芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

30代の子持ち主婦におすすめのダイエット方法は?

30代の子持ち主婦におすすめのダイエット方法は?

30代の主婦がダイエットをしようと思ったとき、子供がいるためにジムやエステなんかにはなかなか通えませんよね。そんな理由でダイエットを諦めてしまっている方はいませんか?

30代の子持ち主婦だって「いつまでも美しくいたい!」そう思うのは当たり前です。家事に子育てに、と何かと忙しい主婦業をこなしつつダイエット成功を実現させちゃおうじゃありませんか。

ここでは30代の子持ち主婦におすすめのダイエット方法をお教えします!

[スポンサーリンク]




小さな子供がいる主婦におすすめダイエット方法は?


子持ちの主婦にとって”外に出る”ということは赤ちゃんのオムツや着替えなどを全て用意しなければならず、大荷物での外出を余儀なくされます。これって考えるだけでもちょっと億劫。

やっぱり赤ちゃんがいる女性におすすめのダイエット方法は、家にいながら運動で消費カロリーを増やすことです。子供がテレビに夢中なとき、お昼寝で少し時間が空いたとき、など細切れの時間を利用して部屋でできる運動を見てみましょう。

大きな筋肉を鍛えることで基礎代謝向上【スクワット】

筋力トレーニングとして比較的ポピュラーなスクワット。子持ち主婦にとってはなんだかハードルが高そうな気がしないでもありません。

けれども人間の体の中で大きな筋肉である足の筋肉を鍛えることで太もも周りがギュッと引き締まり、基礎代謝向上も狙える万能のダイエット方法の1つです。運動不足解消にも一役買ってくれますのでおすすめです。

  • 肩幅くらいに足を開き、膝をつま先より前に出さないように注意しながら腰を落としていく
  • ももが地面と平行になったくらいで切り替えしてゆっくり元の姿勢に戻す



お尻を後方に引いていくイメージでやると綺麗な姿勢でスクワットをすることができますよ。

腰を落としていく動作を5秒、上げる動作を5秒、それぞれゆっくり時間をかけてやってみましょう。10回を1セットを目安にすれば大丈夫ですが、それでもキツい場合は5回くらいから始めてみても大丈夫です。

二の腕と肩周りをスッキリ!【腕立て伏せ】


気になる二の腕や肩周りの筋肉に刺激を与えることで、上半身をスッキリとした印象にさせてくれる腕立て伏せもおすすめのダイエットの1つです。筋肉を増やすことで基礎代謝の向上と、上半身の引き締め効果による、スタイルを美しく見せることを目的としたダイエット方法になります。

やり方は地面に両手をついて上体を上下させるというお馴染みの運動ですよね。足をついてやれる人はそのままやってもらえばいいのですが、案外腕に負担が大きいんです。

なので膝をついて腕立て伏せをすることで、負荷を軽くすることができます。自分の体力と相談しながらどちらの方法を取るか試してみましょう。

腕を曲げて上体を下げる動作を5秒、切り替えして腕を伸ばしていく動作を5秒でやっていきましょう。

回数はスクワットと同じく10回1セットを目安にします。劇的に体重が落ちた!と実感できる運動ではありませんが、二の腕や肩周りが引き締まってきますから「痩せたかな?」と実感しやすいトレーニングの1つです。

きゃりーぱみゅぱみゅは、後ろ手の二の腕で必ず細くなれると語っています。

お腹と腰周りをトレーニングで刺激!【腹筋】


いくら体重が落ちてもお腹周りがたるんでいたり、ぷよぷよのままだとダイエット成功!とは言いたくありませんよね。やっぱりギュッと引き締まった腹筋こそかっこいいですし、スタイル抜群に見られますからぜひとも目指していきたいものです。

やり方は仰向けに寝て膝を曲げます。ここからがコツなのですが、上体を全部起こしてしまうとあまり効果的ではありません。なので仰向けに寝たらまず肩甲骨を地面から浮かせます。そこから肩甲骨を10センチ上下させるだけです。下げるときも元の位置に戻すだけなので、肩甲骨は浮いたままになります。

こうすると腹筋に弱い負荷が掛かり続けますので、効果的に筋肉に刺激を与えることができるんです。回数は上下運動を20回1セットを目安にしましょう。この運動なら腹筋のとき足を押さえてもらわなくても続けることができますし、回数を伸ばすことで負荷をどんどん強くしていくことができます。

[スポンサーリンク]




手がかかる赤ちゃんと一緒に運動を楽しんじゃおう!

小さな子どもが寝ていてくれたり、テレビなどに夢中の間はいいんですがいつもそんなわけにはいきません。手がかかる赤ちゃんがいるならば一緒に運動を楽しんでしまうのも子持ち主婦の選択肢の1つ。自身のダイエットにもなりながら幼児教育や友達作りなどもできてしまうものもあってまさに一石二鳥です。

バランスボールエクササイズで骨盤周りスッキリ


バランスボールという大きなボールに乗ってエクササイズをする運動があります。これは骨盤周辺の小さな筋肉を鍛えるのに有効で、出産を終えた主婦に特におすすめしたいエクササイズになります。部屋に置いておくには多少大きさがあるのですが、逆にその存在感が目につきます。すぐに運動に取り掛かることができるメリットも。

バランスボールエクササイズのDVDなんかも販売されていますので、こうした教材を手にとってみても面白いかもしれませんね。さらには子供を抱っこしたままバランスボールでゆらゆらしていると、子供を寝かしつけるのにもうってつけなのだとか。

赤ちゃんを寝かしつけるついでにダイエット、これって日々忙しい30代の子持ち主婦にとってはぴったりじゃありませんか?

ベビースイミングでリフレッシュ&ダイエット


ベビースイミングに通ってみるのも1つのダイエット方法でしょう。小さな内からこうした水に触れておくことで、水への恐怖心が無くなるだけでなく、水の感覚や抵抗、温度など全てを赤ちゃんはスポンジのように感覚を吸収していきます。赤ちゃんの感覚を養うのに非常に有効な手段ですし、お母さんも一緒に水に入ることで消費カロリーがアップします。
赤ちゃんにもお母さんにもメリットがたくさんの習いごとなんですね。さらには同世代のお母さんたちとも知り合うことができますので、子育てやダイエットについても相談できる友達ができるかもしれませんね。

子供がもう少し大きくなればダイエットチャンスがやってくる!?


30代の主婦、といっても子供がすでにある程度の年齢になっている女性も多いと思います。こうした場合は子供と一緒にスポーツや運動を楽しんでみてはいかがでしょうか?例えば自転車だったりボール遊び、虫取りなど子供の体力って無限大。
それに付き合うのはかなりの体力が必要になりますが、ダイエットを考えている主婦にはかえって好都合。一緒に体を動かすことで気分もリフレッシュできて、運動までついでにできてしまうわけです。

「子供の面倒を見ている」という考えではなく「子供と一緒に運動する」と発想を転換してみれば積極的に外に出られるようになります。

食事のカロリーコントロールやダイエットサプリを併用


ここまでは運動やエクササイズをおすすめしてきましたが、ダイエットの効果を加速させるには食事やサプリで脂肪を燃焼させやすい環境を整えてあげるとベストです。今流行りのロカボダイエットという糖質を今より控えめにする献立を考えたり、満腹まで食べていたものを腹八分にするだけでも随分効果的です。

さらに運動や食事のカロリーを抑えるだけでなく、ダイエットサプリを一緒に使うことでよりダイエット成功への道が拓けてくるでしょう。脂肪の燃焼を手助けしてくれるもの、油分の吸収を抑えてくれるものなどダイエットサプリの働きは様々です。



サプリはただ「飲むだけ」なので手間いらずで、30代の子持ち主婦にはぴったりのダイエット方法と言えますよね。

まとめ

子供が小さいからダイエットできない!という声を聞くことがありますが、それは時間を有効に使えてないだけかもしれませんよ。主婦業とダイエットを両立させるには、子供が少しだけ手が離れる細切れの時間を有効に使うか、子供と一緒に運動を楽しんでしまうといった工夫が必要です。

30代で子持ちの主婦だって、ダイエットを成功させて芸能人のような細身で引き締まったスタイルを手に入れちゃいましょう。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[関連記事]



記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top