若旦那が痩せた!身長と体重は!?


こんにちは。
ダイエットアドバイザーのJUNです。

湘南乃風の若旦那が「痩せた!!」と話題ですね。

それは、2月12日に放送されたフジテレビ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」の“男気ジャンケン”に彼が出演した時のことです。

湘南乃風のRed RIceさんがいつもレギュラーとしてこのジャンケンに参戦していますが、今回はスペシャルゲストとして、若旦那も参戦しました。

その時は、湘南乃風ではなく「男気乃風」と紹介されました(笑)。

若旦那は、今回の番組出演にあたり、「番宣でしょ!?」と聞かれると「そんなの全くしないです。番宣は絶対にしないです!!」と発言しましたが、結局その後早々にソロツアーに関してや、cdの宣伝をいっぱいしていたそうです(笑)。

と若旦那の「みなさんのおかげでした」の珍しいバラエティ出演に対し、ネットでは大騒ぎになりました。ネットでもそのことが爆発的に話題になり、その時に「痩せた!?」という声も広がったのです。

今回は、若旦那が痩せた理由についてと、身長と体重なども交え言及していきます。宜しくお願いします。

まずは、こちらの画像をご覧ください。

若旦那の激やせ比較画像.jpg

左側の画像は過去のもので、右側のはつい先日の26日に自身のツイッターに記載されていた写真です。

いかがでしょうか??

かなり頬のあたりが痩せた感じに見えますよね。ちなみにこの画像は、おそらくファンと一緒に撮ったものだと思うのですが、ちなみに、若旦那のソロツアーは写真撮影OKだとか。

ファンとの距離感を大事にしていることが伝わる発言ですよね。

では、若旦那の体重はどれぐらいなのでしょうか?

正直言うと、現在の体重は公式に発表されているわけではないのでわかりません。しかし、以前のものですと彼自身のブログで公開していました。

85kgです。とはいっても2007年のことですから約8年前。若旦那がちょうど30歳の頃ですからだいぶ過去の数字といってもおかしくないですね。

その時の、ブログを読んでいるとわかったことがあります。それがもしかしたら若旦那が痩せた理由につながるのではないかと思うので、お話しておきます。いくつかあります。

①かなり食事に気を遣っている
②よく歩く

です。

何のことではありません。普通の事と言えばそうなのです。

【どんな食事!?】

基本に忠実に野菜たっぷり摂って、お肉は脂を少なめにするというものです。地味ですねと思ったあなたは危険信号ですよ。実は、ダイエットやカラダを引き締めるといったことにおいて食事の役割は大きな要素の一つですが、かなり勘違いしてしまう方が非常に多くいるような気がします。

痩せるとなると一気にはじめてしまうのが、必要以上な食事制限です。

この「制限」という言葉、かなり窮屈に感じませんか。「コントロールする」というよりはむしろ、「~してはいけない!」といった否定語に感じてしまいます。

ラーメンを食べてはいけない。スイーツを食べてはいけない。夜22時以降は食べてはいけないといったところでしょうか。これだけで何だか苦しくなってきそうです。

確かに、あなたの「痩せたい」を達成するためには、摂取カロリーを全く無視しては結果が遠ざかってしまいます。しかし、それがイコール食べてはいけないではありません。それでは生きていることすらつまらなくなってしまいますからね。

そんな時は、こう考えることが大切です。1日の中でカロリーをコントロールする。つまり、朝と昼にがっつり食べたのなら、夜は控えめにしておく。夜にたくさん食べる予定があるのなら、お昼はあまり食べないように気をつけるといったことです。1日の中で何となくバランスをとっていくようなイメージです。

もしくは、出張、パーティー、外食などが続くといった理由で1日の中でコントロールすることが難しいというのであれば、1週間というスパンでバランスを取るというのでも有りだと思います。週の前半で食べ過ぎてしまうだろうという予定があるのであれば、週の後半で少し粗食といいますか抑え目にするか、和食中心にするなどの工夫をするのです。

「そんなんでいいの?」と思うかもしれませんが、それぐらいの考え方だと無理なく続けることができます。

要するに、食べ過ぎなければ太ることはありません。もう少し言うと食べ過ぎていた人が、最低限必要だと思える量にするだけで、痩せていくことは可能です。

若旦那のブログを読んでいて、食事の画像をアップしている時にいつも言っている言葉があります。

『感謝』

食べられることに感謝するということです。食べ物を丹念に作ってくれたのは誰か?それをここまで大事に運んできてくれた人は誰か?そして、料理として表現してくれたのは誰か?こう考えていくと、“食べる”という当たり前のようなことがそうではないことがわかると思います。

便利な社会になって、昔の人からしたら不可能であったことが可能になって、何でも手に入る時代だからこそ、肥満は生まれました。

必死で今の世の中を創り上げてきた時代は終わり、今はある意味、ぬるま湯に浸かっているような感覚もあります(時代なりの悩みは決して絶えることはありませんが・・・)。このような飽食な時代であるからこそ、もう一度、原点に目を向けていくことが必要なのです。

若旦那がいつも言う“感謝”が、まさに原点回帰の一つなのです。

そう思えることで、痩せたのも同然です。

【どれぐらい歩く?】

日本では、健康になるために「1日1万歩」歩きましょう!とよく言われます。これはあくまでも平均的な数字にはなりますが、これぐらい運動を習慣的に行っている人は、疾病率といって病気に罹る確率が低いというデータがあるからです。

我が国をもっと健康的にしようとする国による施策として、健康日本21という取り組みがあります。この活動によると、健康をつくる一番の条件は運動であると言われています。
メタボリックシンドロームの予防として、『1に運動、2に食事、しっかり禁煙、最後にクスリ』という文言を発表しています。大きなポイントは、“最後にクスリ”というところです。

薬の服用は、あくまでも対処療法にすぎないという考え方です。それよりも普段の生活である生活習慣に適度な運動を取りいれることと、バランスや量を考慮した上で食事を摂ろうとすることの方がよっぽど大切であるということを示しているのです。

都会は電車やバスなどの交通網が発達しているせいか、運動量が少ない。言ってみれば、歩いている歩数が少ないのでは?とよく言われます。しかし、実はそれは違うとも言われています。

考えるとすぐに気が付くことなのですが、都会は交通網が発達しているし、車や人の数が多いせいか、移動は自家用車よりも、電車やバスが多いという方が多くいます。乗りかえ時には、階段を上り下りしますし、最寄駅から目的地までも歩いていくという方がほとんどだと思います。

一方、田舎になると勝手が違います。まず、電車があっても1時間に数本しか走っていない。バスもない。駅の間隔が広く目的地まで、歩いたら数時間もかかってしまうといったことが普通にあり得ることです。だから、車を使うのです。都会の人は相当ゴージャスな人では無い限り、車といえば一家に一台といったところではないでしょうか。しかし、田舎になると1家に1台ではなく、一人1台という感じが普通です。

つまり、何が言いたいのかというと、田舎の方が自然が多く、不便な分、歩数が増えるのではないかと思いがちですが、全く逆で今一番問題となっているのが、田舎に住む人の歩数の低下による肥満の数が急増していることなのです。

「へぇ・・・」と思いませんか。意外ですよね。

若旦那の当時のブログには今日は1万5千歩歩いたという投稿があったりしました。距離は約9キロともありましたので、約2時間の行程です。これはちょっとやり過ぎ感がありますが(笑)、その当時(2007年)ですら、一年前に比べると太ってしまったようで、かなり自身の体重を気にしている様子でした。

若旦那の体重がMaXの時.jpg

ここまでお話してきた二つ。一つは食事に気を遣っていることと、もう一つはたくさん歩くこと、いかがでしょうか??この2つを1週間でも継続してみてください。きっと今まで何にも意識したことが無かったという方は、1.5kg~2kgは痩せると思いますよ。

ここまで身長について全く触れていなかったですね(笑)。

若旦那の身長は183cmです。

2007年当時ですが体重は85kg。この2つのデータからちょっと色々と見ていきましょう。

まずは、標準体重から。

この数値は、こちらの計算式で出てきます。

標準体重=身長(m)×身長(m)×22です。この計算式に先ほどの数値を当てはめてみると、73.7kgです。

確かに、約10キロのオーバーといったところですね。よく理想体重は身長から110を引いた数字なんて言ったりしますが、あながち嘘でもなさそうです。

こう見ると、85kgはやや太り気味という体重なのかもしれませんが、スポーツ好きな私にとってはあまり気にするほどの事のない感覚ではありました(笑)。

「身長183cm、体重85kg」と聞いたら、「おおっ!!ガタイがいいなぁ」と思ってしまいます。

と、冗談はここまでにしておいて、bMIでもこの数字について当てはめてみましょう。このbMIは病気の罹患率との関係性が深いようで、22という数値が一番、健康に近いのでは?と言われています。

このbMIの計算式は、こちらです。

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)です。ここに当てはめると、25.4と出てきました。18.5~25までが標準的なカテゴリーに入りますので、なんとか四捨五入でこの範囲に入ることができました。

ここまで見ていくと、やはり過去の若旦那は、やや太り気味という結果になりました。

ですが、先ほどもお見せしたように今の彼は、全く違うような顔つきです。体重もきっと70キロ台に到達しているのではないでしょうか。

なぜここまで痩せたのか??

もちろん、食事に気をつけていたり、歩くこともそうですが、もう一つあります。

それは、『気持ち』です。

「気持ちで痩せるってどういうこと?精神論??」と言われそうですが、それとはちょっと意味合いが違います。

やる気とか本気と言ってもよいでしょうか。つまり、熱が入っているということです。

現在、若旦那のソロツアーが全国各地で行われていますが、そのタイトルはというと・・・

「絶対に諦めないよ、オレは!!ツアー2015」

真正面からぶつかってくる気持ちの強いメッセージがドンと伝わってきますよね。コレですよ。これが若旦那の痩せた理由です。

若旦那が痩せた理由は?.jpg

そうです。「本気」が男を痩せさせるのです。

先日、彼のブログを読んで私自身、感動しました。その記事中にあった文章とは、

「ライブにきてくれたお客さんのテンションがダイレクトに俺に伝わる。同じ事ができない。それは長所でも短所でもある。同じようなMc、同じようなライブができない。」

まさに、ライブ一本一本が全力勝負ということです。中途半端であれば、全てが同じ感覚になり、同じ景色になる。でも本気で向き合っているからこそ、お客様の熱気、表情、汗、空気の違いに気づけるのである。

先日、私は八甲田山という山岳地帯で山岳ガイドをしているという人の記事を読みました。
そして、その方がこう言っていました。

「同じ雪、同じ景色には二度と会えない」

猛吹雪になれば、光はあったとしてもそこはもう白い闇の中です。前も後ろも右も左もわからなくなってしまうほどの白い闇です。

そこで、頼れるのは長年にわたってそこの景色や雪をみてきた経験だけなのです。そんなに過酷な環境の中では、生と死の境は、まさに紙一重です。だからこそ、ちょっとした違いにも敏感に気づくことのできる5感があるのではないでしょうか。

若旦那本人のツイッターを見ていても、とても気持ちイイ。

ライブに来てくれたお客様ともツイッター上でコミュニケーションを積極的にとっている姿勢が伝わってきます。

若旦那のTwitterのプロフィールにはこう書かれています。

最後にどうぞ!!

『若旦那です。ツイッターで色んな勉強をしたく参加しました。色々とおしえてください』

今後の活躍を陰ながら応援したいと思います。

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

未分類