が盛んに行われる身体だからということです。大食い選手権でお馴染みのギャル曽根さんなんかは、消化機能の異常によるものだったりするので、例外ももちろんありますが。

だから、「筋トレしよう」とよく言われるのです。

【食生活】

これも言ってみれば当たり前のお話しですが、食生活がどうであるのかは太る、太らないに大きく影響していきます。

むしろ、本当は食事でほぼ決まりです。

極端な例を言うと、食べなければ絶対に太ることはありません。そして、もっと優しい言い方をすると、食べ過ぎなければ太ることはありません。

私たちのように恵まれた社会で生活していると、気付くことがほぼ皆無と言えますが、意外にも食べる、食べられてしまう機会に溢れているのです。

「15時のおやつ」って誰が決めたのでしょうか?

「小腹が空いたら・・・」と言いますが、もしそこでつまんだりしなくても、ぶっ倒れてしまうことはありませんよね。

要するに、お腹が空いていなくても食べる物に溢れている環境によって食べることが出来てしまうのです。

それが、累積することで食べ過ぎになるのです。

「私、あまり食べてないんだけど、なぜか太るのよねぇ~」は絶対に嘘です。

ちゃんとレコーディングをしていないだけで、3日間付きっきりで隠しカメラで写されていたら、穴に入りたいぐらい恥ずかしい気持ちになるはずです。

それだけ、認識が甘いものなのです。あなただけではありません。みんなです。

と前置きが長くなりましたが、城田優が太るとすれば、その食生活にあります。

彼の国籍はスペインです。身長が190cmもあるのですね。羨ましい限りの西洋人体型です。

そのスペインの食生活が危ういのです。

少しデータをお見せしましょう。

スペインの児童の肥満率はなんと19%です。つまり、5人に1人が肥満です。日本でいえば1クラス約40名ですから、約8名は肥満です。あなたの頃はどうであったでしょうか。
ちなみに、私の時はせいぜい2名ぐらいだった記憶はあります。現在はよくわかりませんが。

さらに、肥満とまでは言わないまでも、やや太り気味という児童が約26%いるそうです。肥満と予備軍とを合わせると45%の約半分が太っているということがわかりました。

こうした肥満の児童は、急激に増えているようでここ30年間で3倍に膨れ上がったようです。

その理由として挙げられるのが、食生活の変化です。

昔ながらの地中海料理は、野菜やフルーツ、シリアルなどの植物性食品に、地中海で獲れた魚介類、油の中でもコレステロール値などを下げると言われているオリーブオイルを使った料理が主流であった食事ですが、最近では、加工食品やファースト・フードや菓子パンなどの食生活に変わってきているそうです。

日本でいうところの、「食の欧米化」ですが、スペインでは「食のアメリカ化?」といえる現象が起きているのです。

もう一つのスペインの食生活の特徴は、食事をする時間の遅さにあります。

スペインでは就寝の1~2時間前というのが一般的だそうです。よく21時以降には食べないようにするといったダイエット法も聴いたことがあると思いますが、寝る時間の3時間前までには夕飯を食べることは肥満を予防するだけではなく、健康という観点からも大事であると言われています。

想像してみればお分かりだと思いますが、夜遅くに食べてしまうと、寝ている時間も内臓器官は働かないといけなくなります。いわゆる残業というやつです。

残業しているときって、「もう何でこんな時間まで働かせるんだよ~」、「早く帰りたいな~」
「イライラ・・・」しますよね。

それと一緒のことが寝る時間に体内で起こっているのです。最初のうちは頑張って働いてくれるものの、そのうちだんだんと疲弊してきてしまって、パフォーマンスは落ちてきていしまいますし、ひょっとしたらその従業員は辞めてしまうかもしれません。

つまり、結果、内臓器官の機能が低下してしまうのです。内臓機能が低下すれば、それだけ代謝も下がってしまうので太りやすくなります。

城田優がもしこうした食生活が染みついていたとしたら、今はまだ太っていなかったとしても、これから年齢を重ねるたびに太りやすくなってしまうので、注意が必要です。

城田優の好きなスポーツは、サッカー、水泳、ボウリングです。

太らないためのポイントとして趣味も大事な要素になります。好きなコトは誰に何を言われなくてもできるからです。運動やスポーツが趣味として全く無いという人はそれだけでリスクになります。運動することに対して腰が重くなってしまうからです。

そういう点でいうと、彼の場合は良かったのではないでしょうか。

ですが、問題はその趣味のスポーツがなかなか一人でできない場合は厄介です。そのあたりをみていきましょう。

城田は、3歳~7歳までの幼少期をバルセロナで育ったという経緯もあり、大のサッカーファンであることから、2011年の11月にfcバルセロナの名誉サポーターに任命されたようです。それぐらいサッカー好きの彼ですが、サッカーは人数がある程度揃わないとできないので、あまり頻繁に出来る運動ではありません。

ボウリングも稀に1人で練習している人を見かけますが、プロではあるまいし、やはりみんなで動く方が楽しいでしょう。

この中で一つだけ1人でもできるスポーツが水泳です。レースでなければめったに人と泳ぐこと必要はありません。しかも、水の中ですから陸と比べてもカロリー消費が多く、全身運動になるので適度に筋肉もついてくれます。城田にとっては願ったり叶ったりの趣味です。

たいていの人は、泳げないだけでなく水に入るのも面倒くさいと思って敬遠されやすい運動なのが水泳なので、こうした趣味を積極的に継続していけば太ることもまずないはずです。

もう一度、嘘の太った画像をご覧ください。

城田優が太ったのは本当?.jpg

本当の城田優は左側ですよ(笑)。

是非とも右側の姿にならないように頑張って頂きたいものです。

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

激太り芸能人, 男性