芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

ぽっこりお腹の落し方は皮下脂肪と内臓脂肪で違う!?意外に知らない脂肪の見分け方

ぽっこりお腹の落し方は皮下脂肪と内臓脂肪で違う!?意外に知らない脂肪の見分け方

男女関わらず大敵である脂肪。脂肪は脂肪でも、【皮下脂肪】と【内臓脂肪】ってどう違うのだろう?

そう考えたことはありませんか?

今回は【皮下脂肪】と【内臓脂肪】の違いを、解説していきます。

[スポンサーリンク]




皮下脂肪と内臓脂肪の違いって何?

ダイエットQ&A質問

中年になってどんどん太りやすくなってきてしまいました。

そこで疑問が浮かびましたが、皮下脂肪と内臓脂肪の違いって何ですか?

また皮下脂肪と内臓脂肪を、見分ける方法はありますか?

ダイエットQ&A回答

皮下脂肪と内臓脂肪の違いを簡単に言うと、体外と体内の脂肪の違いです。


そして、皮下脂肪と内臓脂肪を見分ける方法はあります。解説いたしましょう。


【皮下脂肪】と【内臓脂肪】の違い

【皮下脂肪】と【内臓脂肪】の違い

同じ脂肪でも、つく場所が違う【皮下脂肪】と【内臓脂肪】。

内臓脂肪と聞いて一番に思う浮かぶのは『中年男性』でしょうか。

皮下脂肪

皮下脂肪は、皮膚の下の皮下組織に貯まる脂肪のことを言います。

皮下脂肪は、女性がもっともスリムになりたいと願う場所、太ももやヒップなど下半身につきやすくなるのが特徴です。

下半身に皮下脂肪がついた体型は『洋ナシ型肥満』と呼ばれています。

女性に皮下脂肪がつきやすのは、授乳期時のたくわえであると言われています。また、大切な子宮を守るためにつきやすいとも考えられているのだとか。

皮下脂肪は一度落ちると、なかなか落ちにくい脂肪でもあります。

内臓脂肪

一方内臓脂肪は、お腹の中の腸間膜と言われる箇所につく脂肪のことです。

内臓脂肪がつくことによって、お腹まわりが太くなる体型は『リンゴ型肥満』と呼ばれています。

内臓脂肪量は、メタボリックシンドロームの診断基準として使われており、生活習慣病などさまざまな悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

内臓脂肪は、皮下脂肪と違って比較的落としやすい脂肪です。

【内臓脂肪】がつく隠れ肥満

皮下脂肪は皮膚下につく脂肪のため、見た目だけでわかりますが、内臓脂肪は見た目だけではわかりません。

とはいえ『太ってしまう』原因である、運動不足やカロリーの過剰摂取などの多くが、皮下脂肪も内臓脂肪もつけてしまいます。

したがって、見た目が太っている方は内臓脂肪もついている可能性が高くあります。

しかし他の箇所はスリムなのに対し、お腹だけがぽっこり出てしまっている状態は、多くが内臓脂肪がついていると考えても良いでしょう。

いわゆる『隠れ肥満』と呼ばれるものですね。女性に多い肥満体型です。

太っている方が食事制限だけのダイエットに挑戦し細くはなったが、引き締まっていないし、お腹は出たまま・・・『内臓脂肪を減らすことができていない』可能性は十分に考えられます。

[スポンサーリンク]




【皮下脂肪】と【内臓脂肪】の見分け方

【皮下脂肪】と【内臓脂肪】の見分け方

【皮下脂肪】と【内臓脂肪】を見分けるには、きっちりと病院で検査診断をしてもらうのが、もっとも確実にわかる方法です。

しかし、簡単に見分けることができます。

お腹に力を入れて内臓脂肪チェック

まっすぐに立った状態で、お腹に力を入れ、お腹の肉をつかんでみて下さい。

この時つかんでいる肉は皮下脂肪です。

そして、そのつかんだ部分よりもお腹がぽっこりと出ているのなら、それが内臓脂肪です。

また、皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が、つかんだ時に痛みを感じます。

寝転んで内臓脂肪をチェックできる?

仰向けに寝転ぶと、お腹がへっこみます。この状態でもお腹が出たままだとすれば、内臓脂肪が多いという診断の仕方があると言われていますね。

中年の女性で『ウエストサイズのきついジーンズを穿くとき、起きたままでは穿けないため寝転んで穿いている』という話も聞いたことがあります。

笑い話ではありますが、重力とともに内臓の位置が変わることにより、お腹がへっこんでいるだけなので、正しい見分け方とは言えません。

内臓脂肪の悪影響

上述しましたように、内臓脂肪は健康に大きな悪影響を及ぼします。

  • 血液中の糖質を増加させ、血糖値を上昇させる
  • 血液中の中性脂肪・コレステロールを増加させる
  • 血圧の上昇を招き、高血圧からさまざまな病気へつながる


専門的なことを断言することはできませんが、内臓脂肪がこういった生活習慣病につながるリスクは、誰でもご存知でしょう。

そのため、内臓脂肪を減少させる必要があるのです。

そして多くの女性が悩むぽっこりお腹は、内臓脂肪がついている可能性が高くあります。

ぽっこりお腹を改善するためにも、内臓脂肪を減らすに越したことはありませんね。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[関連記事]



記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top