芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

【内臓脂肪】40代女性のぽっこりお腹を簡単に落とす方法【食事編】

【内臓脂肪】40代女性のぽっこりお腹を簡単に落とす方法【食事編】

ぽっこりお腹の原因はさまざまですが、そのうちの一つが【内臓脂肪】です。

内臓脂肪は太っているからという理由だけでつくとは限らず、痩せている方でも溜まってしまっている可能性があります。

今回は、ぽっこりお腹の原因である【内臓脂肪】を、食事面からのアプローチで簡単に落とす方法を解説していきます。

[スポンサーリンク]




40代女性の悩むぽっこりお腹の原因【内臓脂肪】

お腹部分の内臓脂肪が付く場所は、腸間膜という部分で前へ突き出したような状態にしてしまいます。

スリムなのに内臓脂肪がつき、お腹だけがぽっこり出ている状態。いわゆる『隠れ肥満』とも言います。

内臓脂肪は皮下脂肪と違って、体に溜まりやすいと共に、比較的落としやすい脂肪です。

日々の食事に少し気をつけると、内臓脂肪を減少できるかも知れません。

内臓脂肪を落とす食事法

内臓脂肪を落とすためには朝食を抜かない

食事面から内臓脂肪を落とすためには、朝食を抜いてはいけません。

朝忙しくて朝食を抜いてしまうと、体は完全に機能していない状態になります。

しっかりと朝食を摂取すると、胃や腸などが活発に動き出す上、脳へ栄養分が送られ身体全体がきちんと目覚めます。

身体が目覚めていない状態だと、基礎代謝は正常に機能しません。

ダイエット中の朝食摂取については賛否両論ですが【必要としているものを食べない】と考えれば、あまり良いとは言えませんね。

内臓脂肪を落とすために食事制限は禁物!

内臓脂肪を落とすためには、過度な食事制限をしてはいけません。

食事を極端に制限すると、脳が飢餓状態と判断しエネルギーの消費を抑えてしまいます。

結果、基礎代謝も低下にもつながりますので、極端な食事制限は控えましょう。

基礎代謝の低下は、内臓脂肪を蓄積させてしまう元になります。

内臓脂肪を落とす食べ物

お酢

お酢が体に良いことは、皆さんご存知でしょう。

お酢には、血糖値を下げる働きがあるほか、内臓脂肪を減少させる効果があることがわかっています。

ミツカン酢の研究では、12週間のお酢摂取をすると内臓脂肪が平均して約6.72cm2減ったことが発表されています。


野菜炒めやポテトサラダにちょっとかけるという意識があるだけで、内臓脂肪を減少させる効果が見込めるのです。

毎日の食事に、お酢を摂り入れるようにしましょう。

大豆

豆腐に含まれるβ-コングリシニンは、内臓脂肪や中性脂肪を減少させる効果があります。

不二製油グループの研究によると、通常の食事に加え1日5gのβ―コングリシニンを摂取すると、4週間後には中性脂肪が低下。20週以降で内臓脂肪が減少したと発表されています。

大豆たん白質を多く含む食品は、満腹感が持続しダイエットには効果的です。

大豆イソフラボンには、女性にとって嬉しい効果もあるため、さまざまな面でプラスに働きます。

豆腐をはじめ大豆製品を、毎日の食事に摂り入れるようにしましょう。

[スポンサーリンク]




キャベツなどの食物繊維

キャベツがダイエットに効果があるのも、ご存知でしょう。激やせしたやしろ優も、大変スリムな藤田ニコルもキャベツを必ず食べています。

キャベツに含まれる食物繊維は、脂肪吸収を抑える効果があります。内臓に脂肪分が蓄積されにくくなるのです。

食事を摂る前にキャベツを食べることで、後から食べた脂肪分をコートし脂肪の吸収率を抑えます。

食物繊維は便秘にも効果があるため、食べ始めるだけで少しお腹がすっきりするかも知れませんね。

また、内臓脂肪が減少する効果のある食べ物は、血液中の中性脂肪を減らすこともわかっています。

海藻類や青魚、お茶などの「血液サラサラ効果」のある食べ物は、内臓脂肪を落とす効果があると考えてもよいでしょう。

内臓脂肪減少にお茶の力でサポート
速効性痩身茶

内臓脂肪を早く落とすためには

内臓脂肪を簡単に落とす方法

残念ながら食事からのアプローチだけでは、内臓脂肪を大幅に落とす即効性はありません。

基礎代謝を向上させるべく、運動を取り入れる必要があります。
また、食事だけではなくダイエットサプリなどを併用するのも一つの手です。

30代40代の中年にもなると、いくら内臓脂肪が落としやすいとはいえ、体全体が衰え始めています。正常な状態に戻してあげることが、先決となります。

上述した食べ物を摂り入れながら、高たんぱく低カロリーの食べ物もバランス良く摂り入れ、筋肉を向上させる。
それが、内臓脂肪を効果的に早く落とすための方法です。

AKBの島田晴香が12kgものダイエットを成功させたのは、以下の方法でした。

  • 炭水化物を控え、野菜中心の食事
  • タンパク質の摂取
  • 有酸素運動、体幹トレーニングや筋トレ


食事をはじめ運動を行う努力をすることで、ほんの1か月足らずで内臓脂肪を落としぽっこりお腹が改善されるかも知れません。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]



記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top