向井理の現在の身長・体重、スタイルについて

向井理のスタイル筋肉画像

アラフォーになっても、その端正なルックスとスタイルには全く衰えが見られない向井理(むかい おさむ)。

若手イケメン俳優の代表格でもあった向井理も今年2019年で早、37歳。

2014年には女優の国仲涼子と結婚し、一時はその人気に陰りが見られました。

しかし、最近では悪役など新たな役柄にもチャレンジし、その演技と存在感が再評価を受けています。

今回は、そんな向井理の現在の身長・体重やスタイルについて言及していきたいと思います。

目次

向井理のスタイル

向井理の現在の身長は?

2006年『のだめカンタービレ』24歳当時と、2019年12月『約束のステージ 〜時を駆けるふたりの歌〜』現在37歳の向井理のビフォーアフター画像

  • before画像 : 2006年ドラマ『のだめカンタービレ』24歳の向井理
  • after画像 : 2019年12月『約束のステージ〜時を駆けるふたりの歌〜』現在37歳の向井理

 

向井理の身長は、公式プロフィールでは182cm。

身長サバ読み疑惑や、逆サバ疑惑もあるようですが、男性の高身長は誰もが憧れるもの。

向井理が、身長をサバ読んだところで無意味のため、公表通りで間違いないと考えてもいいでしょう。

『約束のステージ〜時を駆けるふたりの歌〜』では、向井理の乱れた髪と無精髭に話題が集まりました。

小顔で洗練されたイケメンの向井理は、何をしても『綺麗』のイメージは崩れないようですね。

さらに、向井理の歌声にも注目が集まり、『声が好きな若手俳優』のトップに選ばれています。

向井理の現在の体重は?

向井理の体重は、およそ67kgほどだと考えられます。

向井理は2015年にドラマ版『永遠の0』のインタビューで、通常体重は約67kgだと明かしました。

『永遠の0』の撮影のため、1ヶ月で8kgもの減量をした向井理。撮影当時59kgにまで体重を落としたのだとか。

時代背景が戦争中のため、睡眠を削り目の下にクマを作るため徹夜をし、幻覚を見るほどだったと語っています。

最終的には「水と塩だけしか食べていなかった」「健康的じゃない生活をしていました」

体調を崩し、すぐには体重が戻らなかったと語っていますが、さすがにそこから時間が経っていますし、現在では体重も戻っているでしょう。

 

その年以降、向井理が自身の体重について言及している事実は見つかりませんでした。

さらに、その後も体型が特別変わったと感じさせたり、向井理が”太った”と言われることはありません。

以前のように”イケメン主役”こそなくなったものの、現在でも『二枚目俳優』としての役回りを期待されている向井理。

見た目や体型で”劣化”などと言われないように、日ごろから体重などの管理には気を付けているのでしょうね。

ちなみに、映画版『永遠の0』では、主人公・宮部久三を岡田准一が演じています。

[スポンサーリンク]



向井理のスタイル維持法は?

向井理は、身長だけでなくスリーサイズも、公式プロフィールで公表しています。

  • 胸囲 : 87.5cm
  • ウエスト : 73cm
  • ヒップ : 88cm
出典:HORI AGENCY

 

女性がうらやむほどのスタイルですね。

向井理のスタイル筋肉画像

  • before画像 : 2009年「an・an」当時27歳の向井理
  • after画像 : 2016年ドラマ『紙の舌を持つ男』当時34歳の向井理

 

向井理は、あまり筋トレを行わないのだとか。

2015年、明治乳業のイベントで体型維持について以下のように話しています。

「筋トレをすると体が大きくなってしまって、役に合わなくなってしまうので、あまりやらないようにしているのですが、インナーマッスルを鍛えたり、柔軟は表に出てこないので、日々やっていますね」

 

向井理は、役に合わなくならないように体型管理を行なっているんですね。

『高身長の優男(やさおとこ)』というイメージを守るためでしょうか。

筋トレによって「ゴツくなる」というイメージを持っている女性も多いでしょう。

向井理のように、インナーマッスルを鍛える体幹トレーニングや柔軟を行えば、華奢なスリム体型を目指せます。

イケメン向井理の活躍

中学・大学・現在37歳の向井理ビフォーアフター画像

  • 左画像 : 1997年、中学卒アル15歳の向井理
  • 真ん中画像 : 2002年、『Men’s egg』にカットモデルで登場した大学生の向井理
  • 右画像 : 2019年4月放送予定のドラマ『わたし、定時で帰ります。』現在37歳の向井理

地元神奈川の高校を卒業後、明治大学に進学した向井理。

卒業後はバイト先のカフェバーにそのまま社員として就職したものの、雑誌掲載がキッカケでスカウトされ芸能界入り。

俳優としてデビューした年、ドラマ『のだめカンタービレ』で早くも注目され、その後は若手イケメン俳優の向井理としての地位を確立させました。

ちなみに、妻である国仲涼子がNHK朝ドラ『ちゅらさん』で大ブレイクしたのは、向井理がまだ大学生の頃。

そんな国民的朝ドラ女優も、今では”向井理の嫁さん”であり、誰も向井理を”国仲涼子の旦那とは言いません。

向井理が、それだけ俳優としてのキャリアを積んできた証拠ですね。

国仲涼子は2歳年上の”姉さん女房”ですが、向井理は自らが”亭主関白”を自称する「俺についてこい!」タイプの性格なんだそう。

優男で”フェミニスト”系のイメージが強かったので、意外と言えば意外です。

向井理夫婦にまだ子供はいませんが、結婚して5年目に入りますし、そろそろ”おめでた”の報せが聞こえてきても不思議ではありませんね。

今年(2019年)に入ってからは、土屋太鳳・百田夏菜子主演のドラマ『約束のステージ』で元歌手のクズな男を演じた向井理。

単なるハンサムではない一癖ある配役も多く、俳優として”一皮剥けた”という向井理の評価につながっています。

また、2月にはぐるナイの『ゴチになります!』で、以前から”似ている”と言われ続けてきた田中圭と共演。

『おっさんずラブ』でブレイクした田中圭との”30代イケメン”共演は話題となりました。

なお、今後の向井理のスケジュールは以下になります。

  • 4月からの連続ドラマ『わたし、定時で帰ります』(主演:吉高由里子)
  • 6月公開予定の映画『ザ・ファブル』(主演:岡田准一)
  • 7月公演予定の舞台『美しく青く』(田中麗奈・大倉孝二・大東駿介・横山由依など)

 
アラフォーとなっても、そのハンサムに衰えが見えない向井理に、今後も注目していきたいと思います。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。