芸能人のビフォーアフター l 体型変化 ダイエット方法

【40代ダイエット】ダイエットのための食事メニューで気をつける点は?

【40代ダイエット】ダイエットのための食事メニューで気をつける点は?

男女ともに40代になって代謝が落ちてくると、体重・体型のコントロールの難しさを実感している方も多いでしょう。40代になると、体に何らかの不調が起きる場合もあります。その不調が元になって太りやすい体質になっているケースも…。

しかしそういった不調によって痩せにくくなったアラフォー世代でもダイエットの成功へとつなげられます。

今回は40代の身体の不調の原因と、ダイエットのための食事メニューで気をつける点を詳しく解説していきます。

[スポンサーリンク]




40代の男性が痩せにくい原因

男性が40代になって太りやすくなってしまう原因は、更年期障害の可能性が考えられます。

女性はともかく男性に『更年期障害なんてあるの?』と思いがちですが、実は、男性でも加齢による身体の変化が起きています。

男の更年期障害がダイエットに障害に!?

あまり知られていませんが、男性にも更年期障害があります。それは男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が減少する『LOH症候群』と言われるものです。

『LOH症候群』にはさまざまな症状があります。

  • 血流の低下による体の冷えや肩こり
  • 筋肉の衰え
  • 疲れやすく・活力の低下


血流や筋力の低下は、エネルギーを燃やす基礎代謝が下がります。また疲労により、常にダラダラしていると運動によるカロリー消費さえも減少してしまいますね。

すると運動量や食事量もたいして変わっていないのにもかかわらず、急に体型に変化が出てきます。

40代になって急に体重が増えてしまったり、お腹の周りに贅肉がついてきたり、といった中年太りの状態に…。男性の更年期障害だってダイエットとは無関係ではないのです。

この『LOH症候群』の治療は、テストステロンを直接補充する方法もあり、運動などによって分泌を促す効果も確認されています。また食事でも増加させることができると言われています。

40代男性の筋肉減少を阻止!
ビルドマッスル

テストステロンを増やす食事は?

テストステロンは、お肉に多く含まれているとわかっています。40代に入り体調が悪い上、太りやすくなってきた方は、お肉料理を積極的に食べるようにしてみましょう。

ダイエットと考えると、お肉は敬遠されがちです。しかし糖質を過剰に摂取してしまうより、適度にお肉を食べる方がよいと言えるでしょう。脂質は、エネルギー消費量を上昇させる役割も担っています。

ただし、脂身の少ない赤身を食べるようにしてください。

また体内に入ったテストステロンは、少しずつ減少していきます。そのため定期的に補充してあげなければりません。テストステロンの減少を抑えるのが、ケルセチンと呼ばれる成分です。

ケルセチンは、以下の食材に多く含まれると言われています。

  • 玉ねぎ
  • レタス
  • そば
  • アスパラ
  • 赤ワイン


中でも玉ねぎは、血糖値を下げ血液をサラサラにする効果が有名ですね。40代男性には願ってもない効果です。煮たり焼いたり・サラダなどどんな食事メニューでも使いやすいので、進んで食べるようにしましょう。

[スポンサーリンク]




40代の女性が痩せにくい原因

一方40代の女性が痩せにくい・ダイエットに効果が出ないのは、男性と同じく更年期障害が原因になっている可能性があります。

女性の更年期障害は、よく聞く言葉ですね。

女性の更年期障害は太りやすい体質に!?

ウエストサイズを測定する女性の画像

女性の更年期は、閉経を挟んだ前後約10年間です。生理が終わる時期には個人差がありますが、一般的に45~55歳が更年期と言われています。

その更年期の期間はホルモンバランスが大きく崩れてしまい、更年期障害として現れます。

  • 肩こりや冷え性がひどくなる
  • 動機や息切れ
  • 精神的に不安定になる


それと同時に、代謝がぐっと低下します。そのため急激に太ってしまう場合もあります。ぽっこりお腹になってくる頃ですね。

女性の更年期障害は、女性ホルモンであるエストロゲンが深く関係していると言われています。

エストロゲンの分泌量は20代から30代をピークに、40代を過ぎた頃から一気に下がります。50歳に差し掛かる頃には、ピーク時の半分程度に減少するという報告もあるくらいです。

しかし、エストロゲンは食事でも補えます。『40代になって太りやすくなってしまった。』という方は、エストロゲンを積極的に増やす食事をしていきましょう。

エストロゲンを増やす食事は?

40代になり急激に低下するエストロゲンを増やす食事で、効果的なのは大豆由来食品です。大豆に含まれる大豆イソフラボンが、エストロゲンと良く似た性質を持っていると知られています。

  • 豆腐
  • 豆乳
  • 納豆
  • 味噌


味噌汁に納豆・豆腐などは和食メニュー定番のおかずとして無理なく食べられるので嬉しいですね。

納豆や味噌はスーパーフードの一つでもあります。

更年期障害を克服するための栄養素を摂取するとダイエットにもつながる、となれば積極的に食事メニューに取り入れていくようにしたいものです。

また、女性ホルモンの働きや分泌を整える効果があると言われているのが、ビタミンE・ビタミンB6です。

  • ビタミンE:かぼちゃやモロヘイヤ・アーモンドなど
  • ビタミンB6:サンマやカツオ・レバー・バナナなど


これらの食材も、日々の食事に取り入れていきましょう。

食事メニューで40代の更年期克服と体質改善

痩せにくい40代のダイエットといえば、運動やカロリー制限が真っ先に思い浮かびます。しかし少し食事メニューを変えれば、更年期障害も改善しダイエット成功する可能性が高くなるかもしれません。

ただしできるだけ良質な睡眠で早寝早起きをし、生活リズムを整えることも重要です。食事だけを気をつけるのではなく、生活習慣と食事の両面から見直していきましょう。

今回は以上になります。

ご満足いただけましたら『人気ブログランキング 』をクリックしていただけると、とても励みになります。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

[関連記事]



コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 食べても減らない事にも色々在る事を知りました。病気だとしたら困りますが。

  2. 食べても減らない事に色々在る事が分かりました。病気だとしたら困りますが。

記事へのコメント

*

CAPTCHA


Return Top