【画像】南果歩が痩せた・・・!

【画像】南果歩のビフォアフターの画像

ドラマや映画・舞台に至るまで多くの活躍をしてきた演技派女優の南果歩。

南果歩は、2016年3月11日に乳がんの手術をしていた事を明かし、激やせしていると噂になっています。

南果歩の激やせぶりについて画像を交えながら言及していきたいと思います。

いつもクリックしていただきまして、本当に励みになります。
人気ブログランキングへ

目次

【画像】南果歩が痩せた・・・!

1984年 短大に在学中だった南果歩は、映画「伽倻子のために」のヒロインのオーディションに応募・2000人の中から選ばれ芸能界入りをしました。その後数々のドラマや舞台などに出演をしています。

  • 生年月日:1964年1月20日
  • 血液型:A型
  • 出身:兵庫県尼崎市
  • 身長:162cm

【画像】南果歩が痩せた・・・!/

南果歩は、1995年にミュージシャンであり作家でもある辻仁成と結婚、長男を出産しています。辻仁成とは2000年3月に離婚。辻仁成はその後2002年に中山美穂と結婚・離婚をしていますね。

2005年12月3日、2003年に2時間ドラマで共演したのがきっかけとなり、渡辺謙と再婚しています。

南果歩と杏の関係

渡辺謙には、モデルだった元妻との間に二人の子どもがいて、俳優として活躍する渡辺大とモデルでシンガーソングライター・女優の杏です。

渡辺謙は1989年に急性骨髄性白血病を発症、厳しい闘病生活を経て復帰しますが、1994年に再発。

その間でも、若村麻由美・斉藤由貴・池上季実子・荻野目慶子・高島礼子など、多くのスキャンダルで世を騒がせています。

その頃、元妻の2億円という巨額の借金で自宅が差し押さえとなり、杏は心を痛め高校を中退しています。

借金問題の訴訟では、渡辺謙が勝利しましたが、杏は渡辺謙の元を離れ元妻の母と一緒に生活をしていたと言います。

南果歩と渡辺謙は、離婚が成立していない2003年から交際を始め、離婚が成立してたった9ヶ月後に二人は結婚しています。

南果歩の連れ後を養子縁組した事で、実兄以外に兄妹ができるという現実に対しても、交際を経て離婚後すぐに結婚した父に対しても何らかの心の葛藤はあったと思いますし、南果歩に対してわだかまりを持っていても、当然でしょう。

ですが、その後は杏の成長や時間の経過により、親子関係も徐々に修復され、複雑な家庭であっても父の愛に支えられて、南果歩とのわだかまりもなくなりつつあるようです。

南果歩が乳がんで激やせ?!

南果歩は、2016年3月17日自身のブログで、南果歩は、渡辺謙の入院時に人間ドックを受け、乳がんステージ1である事が発覚。3月11日に手術を行ったと公表しました。

南果歩の激やせが噂となっていたので、その情報を調査してみました。南果歩の手術前と手術後の画像が下記です。

【画像】南果歩のビフォアフターの画像

左のBefore画像は手術前の南果歩で、右after画像は手術後の画像です。これを見比べていても、全く痩せたという風には見受けられませんし、激やせしたというのは単なる噂だけという事がわかりました。

乳がんを患っている事もあり、どうやら2015年4月に放送された「ようこそ、我が家へ」で共演していた嵐の相葉雅紀が激やせしてしまっている事から、口から口へと伝わるうちに南果歩が激やせしたという話に変わったようです。

相葉雅紀は176cmもの身長で55kg以下に落ちているという事で、ドラマの撮影中は南果歩が手料理の差し入れをすることもあったと言います。

乳がんステージ1

乳がんは4段階に分かれており、ステージ1は乳房の全摘出か一部を切除・または全て残す場合もあります。

ステージ1の状態で早期発見した場合、完治する可能性が高く、再発率は1割以下・10年後の生存率は90%以上もの確率です。

南果歩は、7月4日のツイッターで乳がん再発予防効果のある抗がん剤の「今日からハーセプチン治療が始まる。頑張れ私の身体!」とツイートをしています。

2016年10月3日に、ピンクリボンフェスティバルで「一筋縄ではいかない、この乳がんと、生きていく」と題したトークショーを行い、ブログ内でも以下のように書かれています。

「抗ホルモン剤、ハーセプチン療法、放射線治療などを受けました。
私の場合は血圧が上がってしまったので一時薬を中断して、
色々考えてセカンドオピニオン、サードオピニオンなど、
自分に合う治療法を模索しています。

出典:南果歩オフィシャルブログ/

南果歩は在日韓国人?

【画像】南果歩が痩せた・・・!
南果歩は、在日韓国人だという噂があります。

2007年に放送された「在日韓国人の方のルーツについて探る」番組で、南果歩の両親が出演。韓国人の血が流れていて、日本に帰化している事を公表しています。

デビューで初主演となった「伽倻子のために」は、在日韓国人の男性と日本人の女性の恋愛を描いたストーリーで、南果歩の演技力が素晴らしいと絶賛されました。

南果歩は、演技がわざとらしい・甲高い声が嫌いなどという声も上がっていますが、人の好みは千差万別です。その中で、生きていく女優さんや俳優さんの根性は相当のものと言えますね。

これから、乳がんとも付き合いながら、女優としてこなしていくためには困難が立ちはだかるかも知れませんが、南果歩の今後の活躍ぶりに期待していきたいと思います。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました!

未分類