芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

【比較画像】清水富美加が太った!!理由は?現在の身長と体重

【比較画像】清水富美加が太った!!理由は?現在の身長と体重

ファッションモデル・水着姿で人気のグラビアアイドルであり女優の清水富美加が太ったという話題が、出家の話題と共に急上昇しています。

今回は、清水富美加の身長・体重や太った画像を交えながら、現代大きな話題を呼んでいる宗教などについて言及していきたいと思います。

いつもクリックしていただきまして、本当に励みになります。
人気ブログランキングへ

[スポンサーリンク]




【比較画像】清水富美加が太った!!

まずこちらの比較画像をご覧下さい。

【比較画像】清水富美加が太った!!理由は?現在の身長と体重

左Before画像と右after画像では、全く太っておらず変わりがない事がわかります。

清水富美加は、身長163cm 体重は予想で45kgくらいでしょうか。

清水富美加が太ったと言われる真実は、現在のことではありません。

なのに、何故太ったという話題が大きく浮上したのか?それは、清水富美加の出家・引退騒動が原因であると思われます。

過去に1か月で3kg太った清水富美加

清水富美加は、昨年7月2日より公開された映画『全員、片想い』に出演しており、その完成披露上映会で、1か月で3kg太ったと明かしていました。

3kgと言えば、たった一晩であっても食べ過ぎると簡単に太ってしまうくらいの体重ですね。

3kg太ってしまった場合は、周囲から「太った?」などと聞かれますが、3kg痩せた場合は、何故か全く違いにも感じてもらうことはできません。

清水富美加が3kg太ったとしても、違いに気がつく人は殆どいないといえるでしょう。

彼女は、3kg太った際このような発言をしています。

「100%叶わない片想いを1年くらいしていた。」

「もうそうなると、悟りが開けてくる。(好きな相手が)同じ地球の、日本の、東京で生きていればそれでいいと思える。何も求めなくなる」

出典:www.cinemacafe.net

一般的に、無宗教の場合『悟りが開けてくる。』という表現はしません。彼女が当時から宗教の信者であったと言える発言です。

[スポンサーリンク]




清水富美加の出家!?引退騒動

清水富美加は、2008年「レプロガールズオーディション2008」グッドキャラクター賞を受賞した後、デビュー。

その後、数々の活躍をしていました。

  • 4月29日公開予定の、清水富美加 主演映画「笑う招き猫」
  • 2017年春公開予定の映画「暗黒女子」では飯豊まりえとのダブル主演
  • 映画『東京喰種 トーキョーグール』で、ヒロインのトーカ役

多くの活動が決定していました。

撮影が終了したもの、撮影途中のものまであり、清水富美加が宗教に出家するとなると、公開できない・今までの作品までもに大きな影響を与えてしまいます。

清水富美加が出家する理由

【比較画像】清水富美加が太った!!理由は?現在の身長と体重

清水富美加は、事務所に大きな不満を抱えていたと言われています。

  • 月給5万でボーナスはなしという給料体制
  • 映画『東京喰種 トーキョーグール』で、人肉を食すような道徳に反する嫌な役でも引き受けなければいけない
  • 肌を露出する水着などの着用を強いられる

今は削除されている彼女のTwitterでは、「ギリギリの状態で、助けてくれたのは事務所じゃなかった」と語っており、父親の5000万にも上る借金があったとも噂されています。

清水富美加は、噂では枕営業していたと言われていましたが、真実は一般人である私たちには知る由もありません。

あくまでも全て噂ですので、真実かはわかりませんが、こういった悩みなどが爆発したと考えられています。

出家を決意し発表した清水富美加は、いったいどんな宗教に魅入ってしまったのでしょうか?

清水富美加が出家する宗教

清水富美加が出家すると決心した宗教は、『幸福の科学』です。

『幸福の科学』は、日本発祥の宗教団体です。世界100カ国ほど会員組織があり、
英語では『Happy Science』と言われています。

創始者は全知全能の神?

創始者である大川隆法総裁は、宇宙を創造したエルカンターレという全知全能の神とのこと。

仏道修行として、欲望や迷いなどの煩悩を断ち・物事を悟り得を積むというように根本的な部分は仏教となっているようです。

公式サイトを見てもおかしな点はあまり見られず、何かに救いを求める人が多い世の中ですから、信者が増えるのもおかしくはないのかも知れませんね。

私は、宗教自体を批判する気持ちはないのですが、普段の生活の中、ちょっとした心の支えとなり、本人が幸せに暮らせていけばそれでいいと感じています。

何かしらの趣味や楽しみを持ち、ストレス解消する程度の宗教活動は、信仰している人にとってマイナスにはなりません。

ですが、宗教に入る事によって、必要以上にのめり込んだり・高額なお金を遣ったり、他の人をひつこく勧誘にするなど、そういった行為はやはり「洗脳」の悪影響ではないかなと思います。

それにより、家族や友人などの人間関係の亀裂が入るとなると、本末転倒ですよね。

大川隆法総裁は、守護霊と交信し言葉を伝えると言われており、本人は全く関係ないようですが星野源の守護霊とのチャネリングの本なども販売されています。

そこまで強制ではないようですが、本やビデオ・お布施などで高額なお金を使っている信者もいるのだとか。

清水富美加は選ばれた人間?

『出家』とは、信者を指導する立場になる特別な存在だそうです。

大川隆法総裁に選ばれたごく一部の人しか『出家』はできず、清水富美加は選ばれた存在だったということですね。

彼女が芸能人で影響力があるから選ばれたとも考えられます。

以下、清水富美加の直筆メッセージです。

【比較画像】清水富美加が太った!!理由は?現在の身長と体重

『幸福の科学』の広報担当者は、「救済活動の一環として、人道的な映画には出演する。引退ではない」と説明しているようです。

性の儀式?

清水富美加が『幸福の科学』へ関わっていたのは、両親の影響であったと言われています。

両親が『幸福の科学』の信者だったということにより、子どもが影響を受けるというのは当然の経緯です。

2012年7月の週刊文春では、こういった報道がされています。

ある女性の守護霊は釈迦の妻『ヤショーダラー姫』であり「大川隆法総裁を肉体的に癒して差し上げるように言っている。」と、肉体関係を迫ったのだとか。

ですが、その後大川隆法総裁の娘の守護霊が『ヤショーダラー姫』と言っていたことで不審に思い、一番弟子が告発をしています。

その他にも「性の儀式」の被害を受けた女性が多く存在しているとのことです。

これが本当なら、人の弱みに付け込んだ許せない行為だと思いますね。

清水富美加の告白本が発売!

清水富美加は、2月17日『幸福の科学』の出家本 『全部、言っちゃうね。』を発表・発売しました。

『全部、言っちゃうね。』

清水富美加はその本の告白本の中で、自身のデビューは、オーディションではなくスカウトが先だったと公開しています。

多くの芸能人や関係者などが、『それ言っちゃぁダメでしょう!?』と言っているようです。

芸能界では、スカウトが先で、箔を付けるためにオーディションに合格させることは、他の事務所も含めて珍しいことではないようです。

出典:www.asagei.com

これに対して、清水富美加の所属事務所は、こう表明しております。

このタイミングで清水富美加の書籍が出版されたことについては、誠に不可解であると言わざるを得ません。

この書籍には事実と異なる部分も多々含まれておりますが・・・

出典:www.huffingtonpost.jp

清水富美加 ⇒ 千眼美子

【比較画像】清水富美加が太った!!理由は?現在の身長と体重

出典:twitter.com

清水富美加は、出家後『千眼美子』という名を授かったようです。

本の名義も『千眼美子』という名で出版していますが、アマゾンなどでは売価よりも高値で販売されています。

5月までの芸能活動の契約を残し・破棄したまま、宗教への出家・引退となった彼女は、芸能界へ大きな影響を与えているのには間違いありません。

清水富美加のTwitterも『千眼美子』として、「清水富美加、本人です。まじです。」と新しく登録していますが、2月11日からツイートを始めたばかりが、現在フォロワー数は40万。

彼女のあるツイートが以下のものです。

力ある大人の怖い部分を見たら
夢ある若者はニコニコしながら
全てに頷くようになる。
そんな中ですり減って行く心を
守ってくれようとしたのは
事務所じゃなかった。

出典:twitter.com

『幸福の科学』公式HPでは、『女優・清水富美加氏の幸福の科学への出家について』の内容も更新されています。

清水富美加が、今後どうなるのかに注目が集まっています。

もし、清水富美加が洗脳状態にあるのだとすれば、早く解き放たれることを願いたいものですね。

今回は以上になります。最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。


ある意味洗脳?女性を虜になせる方法とは!?

もう恋愛で悩むのは終わりです!出会いを10倍に増やす横山恋愛アカデミー


病院には怖くていけない。でももしかして性病?気になったら自宅で誰にも知られずにできる検査。


[関連記事]



記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top