芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

ランニングで痩せる走り方を解説します!

ランニングで痩せる走り方を解説します!

体を動かして痩せるダイエット方法として、ランニングは誰でも気軽に始められる代表例です。

運動神経に自信がなくても、お金をかけられない人でも、明日からでもすぐに始められます。ハードルの低いダイエット方法として、ランニングはまさにぴったり。

どうせダイエット方法としてランニングを取り入れるなら、痩せる走り方の簡単なポイントを覚えておきましょう。

今回は、ランニングで痩せる走り方を解説していきたいと思います。

いつもクリックしていただきまして、本当に励みになります。
人気ブログランキングへ

[スポンサーリンク]


ランニングで痩せる走り方

有酸素運動のランニングは、筋力をつけて基礎代謝を高め、脂肪を燃やしやすい体を作ることを可能にします。

ほんの少しの心がけ次第で、より効果的なダイエット方法になるのです。

痩せるためのランニングのやり方のポイントを解説していきます。

ランニングして痩せる効果はやっぱり食後?

ランニングをするタイミングとして、「食べた物をなかったことにするために、食後に走るほうがいい」と考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、すでに体に蓄積した脂肪を燃やすためのダイエット方法としては、食事の前にランニングする方が効果的です。

食後に走って食べた物を消費できたとしても、体の脂肪を落とすことにはつながりません。

また、お腹が空いていると、その分脂肪がエネルギーとして使われやすくなりますので【食前】に走る方が良いでしょう。

[スポンサーリンク]


ランニングで痩せるのは朝?夜?

ランニングで痩せる理想的な時間帯は、朝食前です。

一般的に、運動する2時間前に食事を済ませることが良いと言われていますが、体はあらゆるエネルギー源の中でも、脂肪は最後に消費します。

誰もが寝ているうちにエネルギーを使っているので、走り始めてからすぐに効率よく脂肪を燃やせます。

注意点としては、お水をしっかり飲んでおくことです。

就寝中に汗をかき、朝は体内の水分がもっとも少ない状態にあります。

水分を口にしないで走り続けると、血液がドロドロになって体への負担が大きくなり、健康にマイナスな影響をもたらしかねません。

しっかりお水を飲んでから走りましょう。体を冷やさないためにも、常温か白湯が理想的です。

さらに、朝活動する前の状態でランニングをすると、代謝が向上し・向上した代謝のままで1日を過ごすことになります。

その1日、効率的にカロリー消費ができるのです。

ランニングは時間をかけて楽しく!

痩せるためのランニングの鍵は「楽しむこと!」

痩せるためのランニングは、速ければいい、きつければいいというものではありません。

息が上がれば上がるほど効果があると考える人も多いですが、これは大きな勘違いです。

効率よく脂肪を燃やすためには、最大心拍数(220-年齢)の6割以内に心拍数を抑えましょう。

これ以上に心拍数が高い運動は、脂肪ではなく筋肉からエネルギーが発生するため、ダイエット方法としての効率はむしろ低下してしまいます。

わざわざ心拍数を計測しなくても、誰かと話しながら走れるペースで大丈夫です。

脂肪は走り始めて20分経過しないと燃やされないと以前までは言われていましたが、現在はそれ以前にも効果があることがわかっています。

5分でも10分でも構わないので、できるだけ毎日、楽しくランニングするようにしましょう。

無理矢理ランニングしていると、継続できないためストレスが溜まってしまいます。ストレスはダイエットの大敵です。

桐谷美玲泉里香・その他多くの美しい芸能人は、ストレスを溜めないダイエットを推奨していますね。

ランニングも、楽しく走ることが重要です。

ランニングをすると足が太くなる?

「ランニングを始めたら、太ももやふくらはぎが太くなりそうで怖い」という人も多いのではないでしょうか。

陸上のアスリートは、大抵しっかりした足をしていますから、そう考えても仕方ありません。

ムキムキの足になりたくはないけれど、運動して痩せるにはどうしたらいいのかと、頭を抱えた経験のある人は少なくないはずです。

ただし、ランニングをするだけで、足が太くなるということはまずありません。

プロは、想像以上にかなりハードなトレーニングを重ねています。だから、足の筋肉が発達し、足が太いように見えるだけです。

つまり、ハードなランニングを続けることで、ふくらはぎに過度な負担をかけると、筋トレと同じような負荷がかかって足が太くなるのです。

ですから、無理のないゆっくりなペースでのランニングであれば、太くなることはないと考えられます。

でもやっぱり太くなりそうで少し心配・・・

ふくらはぎが太くならないダイエット方法としてランニングを取り入れるためには、ひじを大きく振って、太ももを前に出す意識を持ちましょう。

走るのは足だと考えがちですが、しっかり腕を振って足への負担を減らすことはとても重要です。

腕を振ることで、二の腕の脂肪を燃焼させる効果があります。誰もが願う女性の憧れの細い二の腕です!日頃大きく動かさない部分なので、目一杯動かしましょう。

そして、太ももをどんどん前へ出し、股関節・骨盤を大きく動かして走ろうという意識を持てるかどうかが鍵になります。

すべての負担をふくらはぎだけで支えなければ、足が太くなるという心配は無用です。腕と太ももの前面で体を前へと進めることで、太く見えがちなししゃも脚を改善できるかも知れません。

また、股関節から足をしっかり前に出す事で、骨盤を使うことになります。骨盤を使用すれば自然とウエストのひねりが加わり、ウエストのくびれを作りだすこともできるのです。

新くびれ女王の佐藤美希も、ウエストをひねってあのくびれを作り出しています。佐藤美希のような「くびれ」をつくる美ウエストトレ―ニングとは?

ランニングで痩せるには『継続!』

苦痛に顔をゆがめて息を切らして無理に走っても、非効率で長続きしません。

何をするにも、一朝一夕にはいきませんね。

目覚めてから、スマホでSNSやネットサーフィンをしている時間を、ちょっとでも自身が痩せるために使ってみてはいかがでしょうか。

朝日に当たると気分も良く、1日を楽しく過ごせることでしょう。

併せてご覧下さい。ローラが実践!美脚になるウォーキング&ランニングの方法

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[スポンサーリンク]


記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top