西内まりやが太った?太ももが!?


こんにちは。
ダイエットアドバイザーのJUNです。

まずは人気ブログランキングをチェック!

モデルであり、女優であり、歌手とマルチで活躍中の西内まりやですが、「太った!?」と話題になっています。

それを言われたきっかけとなったのが、先月28日の彼女のライブでした。

ラゾーナ川崎プラザにて、待望の西内まりやの2ndシングル「7WONdeRS」のリリース記念としてのイベントが行われた時のことです。

ネットでも、

「ちょっと顔が丸くなった?」「何となく太った感じがする」といった声が聴こえてきました。

こちらの画像をご覧ください。

西内まりあの太もも画像.jpg

左右で比較できる画像を用意したので、わかりやすいと思いますが、若干太ったように見えない事もありませんが、実際はどうなのでしょうか?

今回は、西内まりやが太ったのは本当なのか?太ももの太さに変化があったのかをお話していきます。

結論からいうと、よくわかりません。彼女の体重が公開されているわけでもないので、はっきりとしたことが言えないのが実情です。とはいってもブログを読んでいると彼女なりのダイエット方法を公開していたりするので、実際、太ったりしやすいのかもしれません。

私たちは、芸能人やモデルさんたちをテレビやメディアに映っている姿しかみることができません。

ですから、どうしてもその裏側といいますか、私生活でどんなことを考え、どんなことをやっているのかがあまりわかりません。

今でこそブログなどのSNSなどを通じて、個人的なことも簡単に発信することができますが、みんなが公表しているかと言ったらそんなことはありません。

つまり、有名人はどうメディアに映ってくるのか表面的な部分だけで見られているわけです。しかし、それがある意味、その人達の評価となるわけですからシビアな世界だとは思います。

でも、その影にはたくさんの努力があるのです。見えないところでです。

西内まりやもその一人です。今回はそんな事も含めて彼女がどんなダイエットを今までにやってきているのか、そして彼女自身のストイックとも言えるマインド部分について語っていきたいと思います。

きっとあなたもこれを読むことでやる気が上がること間違いなしです。

話題となった西内まりあが太った?太ももがちょっとしっかりしているのでは?といわれたイベント。

観客者は何とでも言えるのですが(笑)、ここに彼女の思いが存分に詰まったサービスがありました。

それが「ナマ足」です。

1月28日といえば、大寒を過ぎた一番寒い時期です。その寒空の中でのナマ足ですよ。

イベントに集まってくれた5000人のファンの前で、西内まりやは感謝の気持ちでこう語りました。

「みんなが寒い中、待っててくれたので私も負けじとナマ足で来ちゃいました(笑)」

さすがモデルらしいファンサービスとも言えますが、これが結果的に話題の的となったわけです。

ここで簡単に西内まりやのプロフィールを紹介します。

1993年12月24日生まれの21歳(2015年時点)、クリスマスイブ生まれというのも幻想的で素敵ですが、もっとびっくりなのはまだ21歳という若さであるということです。

後程、ご紹介しますが彼女の考え方は本当に勉強になります。どうしてこんなにも前向きな考え方ができるのだろうと思います。

身長は170cmとさすがの数字ですが、体重は公表されていません。西内まりあの身長からみる標準体重はというと、63.6kgです。これはあくまでも生活習慣病予防という観点でみているので、理想的な見た目となるものではありません。

この身長で美容体重、つまり見た目的にキレイである体重は、この計算式で出せるのでちょっと見てみましょう。

美容体重=身長(m)×身長(m)×20=57.8kg

実際の西内まりあの体重はいかばかりなのでしょうか?

その他の特記すべき事項は何と言っても股下の長さ(笑)です。股下81cmでこれを身長の比率で表すと47.6%で、かなりの割合であることがわかります。日本人は胴長短足だとずっと言われ続けていましたが、死語になる日も近いかもしれませんね。

そして、もう一つは足の大きさが25センチ。普通は22cm~23cmぐらいの方が多いのではないでしょうか。

西内まりやは、かなりのスポーツ選手でした。アスリートと言っても過言ではないぐらいです。小学校3年生からバドミントンを習いはじめたそうなのですが、中学校の時、出身地である福岡市の大会で4度も優勝をするぐらいの実力の持ち主でした。

そして、お母さんは競泳の選手だったそうですが、国体で一番をとったことのあるぐらいの選手だったそうです。

このお母さんの名言があります。西内まりやが、もうすでにモデルとして仕事をしていた高校時代に学校でいじめにあった時に彼女にいった言葉です。

「自分で悪いことをしていないのであれば、立ち上がりなさい!」

こんな素敵な親がいたからこそ、強い魂をもつ今の西内まりやがいるのかもしれません。

西内まりやは、先ほども言いましたように、バドミントンで活躍していた選手でした。
彼女は類まれなる高身長と抜群のスタイルの中でウィークポイントがありました。

それが太ももの太さです。

モデルさんの太ももを見ていると、筋肉があまりなくスラッとした印象があると思います。
正直いうとガリガリかと思うぐらいです。

しかし、西内まりやの太ももはそうではありません。それはなぜか?筋肉があるからです。

彼女自身、当時はそれを一番コンプレックスにしていたかもしれません。

バドミントンは、多くあるスポーツの中でも特に瞬発力を必要とする競技です。常にストップ&ゴ-の繰り返しです。

現在コメンテーターとしても活躍されている潮田さんも、オグシオとしてオリンピックでも活躍したバドミントン選手ということもあって、顔はすごい美人ですが、太ももは結構しっかりされているのがわかります。

それだけ激しいスポーツをこなしてきた西内まりやの太もももいつのまにかアスリート仕様になっていたわけです。

それに比べ、モデルさんのようなスラッとした太ももは、筋肉がないからこそ完成された形なのです。

こうしたアドバンテージがあった彼女はどうしていつも前向きになれたのか?それは西内の心の中にある志の高さだと思います。

「夢を語っているだけでは意味がない。そのためにはちゃんとした努力が必要なのだ!」

では、西内まりやがコンプレックスであったはずの太もも痩せはどうやって行ってきたのか?まずはそこからお話していきます。

学生時代のハードな練習や筋トレで太くなってしまった脚は、一般的に「筋肉太り」と言われています。これは、太くなった筋肉の間に脂肪が入り込んだりすることで起きる現象で、比較的硬い足をしているのが特徴です。

筋肉太りでは、特に太ももの外側だったり、前側が太くなる傾向があります。そこが筋肉で発達しやすい部位であるということです。

そもそも、太ももはどうやって細くできるのか?

2つの考え方があります。

1つ目は脂肪などで単に太った人が脚痩せをするパターンです。こういった方は、ウォーキングをしたり、ランニングをしたり、縄跳びを繰り返す行うなど有酸素運動によって痩せることができます。

一方、西内まりやのように筋肉で太ももが発達してしまっている場合は、筋肉の凝りをほぐしたり、姿勢の歪みを改善することが大切になります。

少し詳しくお話しすると、筋肉は何もしなくてもついていくわけではありません。必要とされるからついていくわけで、余計な筋肉をつけていかないような生活習慣を心がけたり、姿勢を補正することが大切です。

例えば、ランニング愛好者でふくらはぎが異常に太く発達している人をみかけたことがあるかもしれませんが、プロのランナーはあまり太くありません。それだけアマチュアランナーはふくらはぎに負担の強い走り方をしているから、余計な筋肉がついてしまうのです。

姿勢も一緒です。歪みがあることで、どこか局所的にだけ体重が集中的にかかり、そこだけ筋肉が太くなってしまうのです。

そこで西内まりやが太もも痩せに取り入れたのが、骨気マッサージでした。骨を刺激しながらマッサージをしていくというものです。

文字だとなかなか伝わりにくい部分も多いので、興味のある方は、「骨気マッサージ」で検索してみてください。実際、彼女もセルフでマッサージしている様子を動画に撮影してありました。

その動画を観ても、地味といえば地味なものです。でも行動でしか変えられないことを知っているからこそ、結果を出せるまでに至ったのだと思います。

それでは、うっぴーこと西内まりやが実際に行っているダイエット法を紹介したいと思います。これが彼女を変えた行動というものです。

まず一番大切なのは、「体質を知ること」とあります。

これは、自分がどうなると太るのか、どうすると痩せるのか、そして何をすれば続くのかということを意味しています。

つまり、体質を知るとは自分を知ることということです。

西内まりやは、食べたら食べた分だけ太るし、動いたら動いた分だけ筋肉がついてしまうそうです。

ですが、原因がわかっていればそれを控える、もしくは気をつけることができます。もし、太る原因が自分で理解することができなければ、それすら難しいですからね。

その上で、西内まりやが行っていたダイエットは以下の3つです。

①ホットヨガ

②筋トレ

③食事制限

【ホットヨガ】

うっぴー曰く、ホットヨガは、リンパや血流が良くなったり、精神的にもリラックスできるそうです。

様々なポーズをとりながら、カラダを伸ばしていくので気持ちもスッキリして良いと言っています。

ホットヨガとは、数年前から流行していますが、岩盤浴のように低温サウナぐらいの暖かい部屋でヨガのポーズを行うエクササイズです。

当時は、汗がたくさん掻けるというので話題になりましたが、最近では汗をかくだけでは痩せることができないと思った人は辞めてしまうという傾向にあります。

結論から言うならば、安易に暖かいところで汗をかくのがダイエットできると認識することはあまりよくありませんが、代謝が上がることでそれこそ気分爽快になるのであれば、すごく良いことだと思います。

ダイエットのポイントは、継続です。あなたにとっていかに習慣できるか?そこが大切なのです。

【筋トレ】

元アスリートの西内まりやは、筋トレのフォームがとてもきれいです(笑)。

こちらの画像をご覧ください。

西内まりやのトレーニング画像.jpg

彼女がいつもやっている腹筋のトレーニングだそうです。この態勢をぜひあなたもやってみてください。意外に大変ですよ(笑)。

この筋トレは、脚を持ち上げるとバランスが不安定になるのですが、そこできちんとしたフォームを継続するのに、ものすごく腹筋に効いてくるトレーニングです。

先ほどの画像のように、西内まりやのフォームはとても綺麗です。トレーニングの効果は、いかに正しくできるかです。回数を多くこなすとか、セット数を増やすよりも、まずいかに正しい姿勢かを意識して行うようにしてください。

【食事制限】

食事制限というと、厳しいイメージがありますが、西内まりやの場合、食事を制限しているというよりも、栄養素を意識して様々な食材をバランスよく食べるという方に意識があるようです。

その詳細はというと、ビタミン類を多く含む野菜やフルーツを意識的に摂るようにする。そして、肉や魚などのたんぱく質を摂取し、炭水化物はその日の運動量に合わせて調整しています。

まず、これを読んであなたはどう感じたでしょうか?

何か自分にもできそうですよね。

それぐらい特別なことをしているのではなく、普通のことをしているのがまず大前提にあります。

その上で、最も大切なことは炭水化物の摂取量をコントロールすることでしょうか。これは食べ過ぎに気をつけましょうということですが、あまり運動をしない、活動量の少ない日は少々抑えめに食事を摂るようにし、逆に今日は結構動いたなぁという日は、それなりの量を食べるわけです。

これであれば、負担は少ないですよね。ダイエットで多いのはその一日がどんな日であろうと、「食べない」「食べちゃいけない」になるので苦しくなっていくのです。

食事をするのは、私たちにとって至福の時といっても良い時間なのにです。

ポイントは毎日できること。そのためには食事においても日によってコントロールすることが大切なのだと思います。

西内まりやは太ったことでダイエットをする時に、あることを同時行っています。

それは、自分が憧れる体型の方の画像を携帯の待ち受け画面にしたり、その雑誌の写真を切り取りファイルに入れて、いつでも見える、触れられる場所に置いておくそうです。

これも簡単なようで、大切な作業です。簡単にいえば、目標の「見える化」ということです。なりたいイメージを常に意識から離さないために必要なのです。

人間は弱い動物ですから(笑)、すぐに「やりたくない」「面倒くさい」になってしまいます。目標があってもです。それを常に思い出させるためにも、“見える化”というのは大切です。

ビジネスでいえば、まさに目標設定の具体化と一緒のことです。

太った時は、どうしても気持ちが焦っているので、闇雲に行動しがちです。口だけが先行して行動を伴わないよりも、まず動けていることがもっと大切なことではありますが、できるならば、順序立てた行動ができるともっと効果は高くなります。

そのためには、まずはあなたの「なりたい姿」を具体的にイメージすること。その上で、あなたの性格や体質や行動を分析すること。そして、それに基づいた見解で、継続できる行動をまずやってみることです。ぜひ、このあたりを頭に入れて頂くとあなたのダイエットも劇的に変わっていくことができます。

最後は、西内まりやの好きな言葉で締めたいと思います。

「一生懸命」

西内まりあが太った?.jpg

昨年(2014年)末『第56回輝く!日本レコード大賞』で最優秀新人賞を獲得し、さらに飛躍が期待されている女性です。目標は、武道館でのライブ。

そのために、命を懸けて取り組む姿勢。ぜひ見習いたいものです。

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

未分類