【画像あり】安藤美姫が太った!!

太った安藤美姫の画像


ダイエットアドバイザーのJUNです。

まずは人気ブログランキングをチェック!

先月の11月24日開かれた歌手サラのセカンドアルバム「SaRaH」発売の記念ライブでゲストとして登場した安藤美姫。

実は、安藤美姫とサラは、7月に富山県と新潟で行われたアイスショー「ファンタジー・オン・アイス2014」で共演をした間柄です。サラの歌声に合わせて、安藤美姫が踊る、お互いにとってとても気持ちの良い時間だったのではないでしょうか。

自分の歌がフィギュアの“振り”として表現される、そして安藤美姫は、機械の音ではなくて、心の入った“音”で踊ることができる。とても素晴らしいことですね。

この日の記念LIVeでは、演技をしないでじっくりサラの生歌を聴いた安藤美姫は、「鳥肌が立ちました。共演した時の記憶が蘇ってきました」とひどく感動していたようです。

安藤美姫はサラの曲がお気に入りで、しかもフィギュアの曲調に合っているので滑りやすいと大絶賛しています。また一方のサラも、元々フィギュアが大好きだそうで、安藤美姫が自分の曲で滑ってくれたことに「嬉しい」と喜びの声を聞かせてくれました。

まさに相思相愛と言ったところですね。

そんな素敵なお話しとは別に、もう一つ注目を浴びたことがありました。

それは、この日の安藤美姫が太ったという話題です。こちらの画像をご覧ください。

太った安藤美姫の画像

この画像を観て、特に安藤美姫が太ったといえるのは、腕回りでしょうか。二の腕がぽちゃっとした感じがありますよね。その他にも、ほっぺなど顔のラインやあごの部分が丸くなっている印象です。

画像でもわかるように、黒のブラウスにパンツという全身真っ黒の衣装で着やせするはずの安藤美姫でしたが、逆効果になってしまったのは否めません。

どうしてこんなに太ってしまったのでしょうか??

今回は安藤美姫が太った理由について、画像を交えて言及していきたいと思います。

先ほどの安藤美姫の画像を見たネットユーザーは、こんなコメントを残しています。

「二の腕がヤバい」

「太ったら露出好きな安藤美姫はどうするのかなぁ?」

「顔が恐い」、「スティッチじゃん」

「現役やめたらこんなに激太りしちゃうんだね」

「性格悪そうだね」

と安藤美姫の身体が“太った”ということ以外のメッセージもありましたが、全体的に彼女が激太りした印象に映っているようです。

でも、安藤美姫のように世界でも活躍するようなアスリートやスポーツ選手が、その競技を辞めると太ったり、激太りしてしまうのでしょうか。

まず、単純明快な回答ですが、それは運動量が激減するからです。

フィギュアスケートという競技はテレビで観戦していても、その華やかさゆえに大した運動量に感じられないのは私だけでしょうか。

男子選手の体をみても、そう思えてしまいます。

先日引退した高橋大輔選手のカラダは、細く引き締まっていますよね。そして、ソチオリンピックで金メダルの羽生結弦選手の線の細さをみたら、それはとてもスポーツ選手のようには見えなかったりします。

確かに、氷上の格闘技といわれるアイスホッケーや、スピードスケートのような太ももを見ていると、安藤美姫がやっていたフィギュアスケートは、スポーツや競技というよりは芸術性の高い“アート”のようなものです。

ところがです。一度、ショーなどのイベントに足を運んでみるとガラリとその考えやイメージが一掃されるはずです。

安藤美姫のように、選手たちの「息づかい」を聞くと、それがどれだけ激しい運動なのかがわかります。

フィギュアスケートはかなりハードな運動量を伴うスポーツなのです。

安藤美姫は他の女子フィギュアスケート選手よりも体格は良い方でしたが、浅田真央や村主章枝など、かなり痩せている選手が「大食い」であることは有名な話ですよね。

そうです。あれだけ痩せているのは、食事を極端にコントロールしているからではなく、激しい練習によってかなりカロリーを消費するからなのです。

逆に言えば、それだけ食べていないと“もたない”のです。安藤美姫も然りです。

画像のように安藤美姫が太ったのは、現役を離れて確実に運動量が減ったからなのです。

フィギュアスケートでは、1時間の練習で約300キロカロリー消費すると言われています。
芸術的な動作の練習だけでなく、ジャンプの反復練習、滑りのスキル練習も含まれますし、試合でバテないように、体力強化をしたり、筋力トレーニングをしたりもします。これだけの量をみれば、フィギュア選手もれっきとしたアスリートであることが納得できますね(笑)。

それだけ消費したカロリーを取り戻すために、たくさん食べるのです。1日に2000kcal以上は当たり前といわれています。もっと食べる人は3000以上とも言われるぐらいですから、かなりの大食いであることがわかるはずです。

男子にも負けない量を食べていたのに、太ったり激太りしないのは、それだけの運動をしていた証拠なのです。

ここで、ある画像をお見せします。ご覧になってください。

安藤美姫の出産後の画像です。

出産後の安藤美姫の画像

「あれっ!?」、「安藤美姫が痩せている」

そんなふうに思わなかったですか?

出産後は「産後ダイエット」なんて言うぐらい太ったりするものですが、安藤美姫はというと痩せています。

先ほどの画像と比べても明らかに、顔の感じや腕回りが違いますよね。

ご存知の通り、この後安藤美姫はソチオリンピックに向けて活動を再開します。
ということは、普通の女性からアスリートへと復帰するわけです。

それと安藤美姫が画像のように痩せていたのがどういう関係があるのか??

それは、安藤美姫が現役復帰を想定して、出産後も生活をしていたから太らなかったということです。

さすがの安藤美姫といえども、オリンピックを目指すと言う目標があれば、ただのお母さんの生活を送っていたら無理ですよね。そんなにオリンピック出場は易しくはないです。

おそらく、安藤美姫は出産後に相当、トレーニングを積んだり、食事を考えて太ったりしないように気を遣っていたと思います。

学生時代に運動部の部活に入部していたという方は思い出してください。

おそらく、試験1週間前になると、全学校のルールで試験期間ということで、部活が休みになったりしましたよね?

試験期間は、勉学に励むために設けられた時間ですが、この時あなたはどう生活していたか??ということです。

もしかしたら、全く運動をしなくなって太ったり、勉強のストレスで激太りしちゃったという方もいたかもしれませんが、試験が終わったあとすぐに良い状態で部活に臨めるように、太らないように気をつけていましたという人もいたはずです。

まさに、このことと一緒です。

安藤美姫のようなアスリートと一緒にするなと言われそうですが、感覚的にはこんな感じです(笑)。

こちらの画像の右側の安藤美姫の画像がソチオリンピックの予選の試合の様子です。

やはり安藤美姫の引き締まった女性アスリートのからだであることが一目でわかるはずです。

しかし、この後の大会で安藤美姫は予選で敗退して、ソチ五輪には選出されることはありませんでした。

敗因は、「体力不足」であったそうです。

先ほども触れましたが、フィギュアスケートの演技は相当体力を使うのです。ソチを目指して練習に取り組んできた安藤美姫でしたが、一度現役から離れてしまったことが、体力という面で影響してしまい、最後は力尽きてしまいました。

サッカーであれば、体力の差で負けたといっても「そうなんだぁ」と理解できそうですが、フィギュアスケートで負けた理由が体力不足ということもあるぐらいですから、いかに食事を摂って、いっぱい練習して、たくさん寝ることが大切なのかが想像つくと思います。

そういえば、羽生結弦選手の演技構成も体力がかなり影響していると言う話です。それは後半の演技に4回転のジャンプをいれるかどうかが争点になっているのですが、演技の後半になればなるほど体力が消耗するために、そのジャンプの精度が下がったり、成功率も低下してきます。

フィギュアの得点は、演技自体のスキルも見ていきますが、特にジャンプにおいては成功か失敗かで獲得できる得点が変わっていきます。

一番得点が高いのは、きれいにジャンプしながらも成功することです。しかし、どんなにジャンプがキレイに跳べていたとしても、着地で失敗してしまったら得点はガクンと下がります。だとしたら、後半の疲れている時に4回転という難易度の高いジャンプを入れるべきか否かは迷うはずですよね。

その解決法は二つ。後半になっても疲れないために体力をつけるのか、4回転のジャンプを諦めるかの二択になるのです。

ここまで長々とフィギュアスケートがいかに体力を必要とするスポーツなのかを綴ってきましたが、要はこうです。

現役を辞めた安藤美姫が太った理由は、それだけ体力をつかっていたフィギュアを辞めたからなのです。

安藤美姫が太った画像

こちらの画像をみても、現役時代と今とではそのからだのハリ感が違うのがわかりますよね。

そんな安藤美姫ですが、現在はというと「しゃべくり007」、「月曜から夜ふかし」、「おじゃマップ」などの人気バラエティー番組への出演、また、ドラマでは「奇跡の教室」、「ママが生きた証」で女優デビューを果たすなど、芸能活動でも大忙しの様子です。

バラエティーにしても、ドラマにしても潜在的な視聴率が共に2ケタを保っているようですから、いかに世間からも安藤美姫が注目されているのかがわかります。

しかし、世間では安藤美姫への反応があまり良くないようです。

「空気が読めない・・・」

「態度があまり良くないので不快です」

「性格の悪さが伝わってきます」

「もっと痩せろ!!これでは通用しないよ」

「テレビなんて出ていないで、子育てをちゃんとしたら」

といろいろ言われています。

テレビの世界ですから、安藤美姫のコメントや態度がどこまでが本当で、どこからが表面的なのかはわかりませんが、確かにあまり嬉しいメッセージは見つかりませんでした。

これもきっと安藤美姫が、自身の子供の父親についてきちんとした説明がないといったところから悪い印象を植え付けられてしまったのでしょうね。世間は都合がイイ部分も確かにありますが、やはり父親の名前を語れないとなれば、裏になにかが絶対あると思うのが普通ですからね。

一つ面白いと思ったのは、安藤美姫が今仕事に集中しているのは、アスリートだからこそなんて感じるところです。

つまり、売れ時があるということです(笑)。

アスリートも長くは現役を続けることができない。それこそ体力に限界があるからです。芸能界だっていつまでも売れるという保証は全くありません。ましてや太った安藤美姫では勝負になりませんよね。そのガッつき度合いが、空気が読めないとも言われているのかもしれません。

俳優志望の弟を売り込むために、自身が出演したドラマにエキストラ出演するなど、強引なところもあったり、あまり評判がよくない安藤美姫ですが、フィギュアで世界を目指していた実力を果たして芸能界でも見せてくれるのか。

今後の安藤美姫の動向に注目です。

今回は以上です。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

未分類