芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

朝食前の有酸素運動後は痩せる?太る?真実はいかに!?

朝食前の有酸素運動後は痩せる?太る?真実はいかに!?

朝起きてすぐ朝食前の有酸素運動は、ダイレクトに脂肪が燃焼され大変効果的です。

しかし『朝食前の運動は、吸収率が上昇して太る』という噂があります。そのため、朝食前の有酸素運動を懸念している方もいるのではないでしょうか。

朝食前の運動は、本当に太るのでしょうか。

[スポンサーリンク]




朝食前の有酸素運動は太る?

朝食前の有酸素運動が太ると言われる理由は、運動をした後栄養素の吸収率が上昇するからです。

栄養素がない上体内のカロリーを消費すると、身体はそれを補おうとします。運動後食欲が増加するのは、エネルギー不足を補うため。「食べろ」と脳から司令が出されているのです。必要なものだからこそ、吸収率がアップするのですね。

  1. お腹が空いている
  2. 身体が栄養素を求める
  3. 運動をして、空腹感がアップ
  4. 身体は入ってきた栄養素を喜んで吸収する

簡単に言えば、植物を植えている鉢の土。乾いた土に水を補うと途端に吸収します。しかし、たくさん水をあげると余った水は吸収されません。

しかし、決して朝食前の有酸素運動が太るわけではありません。

[スポンサーリンク]




朝食前の有酸素運動が太らない理由

有酸素運動を行なった後の朝食は、吸収率がアップしてしまうなら太るだろうと考えてしまいがちです。

しかし食事のカロリーは、摂取した分だけしか吸収されません。たとえば吸収率の良い状況で500kclの朝食を摂取しても、500kcalしか吸収しません。

運動後の朝食でなければ、300kcalしか吸収しないのか。吸収率が上昇していれば、600kcalに増加するのか…あり得ませんね。

ですからはっきり言えば、いつどんなタイミングで朝食を食べても吸収されるカロリーは同じなのです。

朝食前の有酸素運動は痩せる?

冒頭でも申しましたように、朝食前の栄養素がない状態の運動は脂肪をダイレクトに燃焼します。

ですから、朝食前の有酸素運動は脂肪が使われ痩せます。ダイエットには効果的なタイミングです。

ただし朝起きてすぐ空腹時の、激しすぎる運動はあまりよいとは言えません。血圧が上昇するおそれがあるので、ダイエットと言えども適度な運動にとどめておいた方がよいでしょう。

適度なストレッチだけでも、十分に効果は得られます。自宅で簡単に行えるエアロバイクも、人気があります。

たった10分でウォーキング30分の運動量!吉瀬美智子愛用のエアロバイクはこちら

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[関連記事]



記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top