芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

下半身太りする原因って何!?女性に多い洋ナシ体型になる理由

下半身太りする原因って何!?女性に多い洋ナシ体型になる理由

女性に多い下半身太り。何をやっても下半身だけどうしても痩せないという方、多いのではないでしょうか。

上半身は細いのに、下半身だけ太い『洋ナシ体型』。ジーンズを穿いても太ももはパツパツ。それなのに、ウエストはブカブカという方もいるでしょう。洋服選びも大変です。

女性が洋ナシ体型になってしまう理由・下半身太りする原因はどういったものなのでしょうか。

[スポンサーリンク]




下半身太りしてしまう原因って!?

女性が下半身太りする一番の原因は元々の骨格だけではなく、日頃の生活の中にたくさん潜んでいます。

その中でも、もっとも大きい原因が以下の2つです。

  • 骨盤の歪み
  • 筋肉量の低下

骨盤の歪みが原因で、多くの悪影響を引き起こすのは誰もがご存知でしょう。

骨盤は人間の身体の中で、上半身と下半身をつなぐもっとも重要な骨です。それだけでなく内臓を守る役割を担っているので、骨盤の歪みはダイエットには大敵なのです。

骨盤を矯正すると、内臓の働きが良くなります。体幹を鍛えるだけではなく、骨盤を正しい位置に戻す効果があるヨガやピラティスは、多くの芸能人が行なっていますね。

そして、筋肉量の低下も下半身太りの大きな原因です。骨盤の歪みも、筋肉のバランスを崩れさせる原因に。そして男性と違い元々筋肉量の少ない女性は、ふくらはぎの筋肉が発達していないため、さまざまな悪影響が及ぼされます。

[スポンサーリンク]




骨盤と筋肉が引き起こす下半身太りの原因

骨盤の歪みや筋肉量の低下が引き起こす下半身太りの原因は、以下のようなものです。

  • 冷え性
  • 老廃物の蓄積
  • 下半身のむくみ
  • セルライト化

女性に冷え性が多いのは、多くの場合骨盤の歪みや少ない筋肉量によるものです。

多くの場合、女性は足を組みますね。ハイヒールの影響や、出産も大きく関わっています。

そしてふくらはぎには、心臓の次にポンプの役割を担う大きな筋肉があります。下半身の筋肉が衰えていると、便秘はもちろん血流やリンパの流れを悪化させ、老廃物の蓄積・下半身のむくみに。

さらには、脂肪型のセルライト・むくみ型のセルライト化の原因にも。

またこれらは、内臓脂肪を溜め込むぽっこりお腹の原因にもなっています。

骨盤の歪みと筋肉量増加を目指せば、少しでも下半身太りの洋ナシ体型を改善できる可能性が高まるでしょう。

下半身太りの原因が改善されれば、冷え性改善・美肌になる効果も見込めます。

そのために適度な運動をして、身体を根本的な部分から正していく必要がありますね。

ヨガポールでの体幹トレーニングも効果的です。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[関連記事]



記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top