芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

体幹トレーニングはどういう効果があるの?鍛えても意味がない?

体幹トレーニングはどういう効果があるの?鍛えても意味がない?

体幹トレーニングはどういう効果があるのですか?

ダイエットQ&A質問

「体幹トレーニング」と言うけれど、体幹を鍛えるとどういった効果があるのですか?
 
「意味ない」とも聞きますが、ダイエット効果はあるのですか?
 

ダイエットQ&A回答

体幹トレーニングは、ダイエットに効果てきめんです。
 
体幹トレーニングは、体のコアの部分が鍛えられ、美しいスタイルの土台作りになります。
 
なんと、太りにくく痩せやすい体を作り出すのです。
 

[スポンサーリンク]




体幹トレーニングのダイエット効果

体幹トレーニングをしても意味がない?と考えている女性の画像

体幹トレーニングは、ダイエットを成功させたい方には最適のトレーニング。

なぜなら、体を動かす芯(コア)の体幹(胴体)が鍛えられると、さまざまな効果が得られるからです。

  • 姿勢がよくなり、綺麗なボディラインが作られる
  • 代謝向上で脂肪燃焼・カロリー消費しやすく、太りにくく痩せやすい体質になる
  • 内臓の位置が正され、血流向上・便秘解消・むくみやぽっこりお腹が改善される
  • 体内が健康になるため、アンチエイジング効果となる

 

カロリー消費・脂肪燃焼効果

体幹トレーニングで鍛えられる場所は、胴体のインナーマッスルやアウターマッスルです。

どちらの筋肉も、美しい体型には欠かせないもの。

体幹トレーニングによって筋肉が鍛えられると、カロリー消費・脂肪燃焼は数段高くなります。

同じ運動量でも、筋肉の発達によって、カロリー消費量に違いが出ます。

筋肉と脂肪の基礎代謝は、以下の数値だと言われています。

  • 筋肉1kgの消費カロリー:13kcal
  • 脂肪1kgの消費カロリー:4kcal

 

じっとしている時のカロリー消費にもかかわり、少しくらいの食べ過ぎでも、体幹を鍛えているのといないのでは大違い。

『たった9kcal』の違いと思いきや、もし仮に1分間に9kcalの違いとすれば、1日で12960kcalの違いがあるという計算になりますね。

食事何食分もの違いが出てしまいます。

体幹トレーニングが、太りにくく痩せやすい体質にするのは間違いありません。

[スポンサーリンク]




ぽっこりお腹を改善し美しいボディラインをつくる

30代40代で気になリ出す『痩せているのにお腹だけがぽっこり状態』も体幹トレーングが改善してくれます。

『骨盤ダイエット』の効果も、骨盤周りを正すことから得られる恩恵ですね。

体幹トレーニングは、内臓や骨を正しい位置に戻す効果で綺麗なスタイルにしてくれるのです。

さらに筋肉が鍛えられるとボディラインが引き締まるため、たとえ同じ体重だとしても明らかに差が出ます。

体幹(胴体)が鍛えられると、手足や首・顔などの見た目にも違いが出てきます。

弱った幹から出る枝は、青々とした葉を作り出せませんね。

人の体も全く同じ。体幹(胴体)トレーニングは、ウエストやヒップラインはもちろん二重アゴまで改善する効果があります。

アンチエインジング効果

加齢による老化は、体全体にさまざまな影響を及ぼしていますね。

  • 血流やリンパ液の流れがスムーズにいかなくなる
  • 脂肪や老廃物が蓄積する
  • 肌はたるみ、ハリがなくなる

 

これらは、全て内臓にかかわっています。

内臓の位置が正されれば、体内の健康を取り戻せます。美容のもっともの要は健康ですね。

つまり体幹トレーニングは、美容に関係する全てに対してプラスの効果があるのです。

中年になれば、体型だけではなく肌の衰えも気になりますね。

アンチエイジング対策として、高額な美容液を購入する方もいるでしょう。

それよりもまず行う体幹トレーニングが、一番のアンチエイジング対策と言えます。汗が、天然の美容液の役割を果たすメリットも加わります。

いくら外側からの対策を行なっても、体の内部が健康でなければ、本当の美しさは手にはいりません。

体幹トレーニングは、一番基礎的な運動法であり、ダイエットをする方には必ず必要なトレーニング法なのです。

中年になると必ず必要な体幹トレーニング

中年になると、おのずと筋肉量は衰えてきますね。

若い頃と同じように考えていては、どんどん中年太りへまっしぐら。

見た目や体重だけにこだわって、食事制限だけのダイエットをすれば、脂肪と同時に筋肉も落ちます。

ですから、食事制限をやめたとたんリバウンドしてしまい、太りやすい体質へなってしまうのです。

リバウンドしないダイエットをしたい方に絶対必要なトレーニングが、体幹トレーニングと言えるでしょう。

[関連記事]



記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top