織田裕二が痩せた!身長と体重は?

織田裕二のビフォアフターの画像

「キターッ!」でお馴染みのベテラン俳優の織田裕二が痩せたという噂が浮上しています。

今回は織田裕二の激痩せについて言及していきたいと思います。

いつもクリックしていただきまして、本当に励みになります。
人気ブログランキングへ

目次

織田裕二が痩せた!

  • 生年月日:1967年12月13日
  • 血液型:A型
  • 出身:神奈川県川崎市
  • 身長:177cm

織田裕二は、高校時代「Deps」というバンドでギターを担当していたと言います。そのバンド名は、織田裕二のファンクラブの名称になっています。

織田裕二が痩せた!身長と体重は?

織田裕二は、神奈川県一と言っても過言ではない超有名進学高校 ピッツバーグ大学日本校に進学しましたが、中退をし、俳優を目指したと言います。

織田裕二の出演 映画・ドラマ

  • 1987年4月の映画「湘南爆走族」のオーディションに参加。数万人の参加者の中から、みごと織田裕二が演じたかった石川役に抜擢されて、本作でデビューとなりました。
  • 1989年6月の映画「彼女が水着にきがえたら」で知名度が高まる事となります。
  • 1991年のドラマ「東京ラブストーリー」のカンチ役で大ブレイクを果たします。
  • 1997年踊る大捜査線で青島俊作巡査部長役がハマリ役になり、 織田裕二の代表作になりました。

    その後も数々の映画やドラマで活躍をしています。

織田裕二は性格が悪い?

織田裕二は、撮影の際 共演者にダメ出しをする・わがままを通す性格だと言われていますね。

今回のドラマまで出演がなかったのも、性格が悪いため干されていたという噂も飛び交っています。

歌手として『歌えなかったラブ・ソング』などのヒット曲を持っていますが、音楽活動も2008年までで停止しています。

あくまでもネット上の噂ですが、織田裕二の性格の悪さについて以下のようなものがあります。

  • スタッフにも怒鳴ったりわがままを言ったりして困らせる。
  • 時間が押そうが、何をしようが、自分の撮影には納得するまで時間をかける。
  • 現場のスタッフや共演者とは、プライベートな付き合いは一切しない。自分の撮影時間以外はずっとホテルにこもっていて、自分が認めた相手としか挨拶しない。

あまりのわがままさに、織田裕二と柳葉敏郎とは犬猿の仲との事。

織田裕二は完璧主義者?

織田裕二のブレイクとなった「東京ラブストーリー」は、現在の「月9」という言葉も生まれる程の大ブレイクでしたが、織田裕二自身は、原作と脚本と自分のイメージとのギャップに悩んだと言います。

視聴者側としては、カンチと言えば織田裕二・織田裕二と言えばカンチ という程で何のギャップもありませんでしたが、織田裕二は途中放棄したと言えるくらい演技的に失敗だったという自己評価をしています。

演技は、「完璧にこなさなければならない」という、俳優根性があるのでしょう。自分の撮影時間以外はずっとホテルにこもっているというのも、一人で役柄のイメージを固める事に集中していると推測されます。

1992年のドラマ「あの日の僕をさがして」では主役の古賀森男役を演じましたが、視聴率が芳しくありませんでした。

織田裕二は、「駄目だ。何をしたいかを一生懸命固めなきゃ駄目だ。人から役をもらうだけじゃなくて、こっちから「何をしたい」って言わなきゃ駄目だ。無いんだったら、何か無理矢理でもテーマを作るぞ。」と思ったと語っています。

役者としての生真面目さと完璧主義で、自身をそこまで追い込むものでしょうか?やはり本当のプロだと感じます。

そして、それ以降の出演では、企画・脚本作りの段階から作品に関わるという姿勢を見せていると言います。

自分の取り組んでいるドラマや映画に関わる共演者の演技に対して、ダメ出しするのも、やはり素晴らしい作品に仕上げるためなのでしょう。

織田裕二は頑固?

  • 他の共演者の都合お構いなしに、時間が押そうが自分の撮影には納得するまで時間をかける。
  • 自分が認めた相手としか挨拶しない。

自分の演技については、完璧主義者だと言えますが、共演者の都合を考えなかったり、挨拶をしないというのは、あまりいただけませんね。

性格が悪いと言われても仕方ありません。

ただ、周囲に何を言われても自分を貫くという面では、やはり生真面目さが強い性格なのではないかと思います。そして、何より頑固なのでしょう。

上記の件もただの噂なので、本当の関係者にしかわからない事です。

織田裕二という人間は、こういった面全て含めて「織田裕二」ですね。彼の演技も、彼でなければできません。視聴者である僕たちはそういう見方をする事で、ドラマや映画を楽しませてくれる役者として素晴らしいか・三流なのかを見ていけばいいのではないでしょうか。

性格が悪い織田裕二に親友?

映画『ホワイトアウト』で親友役を演じ、ドラマ『振り返れば奴がいる』でも共演をしたりと、仕事でも良く共演をしていますが、織田裕二と石黒賢はプライベートでも親友と言われています。

今年10月の新ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』で16日放送された第1話では、石黒賢はゲストで共演しました。

本当に性格が悪い人間に親友はまずできません。

気が合いうまが合うのでしょうが、織田裕二と石黒賢は認め合った仲だということですね。

織田裕二は、的場浩司とも「織田ちゃん」と「マッキー」の名で呼び合うほど仲が良いと言われています。

織田裕二の嫁と子どもは?

織田裕二は、2010年8月21日 元モデルで美容研究家、芦屋のお嬢様と言われている野田舞衣子と結婚しました。モデルをしていただけあって164cmでかなりスタイルのいい美人です。

野田舞衣子は2003年の『監督感染』に出演していますが、その頃に織田裕二と野田舞衣子は、共通の知人開催の合コンで知り合い交際を続けていたと言われています。

織田裕二は、彼女との交際期間中も結婚当初も、フライデーや週刊文春でも暴けない程に徹底して隠していたので、二人の結婚はかなり電撃的な発表でした。

プライベートをあまり明かさない織田裕二は語っています。

「僕は役者なので、私生活とか、あまり皆さんに分からないほうがいいと思っています」

プライベートをネタにして知名度を上げる芸能人はたくさん存在しますが、これこそプロの俳優で、生真面目・完璧主義者・頑固と三拍子揃うわけです。納得ですね。

2014年9月に妊娠が発覚し、2014年10月末に長男が生まれています。名前はゆうたという噂がありますが、定かではありません。

ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』

織田裕二のドラマ出演はじつに9年ぶりとなります。

織田裕二主演の法門寺 沙羅駆(ほうもんじ しゃらく)に徹底して小馬鹿にされ、平民呼ばわりされる新人刑事役として、土屋太鳳が共演しています。

土屋太鳳は、「小さなころからずっと、映像を通してなど、織田さんから勇気やパワーを頂いていました。」と織田裕二への憧れの言葉をコメントしています。

織田裕二と土屋太鳳は、「自動車保険のイーデザイン損保」のテレビCMでも共演していますね。

今後のドラマの展開が大変楽しみです。

織田裕二が痩せた?

織田裕二が痩せたと言われたのは、「IQ246~華麗なる事件簿~」が放送されることから、8日の人気バラエティ番組「オールスター感謝祭」に出演した際でした。

まず、痩せたと言われる比較画像がこちらです。

織田裕二のビフォアフターの画像
 
右のBefore画像は、「IQ246~華麗なる事件簿~」の織田裕二です。

左のBefore画像よりも右のafter画像では、髪型の違いがあるにしても、頬がスリムになっているのがわかります。ですが、いい男というのに変わりはありませんね。

ただ痩せたのは何となくわかりますが、激痩せしたと言われる程の事でもなく、2~3kg程ではないかと推測されます。

2~3kgの体重の変動は、誰でもあるものですね。

ただし、俳優・女優となれば多少痩せることはあっても、太ることは芸能人としてはあまり好感度は良くありません。

生真面目で完璧主義者の織田裕二は、その性格で日頃自身の体重の管理も徹底しているのではないかと考えます。

それに、今回のドラマ主演で、精神を引き締める事により、体重にも反映されたと考えられます。

人間はだらけていると必ず太ります。精神的に何かしよう!と適度に気を引き締める事で、交感神経が優位に働き、脂肪吸収などを抑えてくれるのです。

ダイエットをしたいと考えておられる方は、是非「明日から~」と言うのではなく、必ず痩せる!と心に決め、今できることを少しずつでもはじめてみてくだい。

ジェントルマン織田裕二?

織田裕二が痩せた!身長と体重は?
「オールスター感謝祭」で痩せたと言われるとともに、織田裕二の紳士的な行動に称賛の声が集まっています。

感謝祭の人気企画「赤坂ミニマラソン」では、土屋太鳳が出場し激走しましたが、ゴールと同時にスタジオの床に倒れ込んでしまったのです。

その時、咄嗟に駆け寄って素早く手を差し伸べたのが、スーツ姿の織田裕二でした。

優しく介抱する姿が映し出されたことから、ツイッターでも多くの称賛の声。

  • 性格が悪いと思っていたのに、誤解していた。
  • 献身的に介助してて感動した。
  • 紳士な対応さすが!
  • すぐに行動に移せるのは人間性。カッコいい!
  • 見る目が変わった。
  • アカデミー賞のヒュー・ジャックマンを思い出した。
  • 織田さん、痩せたのか年なのにかっこよかったわ。

などと、好感度が一気に跳ね上がるきっかけとなっています。

その直後には、土屋太鳳はフラフラになりながらドラマのPRをしましたが、織田裕二は「普段根性を見ているのでやるだろうなと思っていました」というコメントをしています。織田裕二に認められているという事なのでしょう。

仕事では、性格が悪いと言われる行動をとる織田裕二ですが、自分が正しいと思ったことを貫き通せる精神が今回のような瞬時の行動に出るのでしょう。

織田裕二は、2015年のTBS「世界陸上」でのメインキャスターも務めていますが、今回ゲスト出演したリオデジャネイロ五輪の金メダリスト、モハメド・ファラー(英国)を「桁違いのモンスター」と紹介し、「世界陸上キャスター」としての知識も披露しています。

やはりどんな事でも、思った事をやり抜くという俳優としても一個人としても大変素晴らしい人間なのではないでしょうか。

結論として、織田裕二の性格は悪くないと言うことで締めくくりたいと思います!

今回の好感度を引き金に、今後も織田裕二の姿を頻繁にテレビで見る事を楽しみにしたいと思います。

最後までお付き合いありがとうございました!

未分類