本当に太らない?カロリーゼロ・低カロリーの罠!中年太りを加速させる危険性

カロリーゼロの食べ物が太るかどうか考えている女性

「少しでも楽して痩せたい」誰もがそう思いがち。

基本的に、人が太るのは『摂取カロリー』と『消費カロリー』のバランス。

ダイエットするためには、食べるものを控えるか、たくさん食べてもその分運動しカロリーを燃焼させるかの2択となりますよね。

楽するため、低カロリーの食べ物や、カロリーゼロの食品・飲み物でダイエットをしていませんか?

本当にカロリーゼロは太らないの?摂取カロリーを控えればダイエットできるのか?衝撃の真実をご紹介したいと思います。

目次

カロリーゼロ・低カロリーだと本当に太らない?

まず、カロリーについて、多くの方が間違った考え方をしています。

  • ゼロカロリーは太らない×間違い
  • 低カロリーで、摂取カロリーを少なくすると太らない×間違い

 

カロリーゼロは、カロリー0ではない

カロリーゼロ・ノンカロリーと表示されている食品や飲み物、実は本当にカロリーが0というわけではありません。

栄養表示基準では、カロリー表示について以下のように定められています。

  • 100g・100mlあたりに含まれるカロリーが5kcalまでなら、【カロリーゼロ・無・ノン・レス】と表示可能
  • 100gあたり40kcal、100mlあたり20kcal以内なら、【カロリーオフ・ひかえめ・ダイエット】と表示可能

 

たとえば、100gに5kcal含まれた【カロリーゼロのゼリー200g】を食べれば、10kcal摂取している計算になります。

もし、カロリーオフと表示されていても、100g40kcalあるものを500g食べれば、200kcalも摂取していることに…。

カロリーゼロ・低カロリーだからと思っても、過剰に食べすぎればダイエットしているうちに入りません。

糖質オフのビールも同様、逆に安心して量が増えるため、ダイエットにはマイナスになります。

糖質は 1g当たり4kcalですが、アルコールは1g当たり7kcalであるため、「糖質オフ」と書かれたアルコール飲料でもアルコール度数が高ければ、結局高カロリーとなってしまいます。

人工甘味料はダイエットに逆効果

そして、カロリーゼロや低カロリー食品に使われている『人工甘味料』はダイエットにマイナスになってしまうのだとか。

テキサス大学ヘルスサイエンスセンターの追跡調査

毎日ダイエット・ソーダを飲んだ人の、メタボリック症候群の合併リスクが36%、II型糖尿病(生活習慣に起因する糖尿病)のリスクが67%上がった

中年のメタボは、生活習慣病の糖尿病を引き起こすリスクがあります。

『低カロリーだから、ダイエットソーダを飲んでいれば安心』と考えるのは禁物なんですね。

ワシントン大学の研究発表

人工甘味料スクラロースを飲んだ後と、水を飲んだ後を比較したぶどう糖負荷試験で、スクラロースのほうが血糖値のピークが高くなり、インスリンの分泌も約20%高くなった

直接的に太る要因にはなりませんが、リバウンドの原理はほとんどが『我慢出来ない』という理由。

人工甘味料は、『血糖値が上がらないため、余計に甘いものが欲しくなり食べ過ぎてしまう』とも言われています。

またアルコールや麻薬と同じように依存症を引き起こし、『甘み依存症』になるのだとか。

頑張って食事制限でカロリーを抑えたのに、量が多くなれば本末転倒ですね。

[スポンサーリンク]



摂取カロリーを抑えると消費カロリーも減少する

そして摂取カロリーをどれだけ抑えようとも、逆に太ってしまう可能性があります。

カロリー不足に陥ると、消費カロリーも減少するからです。

1919年ワシントンでの飢餓実験

1日1400~2100キロカロリーの食事(通常の摂取カロリーより30%削減された食事) ⇒ 総エネルギー消費量も30%減少

ダイエットを開始して訪れる停滞期。

ある程度の期間で、体重減少がストップしてしまいます。『ホメオスタシス』のシステムですね。

過剰に食事量を減少させても同様、体は飢餓状態だと判断しカロリーを燃焼させないようにしてしまうんです。

摂取カロリーが基礎代謝より下回ると、ダイエットにマイナスになるともわかっています。

 

中年太りを加速させる食事制限だけのダイエット

今や健康ブーム。

モデルや芸能人はもちろん、一般の方も『美しい体型』は『筋肉』にあると、美に対する価値観も変わってきました。

中年になるとさまざまな原因で太りやすくなってしまうため、まずは体を健康に保たなければいけません。

ダイエットを成功させるためには、筋肉を作り出すタンパク質や、カロリー燃焼に役立つ脂質なども大変重要。

栄養バランスの整った食生活が必要です。

過剰なカロリー制限はほどほどにして、栄養バランスの整った食事で、腹八分目を目指しましょう。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。