福島弓子が昔と変わらずキレイ!!現在の身長・体重、スタイルについて

2001年2010年2012年福島弓子のスタイル比較画像

2009年3月、27年間の現役生活を日本の地で終えたイチロー。

引退会見の翌日、シアトルに戻るイチローの傍らには、夫人である福島弓子(ふくしま ゆみこ)の姿が。

福島弓子がニュース映像や画像で流れると、昔と変わらずキレイだと話題になりました。

今回は、”孤高の天才打者”を20年間支え続けた福島弓子の、現在の身長・体重・スタイルについて言及します。

目次

福島弓子の現在の身長・体重は?

1999年12月結婚会見と、2019年の福島弓子ビフォーアフター画像

  • before画像 : 1999年12月 結婚会見での福島弓子
  • after画像 : 2019年3月 成田空港での福島弓子

福島弓子の現在の身長

福島弓子の身長は、TBS在籍時のプロフィールによると163cm。

ただし、福島弓子は現在アラフィフ、53歳です。

1989年24歳の頃ですから、もしかすると1cmほど縮み162cmになっているかもしれませんね。

ある病院の医師が執筆した健康コラムによると、「40歳以降平均すると10年で1センチ縮みます」(社会医療法人同人会耳原鳳クリニック「健康雑記帖2014年」より)とのこと。

 

加齢によって身長が縮むのは、以下の3つなのだとか。

  • 背骨の椎間板の水分量の減少
  • 背骨の圧迫骨折や背骨の変形
  • 生活習慣による不良姿勢

悪い姿勢は、ダイエットにとっても、悪影響を及ぼします。

正しい姿勢で行うトレーニングが、よいスタイルへ導きます。

福島弓子の体重は?”ステージ4のがん”は嘘

現在の福島弓子の体重は、公開されていないためわからない状態です。

福島弓子の身長が変わっていないと過程し、身長163cmのBMI値による適正体重は58.45kg、美容体重は53.14kgです。

福島弓子の顔を20年前と比べると、少し痩せたようにも見えます。

アラフィフにもなり、かつ、太っていない人の場合、骨格などのタイプによっては、頬が少しこけるのは珍しくありません。

一時期「福島弓子はステージ4のがんなのでは?」などという噂もありましたが、何の根拠もないゴシップだったと言われています。

推測ですが、福島弓子の”顔やせ”に関しては、加齢が原因の一つなのではないでしょうか?

福島弓子の現在の体重は、身長163cmの美容体重の目安である52〜54kgくらいではないかと推測します。

[スポンサーリンク]



昔と変わらずキレイな福島弓子の美の秘訣

2001年2010年2012年福島弓子のスタイル比較画像

  • 左画像 : 2001年7月の福島弓子
  • 真ん中画像 : 2010年7月MLBオールスターパレードの福島弓子
  • 右画像 : 2012年3月のMLB開幕戦レセプションの福島弓子
  •  

彼女は現在、”イチロー夫人”である「鈴木弓子」という一般人。

1999年にTBSを退社してからは、イチローの考えもあり、メディアの前に姿を現すことはほとんどなくなりました。

私たちが彼女の姿を目にすることが出来るのは、イチローと一緒にカメラの前に姿を現す時か、ときおりスタジアムでイチローの試合を観戦している時くらい。

さらに、ここ数年はイチローが以前のようにMLBオールスターに出場しておらず、パレードやレセプション同伴などで、体型が分かるような服装での最新画像も存在しません。

そのため、35歳〜46歳当時の福島弓子の画像から、彼女のスタイルを考察してみます。

まず左画像ですが、福島弓子がTBSを退社して2年後、35歳の画像です。

これを見ると、女子アナ当時とほとんど変わらない体型を維持していたと想像されます。

次に44歳と46歳の福島弓子をよく見ると、女子アナ当時と比較すると本当にわずかながら、ウエスト周りが太ったようにも感じられます。

ただ太ったというよりは、どちらかと言えばアメリカでの生活に順応したと見るべきではないでしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが、欧米では日本よりも「健康」という面を非常に重要視しています。

日本では依然として、とにかく痩せていることを美徳として捉えている面がありますが、欧米では何よりも「健康」が最優先。

『太る』のは健康を害するとして害悪とされますが、『痩せすぎ』も同じくヘルシーでは無いのです。

実際、アメリカの一般セレブ女性には、あまり太っている人はいませんが、いわゆる”ガリガリ”な人もいないように思います。

欧米では「健康」であることも、セレブとしての一つの証明のようなものなのです。

福島弓子が、イチローと共にアメリカに拠点を移して18年。

アメリカ社会において、イチローがMLBスーパースターのセレブであると同時に、福島弓子も長期間、MLBの夫人会などでセレブ夫人たちとの交流を続けています。

“郷に入れば郷に従え”というように、福島弓子のライフスタイルもアメリカ式に変化している部分があるのではないでしょうか?

福島弓子が美しいスタイルを維持する基準は、『痩せすぎないように心掛けている』からかもしれません。

イチローのスケジュールを完璧に把握し、予定に合わせて健康料理を作り続けていたという福島弓子。

参考:女性自身

 

いかにすれば健康でいられるのかを計算できる彼女だからこそ、昔と変わらずキレイでいられるのでしょう。

ダイエットだからといってカロリーを控えすぎたり、糖質を摂らず栄養バランスが崩れれば、本当の意味での『美しい体』にはなれません。

福島弓子の今後について

TBS在籍時の福島弓子と2016年の比較画像

  • before画像 : TBS在籍時の福島弓子
  • after画像 : 2016年7月の福島弓子
  •  

NHKアナウンサーだった姉の福島敦子と共に、姉妹で全国区の人気女子アナという非常に稀な存在だった福島弓子。

姉妹共に非公表にしていますが、実家は島根県松江市にある、創業150年という歴史ある造船会社と言われています。

TBS入局後はプロ野球界とも交流が深くなり、現日本ハム監督の栗山英樹とは、一時は”結婚間近”と報じられる仲でした。

イチローとはラジオ番組での共演から知り合い意気投合。

TBSがインタビューを行う際、イチローは必ず福島弓子を指名したそうです。

2001年、イチローと共に渡米した後は主婦として支えつつ、イチローの資産運用会社を経営。

イチローがニューヨークヤンキースに移籍するまでは、シアトルで高級美容サロンも経営していました。

夫妻には子供はいませんが、”子供代わり”とも言われている愛犬・一弓(いっきゅう)の存在は有名です。

27年間のプロ野球人生に別れを告げたイチロー。

引退会見の際、試合の日は欠かさずおにぎりを握ってくれたエピソードを披露し、福島弓子の妻としての献身ぶりが再認識されました。

彼女の今後については、イチローが引退したばかりの現在、その詳細は不明です。

しかし、今後もアメリカでの生活が確実視されていますので、落ち着いたらまた、以前のように何らかのビジネスを手掛けるのかもしれません。

イチローと共に、福島弓子の今後に注目したいと思います。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。