芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

太ももダイエットについて自転車とスクワットの効果の違いを徹底比較!

太ももダイエットについて自転車とスクワットの効果の違いを徹底比較!
  • 太ももを細くしたい。
  • 引き締まった太ももにしたい。

そんな風に太ももダイエットをしたいと思った時、自転車か?スクワットか?効果があるのはどちらだと思いますか?

今回は、太ももダイエットに効果があるのは、自転車orスクワットについて比較して解説したいきたいと思います。

いつもクリックしていただきまして、本当に励みになります。
人気ブログランキングへ

[スポンサーリンク]


太ももは運動すれば太くなる?

太ももダイエットでまず思い浮かべるのは、スクワットでしょうか。

けれど『スクワットをすれば太ももが太くなってしまうかも!?』と不安になりますね。

そして、足を鍛えるエアロバイク等の自転車類はどうでしょうか?

競輪選手って、太ももが太いし・・・ちょっぴり心配?多くの女性が、そういう事を理由に運動したくないと言います。

ですが、心配はご無用です。まず筋肉が太くなるまで鍛えるのは、そんな簡単に行えるわけはありません。

よって、アスリート並みにトレーニングしない限り、太ももは太くはなりません。

太ももダイエットに効果的な運動

太ももダイエットについて自転車とスクワットの効果の違いを徹底比較!

自転車とスクワットともに、太ももダイエットには大変効果的です。

ダイエットで必要な要素の一つは、「運動」です。運動をすれば、消費カロリーがあがりますね。

ダイエットの本質は、
摂取カロリー<消費カロリーです。

運動で消費カロリーがあがれば、どんな運動であれダイエットになるのです。

太もものダイエットをするには、運動をするという消費カロリーをあげるという方法とは別に、太ももの筋肉をしっかりと使うということが大切になってきます。

だって太ももをダイエットしたいわけですよね!?

太ももをダイエットするためには、太もも周りのぜい肉を落とさなければいけません。一般的には太ももの筋肉を使っている運動が必要であることは、あなたもよくわかると思います。

  • 自転車・スクワットともに消費カロリーをあげる運動である。
  • 自転車・スクワットともに太ももの筋肉を使う運動である。

という理由から自転車とスクワットは太ももをダイエットするにあたってどちらも効果的です。

自転車とスクワットの効果の違い

自転車の太ももへの効果

太ももダイエットについて自転車とスクワットの効果の違いを徹底比較!

自転車をこぐという運動は、いわゆる性質的にジョギングと同じ有酸素運動という分類に入ります。

有酸素運動とは、酸素をいっぱい体内に取り入れながら行う運動のことです。

ジョギングをしていると、「はぁっはぁっ」と少し息が上がってくると思いますが、これは、必要な酸素を体内に取り入れている証拠になります。

この有酸素運動は、主に酸素と体内に蓄えられている脂肪とをエネルギーにして、運動を継続していきます。

したがって、あなたが気になっている脂肪の量を減らしていくことができます。これは、体内に蓄えられている脂肪の絶対量です。

しかも、自転車を脚でこぐことによって、有酸素をしながらも筋肉を使うことになります。

筋肉を使えば、太もも周りの脂肪が優先的に燃えてきてくれます。まさに一石二鳥です。

スクワットの太ももへの効果

スクワットは、トレーニングの王様と言える運動です。いわゆる太ももを含めた下半身の筋力トレーニングにあたる無酸素運動です。

筋力トレーニングは、一般的に一つの種目にあまり時間をかけずに行われます。

10分間スクワットをやり続けている人を見たことありませんよね!?

時間をかけないから無酸素運動であるというわけではなく、運動強度の違いにあります。

運動強度の高い運動は、呼吸をゆっくりする暇もないと考えた方がわかりやすいのではないでしょうか。

100mをダッシュするときに、「すぅすぅハァっハァっ」はしないですからね。

それだけ運動強度の高いスクワットは、”筋肉”、より専門的にいえば、「筋肉量」を増やすことができます。

下半身の筋肉量が増えることで、太もものダイエットにつながる大きな理由は、「代謝UP」です。

これは、簡単に言えば、それだけ脂肪をエネルギーに使われやすくする機能があがるということです。

ただし、ここでの問題は、「ローマは一日にしてならず」で、筋トレも今日やれば明日には筋肉がつくというわけではありません。長期的な目が必要になります。

[スポンサーリンク]


自転車とスクワットのメリットデメリット

自転車とスクワットの長所短所という面で、ご説明していきます。

道具を使うか使わないか

  • 自転車は道具が必要
  • スクワットは道具なし

自転車を持っていない方は、買わなくてはいけません。自転車を購入するのに、安くても1万円ぐらいはかかりますよね。

また、スポーツクラブ入会すれば、エアロバイクがあるので、自転車の購入は免れますが、月会費がかかります。

時間帯によっても異なりますが、だいたい大手スポーツクラブの平均月会費の額は1万円といっていいでしょう。そこにそこまでかけるべきか!?

それに比べて、基本的にスクワットは道具なしです。

もちろん、負荷をあげていくために、ダンベルを使ったり、バーベルを使ったりしていくこともありますが、「自重」といって、自分の体重を支えるだけでも十分な負荷になります。

かかる時間の違い

  • 自転車は時間が必要
  • スクワットは短時間

現在でも人気のある家庭で運動できるエアロバイクの場合は別ですが、自転車を走らせるためには、それなりに移動する距離も求められますよね。

それに比べたら、スクワットは移動なしです。家でもできますから。

ダイレクトな効果があるのはどっち?

太ももダイエットについて自転車とスクワットの効果の違いを徹底比較!

自転車とスクワットで、ダイレクトに太ももダイエットに効果があるのは、スクワットです。

既にご説明した通り、自転車は有酸素運動で全身をトレーニングするのとは違って、スクワットは下半身強化のための無酸素運動です。

太もも含め下半身に即効性を持たせたいのなら、スクワットが効果的であると言えるでしょう。

とはいえ、全身のバランスを整える自転車での運動も、綺麗なスタイルを作り出すと共に、当然『漕ぐ』という動作で太ももにも効果があるので、一概にどちらが良いとは言い切れません。

一番良いのは、【自転車運動を行い、かつスクワットで下半身を強化する】という、有酸素運動と無酸素運動を同時に取り入れる方法でしょう。

ただし、自転車を漕ぐ運動を毎日欠かさず行うのはなかなか容易ではありません。

自転車は週に2回・スクワットは1日20回を毎日行う、など自分でできる範囲で調整してみて下さい。

「スクワットを毎日20回!?」とは言っても、どんなにゆっくりしても5分で済みます。

太ももをダイエットするにあたって大切なことは、まず習慣的に行うことです。

海外に留学していた人が帰国してから、全く英語を話していないと感覚が鈍るってよく耳にしませんか!?

ダイエットも同じです。いかに習慣としてできる環境をあなた自身で設定できるかが、とても大切です。

今回は、様々な視点から、太ももダイエットにおける自転車とスクワットの効果の比較をみてきましたが、あなたが今できうる可能な範囲で行うと、徐々に効果は見えてくるでしょう。

その理由は、ダイエットの本質は継続であり、いってみれば習慣にあるからです。

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[スポンサーリンク]


記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top