【あさイチ】脱メタボ!室内でできるスロージョギング『SJT40』のやり方と効果

30代40代主婦におすすめスロージョギングダイエットをしている女性

ダイエットするため、ウォーキングを始めたけど「なかなか痩せない!」と嘆いている方はたくさんいらっしゃいます。

蓄積した脂肪を燃焼させるのは、難しいもの。

そんな方におすすめしたいのが、スロージョギングの『SJT40』。

『SJT40』は、『あさイチ』や『ノンストップ!』『ためしてガッテン』『世界一受けたい授業』などでも紹介された大変効果的なダイエット法です。

効率よく脂肪を燃焼させてくれるスロージョギング『SJT40』のやり方・効果を解説していきます。

目次

スロージョギングとは?

スロージョギングは、福岡大学教授のスポーツ科学部 田中宏暁氏が発案した運動法です。

負荷の少ない運動で、多くのカロリーを消費。メタボ対策にもなるジョギング法です。

まずは、基本のスロージョギングのやり方から見ていきましょう。

基本のスロージョギングのやり方

スロージョギングは、通常のウォーキングと同じ速さ、または歩く速度よりも遅い速度で走ります。

走ると腰や膝が痛くなる方でも、無理なく行えますね。

以下が、スロージョギングの基礎的なやり方です。

  • 背筋を伸ばす
  • あごを上げ、目線を遠く、笑顔で
  • 肘を90度に曲げ、大きく振らない
  • 足は小さく踏み出す
  • 指の付け根で着地する
  • 足をついたらすぐに上げる
  • 15秒間で45歩

 

走ると、つい足を大きく前に出してしまいますが、スロージョギングでは歩くより小さな歩幅を意識しましょう。

足の指の付け根で着地する方法は、『フォアフット走法』と言います。

太ももの大きな筋肉を使用するため、ふくらはぎが筋肉痛になりにくく、翌日に響くこともありません。

15秒間で45歩を目指しますが、数を数えなくても、ゆっくり小さく足を出せばその程度になるでしょう。

以下が、スロージョギングを発案した田中氏のスロージョギングのユーチューブ動画です。

『SJT40』のやり方

『SJT40』は、スロージョギングにターンを加えたもの。(『スロージョギング(SHJ)/ターン(T)』)

  1. スロージョギングで6歩進む
  2. 3歩でターンする
  3. 6歩引き返す

この動きを1分行い、30秒休む。

たった6歩移動できる距離があればでき大きなスペースが必要ないため、室内でもジョギングができますね。

『スロージョギング』にターンが加わることで、運動強度が2.5倍にUP。

雨の日外出しなくても、運動ができるのは嬉しいもの。

準備にかかる時間もなく、思い立ったらすぐにできるため、ほんの隙間時間でもダイエットができますね。

お気に入りの音楽をかけながら行えば、10分20分なんてあっという間です。

スロージョギングの効果

スロージョギングの消費カロリーは、なんとウォーキングの2倍。

10分スロージョギングをすれば、20分のウォーキングになるのですね。

忙しい方は、毎朝のマラソンの時間も短縮できます。

ウォーキングと変わらない負荷なのに、効率よく脂肪燃焼される大変嬉しいジョギングです。

その他、さまざまな効果があります。

  • 体力アップ
  • ダイエット・隠れメタボ改善
  • 生活習慣病予防改善
  • 脳機能の改善
  • ガン予防

『世界一受けたい授業』では、数人の方が1ヶ月間の『SJT40』で食事制限をせず、ダイエットに成功。

また『あさイチ』でも、隠れメタボの女性が『SJT40』を行い、中性脂肪・血糖・血圧の値が正常になっています。

中年になれば、見た目はスリムでも隠れ肥満も大問題。

若い頃のように食事制限だけのダイエットを行えば、今よりさらに太りやすい体質になっていく可能性だって考えられます。

ツラくないスロージョギングや『SJT40』で、無理なく筋肉を鍛え、健康なスタイルをつくりましょう。

スローステップ運動も併せて行うといいですね。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。