芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

自宅で一番簡単にダイエットできる有酸素運動!踏み台昇降のやり方

自宅で一番簡単にダイエットできる有酸素運動!踏み台昇降のやり方

有酸素運動であるウォーキングやランニングのダイエットに効果は、誰もがご存知でしょう。

しかし天候によっては、外出せずに自宅で簡単な有酸素運動がしたいもの。そんな時に手軽に行えるおすすめの有酸素運動が、踏み台昇降です。

踏み台昇降を行う時間などのやり方は?どうすればダイエット効果が上がるのでしょうか。

[スポンサーリンク]




自宅で簡単【踏み台昇降のやり方】

踏み台昇降はその名の通り、踏み台を上がったり降りたりするだけの簡単な有酸素運動です。踏み台昇降をする前には、必ず軽いストレッチを行います。

  1. 姿勢を正し、息を吐きながら踏み台に乗る
  2. 息を吸いながら、登った足から降りる

30〜50回ほどを1セットとし、初めに踏み出す足が右足の場合、次に踏み出す足を左に変更します。

踏み出す足が片側に偏ってしまうと、踏み出す足へばかり負荷がかかってしまうので、まんべんなく行うようにしましょう。

呼吸の仕方は、慣れるまでは特に意識しなくてもOKです。何も考えずに行なっていても、効果は現れます。

[スポンサーリンク]




踏み台昇降の高さ

踏み台昇降のダイエット効果は、踏み台の高さが高くなるほど、負荷が上がり効果も上昇します。しかしあまりに負荷がかかると、有酸素運動ではなく無酸素運動になってしまいます。

踏み台昇降は、まず20cmほどから始めましょう。

洗面台などに使用する子ども用の踏み台でも構いませんし、牛乳パックで台を自作するとちょうどよい高さになります。

あまりに高すぎると辛い運動になってしまい、長く継続できません。

それでも高さが辛いと感じれば、5cmでも10cmでも構いません。股や膝・足関節に痛みのある方は、無理せず低い高さからはじめましょう。その場で足踏みをするだけでも、有酸素運動になります。

踏み台昇降の時間

踏み台昇降を行い、本気で目指す方は20〜1時間は行うようにしましょう。

テレビを見ながらでもでき辛さを感じないまま、あっという間に30分・1時間と経過します。

ただし踏み台昇降が面倒になってしまうと、継続できなくなってしまいますので、たった5分だけでも構いません。毎日継続できるような時間を心がけます。

踏み台昇降ダイエットの効果をアップさせるには、ウォーキングの時のように腕を大きく振りながら行うとよいでしょう。腕を動かすと、カロリーの燃焼率もアップし、二の腕を細くする効果もプラスされます。

高橋一生は、バックパックを背負って踏み台昇降を行なっています。軽めのダンベルを持ち、同時に腕を動かしながら行なってもよいですね。

毎日の有酸素運動が、着実にダイエットへとつながります。時間も気にせずお金も掛からず行える踏み台昇降は、もっとも手軽にダイエット効果がある有酸素運動と言っても過言ではありません。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[関連記事]



記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top