芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

山口智子は若い頃から変わらない?昔と現在の身長と体重を比較!!

山口智子は若い頃から変わらない?昔と現在の身長と体重を比較!!

50歳を過ぎても、抜群のスタイルや若々しい雰囲気・飾らないキャラクターで女性からの人気も高い山口智子(やまぐちともこ)。

最近では、浄水器などを手掛けるタカギのTVCMにも抜擢。爽やかさ、清潔感が山口智子のイメージにピッタリです。

今回は山口智子の昔と現在の身長・体重について、若い頃の画像を交えながら言及していきたいと思います。

[スポンサーリンク]




山口智子の若い頃と現在の比較画像

山口智子と言えば22年前、豪華なキャストで人気となったドラマ『ロングバケーション』。

『ロンバケ放送日の月曜日はOLが街から消える』と言われるほどの人気ぶり。ピアノを習い始める男性が急増するなど、社会現象を巻き起こしました。

2018年キムタク主演『BG~身辺警護人~』での共演が発表され、山口智子と木村拓哉の【ロンバケコンビ復活】が話題となっています。

こちらの山口智子をご覧ください。

22年前の『ロングバケーション』と2018年『BG~身辺警護人~』の木村拓哉と山口智子のビフォーアフター画像

  • 左before画像は、1996年『ロングバケーション』の山口智子
  • 右after画像は、2018年現在の山口智子

22年の時を経ているとは思えません。山口智子は、なんとこの美しさで53歳。年齢を重ねて、衰えるどころかむしろ美しくなっています。

木村拓哉のかっこよさも変わっていませんね。

山口智子の『BG~身辺警護人~』のゲスト出演は、本日22日と3月1日となっています。

ちなみに『ロングバケーション』で有名な山口智子と木村拓哉のキスシーン。台本にはキスシーンがなく、木村拓哉のアドリブだったと言われています。

のちに木村拓哉は、こう語っています。

「ロンバケの初顔合わせで、山口さんにドキュンと魂を撃ち抜かれました。あの時は本気で好きだった。」

共演者に対して本物に恋してしまったからこそ、『ロンバケ』は今もなお受け継がれる名作に仕上がったのでしょう。

山口智子の現在の身長・体重は?

山口智子のモデル時代と現在のスタイル比較画像

山口智子の身長は170cmです。意外にも背が高いですね。そして体重は公表されていません。

女性としては高身長な山口智子は、そのスタイルの良さを生かしモデルをしていたこともありました。

170cmと言えば、小雪榮倉奈々松嶋菜々子江角マキコなどと同じ身長です。

170cmのモデル体重は55kg前後と言われていますが、小雪の体重は48kgと言われています。おそらく、スタイルのいい山口智子も50kg前後だと考えられるでしょう。

山口智子は、スタイルだけではなく美しい肌にも注目されています。

山口智子の昔から変わらぬスタイルキープの秘訣は?

22年前の『ロングバケーション』と『植物幹細胞コスメ リッツ』CMの山口智子のビフォーアフター画像

  • 左before画像は、22年前の『ロンバケ』の山口智子
  • 右after画像は『植物幹細胞コスメ リッツ』CMの山口智子

山口智子の、50代にしての美貌。昔から変わらぬスタイルキープの秘訣はどういったものなのでしょうか。

山口智子は、2015年4月1日『TOKIOカケル』に出演した際食事についてこう語っています。

「食べたい時に食べたい物を、食べたいだけ食べる」

しかし、ただやみくもに好きなだけ食べるのではありません。

「食べる前に真剣に自問自答する。」

山口智子は、自分が本当に食べたいものか・自分の体が欲している栄養素か・食べてもよい時なのかなど体に尋ねているのでしょう。

太ると思えば、食べるのを我慢しているはず。でなければ、あれだけのスタイルは維持できません。

また山口智子は室内でウォーキングマシンを使って、毎朝30分のウォーキングを行なっていると語っています。

適度な運動をし、必要な食事かどうかを考える。特別なダイエットではありません。

無理のない程度にできる地道な取り組みが、山口智子の体重維持につながっているのでしょう。

[スポンサーリンク]




山口智子の美しさの要

若い方は、山口智子の旦那さんが唐沢寿明だということを知らないのではないでしょうか。

山口智子は、NHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』の共演がきっかけで、唐沢寿明と結婚しています。

そして、アラサー向けの調査【子どものいないのは意外だなと思うおしどり夫婦】で1位を獲得。

  • 1位:山口智子・唐沢寿明 
  • 2位:イチロー・福島弓子
  • 3位:山瀬まみ・中上雅巳 
  • 3位:古田敦也・中井美穂 


あのイチロー夫婦を抑えて、堂々の1位に輝きました。

山口智子ような体型は女性の憧れですが、モデル時代スラリとしたモデルが多い中、がっちりとした骨格や丸顔に悩んでいたのだとか。

しかし山口智子は、唐沢寿明の「丸顔じゃなきゃダメ」という言葉に元気づけられたといいます。こんなふうに思ってくれる旦那さん、素敵ですね。

自分のコンプレックスが、人にとっては好きな場合だってあります。

コンプレックスを感じているより、自分の良い面を磨く意識を持つと、女性はより美しさを増します。

  • 脚が太くて悩んでいても、ロングスカートで下半身を隠し、上半身や小顔を強調させる
  • バストの小さい悩みを持っていても、ぴったりとしたボトムを履いてウエストのくびれやヒップの美しさに自信を持つ

乃木坂の高山一実も、そのように自信のある部分を見せるようにする前向きな気持ちがスタイル維持の秘訣と語っています。

この世の中にコンプレックスのいない人など、1人だっていないのです。

山口智子は夫の言葉で、自分の本当の美しさを開花できたのかもしれませんね。

ロンバケの頃から比べても、変わらぬ美しさの山口智子。石田ゆり子の美しさが再ブームを巻き起こしているように、またあの頃のようなドラマでの活躍に期待したいと思います。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[関連記事]



記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top