芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

超短期ダイエット!10日間で10kgの減量に成功した私の体験話

超短期ダイエット!10日間で10kgの減量に成功した私の体験話

短期間で痩せるダイエットを、誰もが望みます。

食べることを我慢したり、キツい運動をずっと行いたくありませんし、1日も早く美しい容姿になりたいと思うのは当然ですね。

今回は、ある男性が20代の頃、たった10日間で10kgものダイエットに成功した体験談をご紹介します。

極端な食事制限をせずに3カ月で10キロ痩せた女性の体験談は、以下でご紹介しています。
アラサーの私が3ヶ月で10キロ痩せた方法について

いつもクリックしていただきまして、本当に励みになります。
人気ブログランキングへ

[スポンサーリンク]




「思い切り」と「若気の至り」でのダイエット

ドカ食いする男性

私は男性で現在50歳、介護施設でデイサービスを利用する高齢者の方を対象に機能訓練をする仕事に就いております。

普段の生活はさすがに若いころに比べ食も細り、ドカ食い、メガ食いなどは出来なくなりました。

現在は、1日3食を1800キロカロリーで抑えるような生活を送っております。

私が紹介するのは20歳頃の学生時代に行ったダイエットで、10日間で10kgに成功したというものです。

ただし全てが成功に至った訳ではありません。そのせいで、大学の4年間で8回ほど行った訳ですが、その失敗も含めてお話します。

[スポンサーリンク]




10日で10kg痩せた方法

10日で10kg痩せた方法の基本的なやり方は、ごく単純なもので、食事の摂取量を抑えたダイエット法でした。

10日間の食事

  • 1日目:3食の食事の昼御飯を抜き、朝晩の2食
  • 2日目:朝晩の2食の晩御飯を抜き、朝御飯のみ
  • 3日目:全ての食事を抜き、朝晩カロリーメイト1箱ずつ
  • 4日目:3日目と同様
  • 5日目:3日目と同様
  • 6日目:朝のみのカロリーメイト摂取
  • 7日目:6日目と同様
  • 8日目:6日目と同様
  • 9日目:食事の摂取は止めて、水のみの摂取
  • 10日目:9日目と同様

我慢することに自信のあった私は、この自己流のプログラムでダイエットを行ないました。

ウォーキング

もともと肥満体質で、90kgに体重が差し掛かった際に実施した訳なのですが、ウォーキングなどを取り入れたのも効果が表れた理由です。

当時、学生寮が東京の杉並区荻窪という処にあり、最寄り駅である荻窪駅まで徒歩20分。

往復通学で40分のウォーキングを行なっていたことは、大きな成功の秘訣だったと言えます。

運動なしで劇的に痩せることは、まず不可能だと言えるでしょう。

10日間で必ず痩せるという意識

痩せることを信じる心がダイエット成功の秘訣

もう一つの成功の要因は、歳も若く代謝も良かった事もありますし、必ず10日間で痩せてみせるという信じる心を持っていたことでした。

痩せることを信じていなければ、ほぼカロリーメイトだけの生活を行うことはできなかったでしょう。

90kgに近い体重は、身長173センチの私には間違いなく過体重です。

絶対痩せて、カッコ良いスタイルになってやる!と、それだけを考えて行いました。

やはり何をするにも、やる気を持つ事は大切です。

10日間ダイエットの秘訣

10日間ダイエットを成功させる秘訣が2つあります。

自分にご褒美をあげる

成功した暁には、自分に何らかのご褒美を用意することです。

  • それまで我慢していたケーキを食べる。
  • 欲しかった洋服を買う。

ただ決して痩せたからと言って、ダイエットが終わった翌日に好きなだけ食べることだけはしてはなりません。

なぜなら、そのたった1食だけで2~3kg簡単に戻ってしまう可能性もあるからです。

上述した食事メニューを徐々に戻していく必要があります。

色々なバリエーションで行う

現代では、栄養素の面においては固形のカロリーメイトだけでなく、ゼリータイプに飲料タイプ・グリーンスムージーなどの置き換えダイエットも多くあります。

グリーンベリースムージー

私は、カロリーメイトのみで行なっていましたので、すぐに飽きてきてしまいました。

バリエーション豊富にし、味に変化を付けるだけでも、頑張って継続できると感じました。

10日間ダイエットの落とし穴

私の性格上、長期戦が得意ではなかったので、短期間で一気に努力しようと思いました。

さらに、80kgになった体重をもっと落としたいと思い、まだ前回ダイエットから1ヶ月も経たないうちに実践してしまいました。

結論から言えば、10日間ダイエットを連続して行ってもあまり効果は上がりません。さらに栄養不足になってしまうことによって、途中で体調不良に陥ってしまいます。

ならばと、第1弾で運動強化と称した通学のウォーキングだけでなく、ダンベルを購入して筋トレを行うなどもしました。

でも完全にバランスを崩して6日目くらいで、心臓バクバクになって死に目に会い、即刻中止などという失敗もありました。

これらの反省から、第2弾のチャレンジは最低でも半年・1年後に行なっていく必要があると実感したのです。

人が痩せても良い体重は、1か月に体重の5%であると言われています。

それをたった10日間で10kgも減量するのですから、体になんらかの悪影響が出るのは当然なのです。

10日間ダイエットよりも良い方法

ダイエットも「急がば回れ」

短期間での実施を希望されている方であっても、10日間ダイエットをできるのは、基礎体力がある20代後半までですかね。

また体調優先が原則なので、体調不良を感じた時点で即刻中止が実施に際する基本です。

私自身が実際成功したダイエットプログラムとしてお話を進めて参りましたが、失敗談も含めてリスクもあり、その時点その時点での自己管理を出来る事が大変重要になります。

完全に私が行なった食事内容ではなく、現在過食の自覚があるなら、食事量を8割に抑え10日間継続してみるだけでも、効果はあるでしょう。

思った成果が10日間で得られなければ、食事量を6割減少させる・運動を増加させるなどして、徐々に調節を加えていくと良いと思います。

痩せるというゴールが多少遠く感じても、健康をキープし心身への負荷も少なくするやり方が、減量への近道だと言えるでしょう。

急がば回れという事です。

この男性のように10日間のプログラムではなく、3日・4日のファスティングを繰り返す方法は、misonoが行なっています。misonoが激太りから激変!!現在の体重と気になるダイエット法は?

運動を取り入れつつも、それ以外の日には必ず栄養バランスを考えた食事をすれば、体をリセットするという意味で良いのかも知れません。

尚且つ自分に合ったダイエット法を選択することが重要です。

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[関連記事]



記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top