宮沢りえの激やせ画像

宮沢りえの激やせゴルフ画像


ダイエットアドバイザーのJUNです。

まずは人気ブログランキングをチェック!

「拒食症」という言葉を聴いて、あなたはこの意味がわかるでしょうか?

現在であれば大半の方が、正しい定義ではなくても、何となく「拒食症ってこういうことかな?」というのが話せるかもしれませんね。

でも、この時代はどうだったでしょうか??

そうです。宮沢りえが急に激やせした時のことです。もうかれこれ20年以上も前のことです。

社会が発展していけばいくほど、そして複雑になればなるほど増える病気が拒食症です。

今回は、画像を観ながら宮沢りえが激やせした理由について言及していきたいと思います。

あの時の宮沢りえの変貌ぶりはというと、おそらく覚えている方は当然、驚かれたはずです。こんなにも短期間の間で人間は変わってしまうのかと・・・。

芸能人や有名人になると視聴者にとってイメージされたキャラクターのようになったり、そして売れるために、もっと有名になるために作られた姿・形であることがしばしば強制されることも少なくありません。

ですから、宮沢りえのような芸能人は確かに、拒食症などの病気に罹りやすくなるのかもしれません。ですが、言葉の意味を勘違いしてほしくないのは女優やモデル、歌手やスポーツ選手などの有名人はただ“なりやすい”というだけで、私たち一般人にとっても油断のならない病気であることを認識する必要性があります。

拒食症は恐ろしい病気です。こちらのブログをご覧になる方に、安易にダイエットをすることがこういった病気の発症につながることを私はお伝えしたいと思っています。

そんな理由から、衝撃的な宮沢りえの激やせ画像をご覧になってあなたにも何かを感じ取ってほしいと思います。

まずは宮沢りえの簡単な経歴からご紹介します。

宮沢りえは、先日亡くなった“りえママ”とオランダ人の父親とのハーフです。

ご存知でしたか?
私は、知りませんでした(笑)。

宮沢りえは若くして11歳の時に、モデルとしてデビューします。そしてデビュー後すぐに
雑誌“週刊セブンティーン”の表紙モデルになります。1987年(昭和62年)中学生の時には、三井のリハウスのcMで初代のリハウスガールを務めることで、世間の注目を集めて、トップアイドルに仲間入りしました。

その翌々年の1989年、「ぼくらの七日間戦争」に初主演、しかも日本アカデミー賞新人賞を受賞します。

そして、小室哲哉さんの楽曲提供のもと、「ドリームラッシュ」で歌手デビューを果たし、1990年の“第41回NHK紅白歌合戦”にNHKホールの外で自由に歌いたいという宮沢りえ本人の希望によって、紅白歌合戦初の中継での出演をしました。しかも、その中継が芝浦の倉庫の屋上でバスタブに浸かりながら歌うという斬新な姿で、話題を総なめにしました。

紅白でわがままを聞いてもらえるなんて、当時の宮沢りえがいかに国民的にトップアイドルであったことがよくわかりますよね。

そんな絶頂期の時です。さらに宮沢りえはやってくれました(笑)。

1991年発売のヌード写真集、篠山紀信が撮影した「Santa fe」です。これが150万部のベストセラーとなりました。

当時の発想からすると、アイドルが“脱ぐ”なんてまずあり得ません。どちらかというと、過去に人気があって、その後低迷している女優が再び注目を集めるための最後の切り札としてヌードの画像を撮るといったイメージのあった時代です。

それを鼻から覆す、宮沢りえが10代で人気絶頂期の時のヌード画像です。どこまで先手で勝ち続けていくのか、その勢いは止まりません。

ちなみに、宮沢りえのヌード写真集は、1991年の発売ですが、その時の年齢が18歳、しかし、撮影当時は17歳だったのではという話です。もしそうであれば、児童ポルノ法に引っかかっていたらしいですね(笑)。

さらに、その勢いに拍車がかかるようなニュースがこちら。

1992年当時関脇「貴花田」(現在、貴乃花親方)との婚約発表です。その当時、国民的に大人気のビックカップルであった2人の婚約は「世紀のカップル誕生」とまで言われました。

ところがです。

宮沢りえと貴花田との婚約発表のあった1992年11月27日からの2か月後のことです。年の明けた1993年1月27日に、貴花田が「人生のパートナーになれなかった」、「愛情はありません」とコメントをし、たったの2ヶ月間で2人の婚約解消を発表しました。

その当時は、テレビのワイドショーでこの模様が何度も放送されていたそうです。

日本のマスコミは、海外まで行って宮沢りえを追い掛け回しては、婚約破棄の真相について何度もインタビューを迫っていました。

結婚の話が破談になった後に、しばらく宮沢りえの空白の時間がありました。

その後です。宮沢りえが本当に骨と皮だけのガイコツのような姿になって登場したのです。

こちらの画像をご覧ください。

宮沢りえの激やせゴルフ画像

宮沢りえがゴルフをしている激やせした姿の画像です。

宮沢りえがスイングをしている腕の細さをみたら、誰が見てもその激やせ具合がいかに異常なのかがわかるはずです。

これだけ急激に激やせしたことで、宮沢りえは「拒食症で痩せた!」と話題になったのです。

どうして宮沢りえが貴花田と破局したのかは、正直言うと原因ははっきりとわかりません。

貴花田の「愛情はありません」というコメントも、自身で罪を被ったとも言われています。

また、この破談には宮沢りえの母親であるりえママが原因なのではと言われています。

宮沢りえがふんどしのカレンダーやヌード写真集を出していたために、貴花田のお母さんである憲子さんが、2人の仲を反対し、りえママと憲子さんがそのことについて、かなりもめたと言われています。もしかしたら、このもめごとによって婚約がダメになったのかもしれません。

たかが20年前の事と言っても、現代のようにインターネットが普及している時代ではないですし、個性を売りにするような時代でもありません。

それだからこそ当時の宮沢りえが、斬新だったと言えばそれまでなのですが、相撲界に元々ある伝統という観点からいくと、少し難しかったのかもしれません。

りえママといえば、良い言い方をすれば宮沢りえのマネジメントを司るプロデューサー。悪く言えば、本人の意図を無視した非道徳的な営業人とも噂されています。

そこに何があったのか、真相はわかりませんが、画像にもあったように宮沢りえが激やせしたのは事実だということです。ただそれだけです。

ここで拒食症について、お話していきます。

拒食症は、こころの病気だと言われています。

拒食症は、正式名称でいうと、「神経性無食欲症」、「神経性食欲不振症」、「思春期やせ症」と呼ばれています。

同じ拒食症とはいっても、その症状や原因によって、これらの3つに分けられますが、簡単に説明すると以下のようになります。

無食欲症は、文字通り食欲が全くなくなってしまうことをさし、食欲不振症は食欲があまりない状態のことを言います。程度に違いはあれ食べることへの欲求や意欲が無くなってしまうのが特徴です。そして、思春期やせ症は、思春期のタイミングでやせ願望が強いことによる太ることへの恐怖心によって食べなくなってしまうことを言います。

拒食症の発症原因は、とても複雑であり、より深い部分の問題によって起こるとも言われているので、それ自体わかっていないことが多いのが現状ですが、モデルや女優・」芸能人のように“痩せている女性が綺麗”であるという、むしろ痩せていないと綺麗ではない位の風潮が、特に若い女性のなかに「やせ願望」を強くしてしまう傾向が生まれ、そのことが拒食症に導いている原因とも言われています。

一方、拒食症は極端なダイエットや思春期における痩せ願望以外にも原因があると考えられています。

それが、「ストレス」です。

また、両親の不仲などの家庭環境や大人になることへの強い反抗心などもあります。特に母親との関係が大きな要素となる場合もあります。食べない事で母親の自分に対する関心を引きたいという気持ちがある一方で、両親のようにはなりたくないという思いや、母親を拒否する気持ちも持つようになります。それは、母親の体型、言ってみればそれを全部ひっくるめて大人、そして大人の社会そのものまでも拒否してしまいます。

宮沢りえとりえママとの関係性を考えた時に、もしかしたら激やせの理由には、本人のこんな思いがあったかもしれません。

「結婚が破談になった私は、もうすべての流れがここで止まってしまった」

「こんな私は世間で笑いものにされる」

「貴花田さんとの結婚を母親のせいで破棄にされてしまった」

「私は母親のためにここまで身を粉にして頑張ってきたのに・・・」

「やっと、この結婚で母親と離れることができたのに・・・」

「あの母親がいなければ、今頃私は幸せになれたのに・・・」

「母親なんて大嫌い!大人の世界なんて大嫌い!!」

あくまで想像ですが・・・・・。

拒食症で激やせした宮沢りえ

それにしても、こちらの画像でもわかるように、宮沢りえの体格の違い、その雰囲気の違いには驚きが隠せません。

激やせの原因にもなる拒食症は、父親との関係性が問題になる場合もしばしばあります。

画像にもあった激やせの宮沢りえは父親との関係はどうだったのでしょうか。

実際には、りえママが六本木のクラブで働いている時に、オランダ人男性と知り合い、宮沢りえが生まれるわけですが、その後は、りえママはオランダに移住し、すぐに離婚して帰国しているぐらいですので、あまり宮沢りえ自身、父親のことを覚えていないかもしれません。

画像のように激やせした宮沢りえの場合、はっきりと断定はできませんが、やはり強烈なショックによるストレスで拒食症になってしまったと考えられます。

その衝撃は想像を絶するものですが、「太りたくない!」とか「もっと痩せればキレイになれる」といった想いとは少し違うように感じます。

いずれにしても、画像でもあるぐらいの変化をもたらす拒食症ですが、その病気のもつ異常行動について触れてみたいと思います。

拒食症によっては当然、その行動は違いますし、様々です。ここでは代表的なものをあげていきます。

①少食・偏食

脂肪を多く含む食品や炭水化物など、太りやすいと認識している食べ物をできるだけ避けるようにして、野菜やこんにゃくなど低カロリーなものだけを食べるようになります。
また、あまり食べていないことに親などが心配すると、「もう食べた」とうそをついたりすることも特徴です。

②過食

周囲に隠れて、食べ物を大量に食べます。そして、食べる行為が一通り終わると、痩せたりという気持ちが募り、自己嫌悪に陥ることが多くなります。

③食べ物への執着心

食べることを抑制する反面、食べ物に異常に関心を持ってしまいます。それは、食べ物を大量に買い込んだり、持ち歩いたりしたり、食品に含まれる栄養成分などや調理、料理の方法に詳しすぎたりします。料理を自分でする人も少なくないのですが、自分では食べられないので、人に勧めたり、食べてもらうことで満足します。

④下剤のクスリの飲用及び嘔吐

食べた物を自分の身体に吸収させないために、下剤を使ったり、自分で吐いてしまいます。吐く行為は、できるだけ周囲の人には気づかれないようにするというのが特徴です。

⑤活動的になる

活動的になるというのは、プラスのイメージでというよりは、無理やりという意味合いの方が強くあります。それは、自分の存在価値を認めてもらうためや、空虚な気持ち、虚無感に対して充実感を求めようとする心の表れによって、いやに行動的になったり、活動的になると言われているからです。

画像のように激やせした宮沢りえがこちらの⑤に当てはまると考えられるのは、そのあたりが理由です。

宮沢りえがあんなに細い腕でゴルフをしている画像を観た時に、「もしかしたら」と感じました。

しかし、こうした活動的な部分は、拒食症の症状が進行するにつれて、集中力や体力が続かないため、長続きしません。

では、画像のように激やせした宮沢りえは、拒食症をどう治療していけばよいのでしょうか。

拒食症の人は自分が病気だという自覚のない人がほとんどです。そうですよね。でなければあそこまで激やせした宮沢りえの画像を私たちは観ることができなかったはずです。

ここまでこちらをご覧になって頂ければ、イメージが湧くと思いますが、その治療は友達など素人が簡単に励ましたり、アドバイスするようなのが最も危険な行為になります。

きちんとした、専門医のもと治療を受けることが絶対条件になります。その上で、家族や医師、患者が一丸となって治療に専念することが大切です。拒食症は心の病気です。家族の患者に対する理解や接し方も学ぶ必要があります。

拒食症はその患者本人が家族にその異変に対するサインを出しながらも、その事実を隠してきたという気持ちも親は理解していかなければなりません。

そして、この病気が簡単に治療できるわけではなく、たとえ治ったとしても再発する可能性があることを理解し、決して焦らないようにしなければなりません。ゆっくりとお互いのココロと向き合いながら、確実に一歩ずつ治療していくことが大切です。

りえママと宮沢りえの画像

宮沢りえは、この拒食症と上手に付き合いながら、前に進み復帰後も見事な活躍をされています。先日、りえママが亡くなりましたが、きっと拒食症をしたときのような「憎い」という感情だけでなく、感謝の気持ち、母なりに私を育ててくれたことへの感謝の気持ちを最後に挨拶したのではないでしょうか。

ここからが宮沢りえにとっての第二の人生のスタートなのかもしれません。

芸能界は、夢もありますがその裏側には私たちの想像を超える世界があることも彼女によって教えてくれました。それに対して何を感じるのか、そして何を学ぶのかが大切なのだと思います。

宮沢りえの今後の活躍を期待しています。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

未分類