芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

浅田舞のスリーサイズがヤバい!現在の身長と体重は?

浅田舞のスリーサイズがヤバい!現在の身長と体重は?

浅田舞の巨乳とも言えるバストやスリーサイズは、以前より話題となっていました。

そして、舞台『煉獄に笑う』に出演する浅田舞の姿に注目が集まっています。

今回は浅田舞の噂の画像を交えながら、浅田舞のスリーサイズ・現在の身長体重について言及していきたいと思います。

いつもクリックしていただきまして、本当に励みになります。
人気ブログランキングへ

[スポンサーリンク]




浅田舞注目の美スタイル画像

浅田舞のスタイルが話題となったのは、この画像です。

浅田舞のヤバい美スタイル

舞台『煉獄に笑う』芦屋弓月役で出演させて頂くことが決まりました。

頑張りますので、よろしくお願いします!
本気で頑張りたい。そして楽しみ!

出典:浅田舞Twitter

2017年8月より公演が始まる舞台『煉獄に笑う』で、浅田舞は芦屋弓月という遊女役で出演。

浅田舞の豊満なバストと引き締まったウエストは、男性を魅了するだけでなく女性もつい目が釘付けになってしまうような、素晴らしいスタイルです。

浅田舞のヤバいスリーサイズ

浅田舞の美しいカップ画像

浅田舞は、浅田真央の姉でありフィギュアスケート選手でした。

しかし2008年を最後に、スポーツコメンテーターやタレント活動を行なっています。

浅田舞は、モデルやグラビア活動も行なっていますが、大変大きなバストは常に話題となっています。

しかし、浅田舞は2015年週刊朝日での記事内、林真理子との対談でこう語っています。

胸はまったくなかったんですけど、15キロ太ったときについたんです。

一回太らないと、胸は出てこないので。

浅田舞は一度太って胸に脂肪をつけた上で、胸だけ残して痩せたとも言われています。

浅田舞のスリーサイズは公表されていませんが、バストカップはおそらくFカップGカップはあるだろうと予想されています。

[スポンサーリンク]




浅田舞の現在の身長・体重

浅田舞は、身長163cm。体重は48kgと言われていました。おそらく、現在もそのくらいでしょう。

しかし彼女は、フィギュアをやめる直前は、上述したようにストレスにより15kgほど太っていたと言います。

そして、逆に拒食気味の時期もあり30kgぐらいまで痩せたこともあったのだとか。

浅田舞のスタイルを見れば、48kgより少ないようにも感じますが、彼女はフィギアで培った筋肉を持っています。

筋肉は脂肪より約1.2倍重いと言われています。浅田舞が見た目より体重がないように見えるのは、筋肉のせいだと言えるかもしれません。

もしくは、バストが大きいせいという可能性も考えられます。

浅田舞のバストの重さは?

浅田舞のバストカップ画像

バストのない女性からすれば贅沢な悩みと感じますが『バストが大きくて太って見えるから小さくしたい』と悩む女性も存在します。

瞬間SexyBodyを実感!

身長が低ければバストの大きさが余計に目立って、少しゆったりめの洋服を着ると太っているように見えるのは確かですね。

顔がぽっちゃりしていれば、なおさらです。

浅田舞は身長163cmあるので、太って見えるということはありません。しかし、彼女がもしBカップ程度なら現在よりももう少し痩せて見える可能性もあるでしょう。

浅田舞のバストはFカップだという予想がされていますが、Fカップのバストの重量はどの程度なのか?

バストは、皮下脂肪と乳腺で構成されています。

そしてFカップバストの重さは、おおよそ片胸で700~800gほどあると言われています。

Gカップだと約1kg。

両胸で1400g~2kgの重量があるわけで、Gカップで計算しバストがなければ体重48kg-2kg=46kgということになります。

胸の大きな方は、肩が凝ると言われるのも納得ですね。

浅田舞が恋人の存在を告白

浅田舞は、6月17日『メレンゲの気持ち』へ出演し、彼氏ができたことを公表しました。

「彼氏はできた?」と尋ねられ、「やっと・・・。28歳だから。」とコメント。

「自分の好きなタイプが分からなすぎて迷走中だったんです。

これまでも外見とか身長とかバラバラ。でも、自分が元アスリートなんで、筋肉がすごく好きで。特にお尻の筋肉がプリッとした人を見ると、ワ~ッってなっちゃいます」

ワクワクメール

やはり女性はアスリート限らず、男性の引き締まった筋肉には惹かれてしまいますね。

不仲だった妹とも、仲の良い様子を語った浅田舞は、ようやく自分の生きる道を見い出しイキイキとした様子でした。

今後も浅田舞が、大きく活躍してくれることに期待したいと思います。

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[関連記事]



記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top