スロージョギングダイエットは食前と食後どっちの方が痩せるの?

食後2時間経過してからスロージョギングダイエットをしている中年女性

ウォーキングの2倍のカロリーを消費するスロージョギングは、効率よくダイエットできる画期的な方法です。

でも、ダイエット効果を上げるためには、食事を食べる前?食べた後の方がいいのか?と考えている方も多いでしょう。

今回は、ダイエットのためにスロージョギングを行う場合、食前食後どちらの方が痩せるのかを解説していきたいと思います。

目次

食前と食後のスロージョギングどっちが痩せる?

『痩せる』を、『体重減少』『脂肪減少』と考えてスロージョギングダイエットを行う場合、食前が効果的です。

ただし、食前の運動でもデメリットもありますし、食後でも利点もあります。

順番に説明していきます。

食前のスロージョギングのメリットデメリット

メリット

スロージョギングは、継続的に酸素を取り込みながら脂肪を燃焼する有酸素運動です。

痩せると言えば、体重減少=脂肪燃焼ですよね。

食事前の空腹の状態でのスロージョギングは、エネルギー源として脂肪が分解されやすく、ダイエットには大変よいタイミングなんです。

食前のスロージョギングは、走り始めてすぐに脂肪を燃焼させると考えてもよいでしょう。

デメリット

食前のスロージョギングの方が痩せやすいとはいえ、注意しなければならないことがあります。

食前のスロージョギングは、エネルギーを脂肪燃焼させて作り出すとともに、筋肉も分解してしまいます。

有酸素運動は、運動強度の高い無酸素運動とは違い多くの筋肉を使いませんが、人が動いている時少なからず筋肉は分解されています。

参考:BROOKS

 

筋肉は、体型を維持するために必要ですよね。

その筋肉が分解されてしまえば、基礎代謝も低下、痩せやすい身体づくりにはなりません。

また、低血糖の状態になり、めまいや怪我の原因にもなりかねません。

その上、血糖値が低下することにより、急激にお腹が空く原因に…。ドカ食いをしてしまえば、スロージョギングをした意味がなくなってしまいます。

[スポンサーリンク]



食後のスロージョギングのメリットデメリット

メリット

食後のスロージョギングは、食べた糖質を脂肪に変わるのを防いでくれます。

『太る』のは、『食事によって摂った糖質の蓄積』です。脂肪として蓄積されなければ、太りませんよね。

食べた食事をエネルギー源として使用するため、食後のスロージョグンギはダイエットに効果的なんです。

また、お腹が空いている食前と違い、満たされた状態でのスロージョギングは、質の高い運動につながります。

デメリット

食事直後のスロージョギングは、消化不良を起こす可能性があります。

人が食べ物を消化する際、胃に血液が集まりますが、スロージョギングによって血液が筋肉に集まってしまうため、あまりよいとは言えません。

また消化不良は、ストレスホルモンであるコルチゾールが分泌され、食欲を増進させてしまいます。

ストレスは、体型はもちろん、お肌や健康にとって悪影響となります。

せっかくスロージョギングをしても、また何か食べてしまえば本末転倒。いわゆる食べすぎとなってしまいますね。

さらに、睡眠時間近くなるため、交感神経が優位に立ち、良質な睡眠が取れない可能性も考えられます。

食後2時間のスロージョギングダイエットが◎

スロージョギングをはじめ運動を行う場合、食前・食後それぞれにメリットデメリットがあるもの。

一概にどちらの方がいいと言えるものではないんですね。

結論は、全体的に考えて、食後約2時間を目安に行うスロージョギングダイエットがいいと考えましょう。

血糖値は、食後1時間頃にピークを迎え、食後3時間が経過すれば、ほぼ空腹時のレベルまで低下します。

となると、空腹時にスロージョギングをしているのと代わりないですよね。

参考:OMRON

 

とはいえ、朝運動をしたい方は、2時間以上も早く起きなければなりません。

そんな場合は、朝起きてすぐバナナなどの果物や野菜・スムージーなど、何かしらお腹に入れてからスロージョギングを始めましょう。

バナナ一本でもいいですし。 空腹状態で朝走ったり運動したりするのは一番危険。

朝起きてすぐに食事を食べることが難しいのであれば、果物や野菜を合わせたスムージーのようなものや、コップ一杯のオレンジジュースを飲むだけでも大丈夫です。

寝起きは誰しもが軽い脱水状態なので水分と糖質を補給してから走ってください。

出典:BROOKS

 

空腹時のスロージョギングを避け、日課にできるような時間帯を選びましょう。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。