松下由樹の激やせ画像!

痩せた松下由樹の画像


ダイエットアドバイザーのJUNです。

まずは人気ブログランキングをチェック!

先日の10月31日と11月1日の連夜で放送された「ナースのお仕事」で、松下由樹が激やせしたと話題ですね。

実際、「ナースのお仕事」のドラマスタッフも松下由樹の激やせぶりに驚いていたようです。

こちらの画像をご覧ください。

痩せた松下由樹の画像

いかがでしょうか!?

松下由樹本人、激やせについてこう語っています。

「激やせなんて、とんでもないです」

「画像にあるように確かに、皆様に“痩せた”と言われますが、実はダイエットをしているわけではなく、実は“温活”をしています」

松下由樹が痩せたのは、「ダイエットではなく、温活!!」

これは、気になるところですよね。

秋も深まって、北の各地から初雪・初氷・初霜の知らせが続々と届き、これから寒さが一段と厳しくなっていく今、あなたも一番恐れているのは“冷え”ではないでしょうか。

時期的にも又、女性にもまさに松下由樹が言っていた“温活”が注目されています。

今回は、松下由樹がおすすめする温活について画像を踏まえながら、言及していきたいと思います。

宜しくお願いします!!

先ほどの画像のように、激やせした松下由樹が行っている「温活」とは一体何なのでしょうか!?

温活とは、『全身を温かく保つための活動』のことを言います。

就職活動のことを、“就活”、結婚に向けた活動のことを“婚活”、それこそ恋人をつくるための活動を“恋活”といいますが、温活もこれと同じような造語です。

温活は、女性の悩みでも特に多い、冷え性や生理痛などの症状を改善していくために、カラダを温めていくことです。また、この温活によってそもそも女性に備わっている「女子力」を目覚めさせるとも言われています。ダイエットしかり、美容効果もあるということです。

現に、激やせした松下由樹も日頃から、むくみが酷かったといいます。

先ほどの画像では、あまりむくんでいる様子もなく、肌艶がいい感じが確かにしますよね。

普段から手先が冷たいと感じている方、お腹が冷えやすいと思っている方、冬になると特にからだが冷えると感じる方、夏場でも冷房が強いオフィスや公共機関などにいると、すぐに寒さを感じる方も多くいると思います。

実際に、そういう方に体温を聴くと、35℃台の人が多くいます。あなたは、理想的な体温は何度ぐらいだと思っていますか?

決して、35℃台ではないですからね(笑)。

健康的な生活を送るための理想的な体温は、36.5℃~37℃と言われています。37℃になると、ちょっと微熱があるぐらいと想像される方も多いと思いますが、医学的にみても、それぐらいの数字であることが望ましいと考えられています。

では、画像でもわかる松下由樹が激やせした理由の一つである「温活」が私たちにとって、なぜ必要なのでしょうか??

その大きな理由は、「冷え性対策」です。

冷え性の一番恐ろしいところは、自覚症状がないところです。現代の女性の約半分の女性が“冷え性”なのではないかと言われているにもかかわらずです。

冷え性とは、簡単にいうと身体が「低体温」状態にあるということです。

つまり、全身の循環があまり活発ではない状態をさします。

自覚症状がないけれども、何となく調子が悪い、そんなふうに思っている人も少なくないと言われている時代です。

だからこそ”冷え“ということが話題になっているのです。

皮肉な言い方をしますが、温暖化といわれている時代に、なぜ人類の体温が低くなっているのでしょうか。

それは、元々あった自然とかかわりのある生活ではなく、時代と共に逆行している現代の生活様式が“冷え”を生みやすくなっているというのが理由です。

一つは、食べ物の変化でしょう。当たり前のように全国各地の食べ物や特産物がいつでも食べられるようになっている、そして海外のものもいつでも手に入るようになっています。

要は、季節問わず食べたいものが食べたい時に手に入ることが可能になったために、極端な言い方であれば、冬でも台湾バナナを食べることができるし、アイスも食べることができます(笑)。また、夏に冷房の効いた部屋で、熱々のカップラーメンを食べることだってできてしまいます。

つまり、昔ながらにあったその季節に必要であった食べ物、そして食べ方、保存方法などがバラバラになっているというのがその理由にあるのです。

そして、もう一点は「体温調節機能」です。これは冷暖房器具の発達です。特に大きく影響するのが、冷房ではないでしょうか。夏の暑さで体温が上がるのを防ぐのというのが人間のそもそも持つ汗をかくという働きです。汗をかいて体温に籠った熱を外に逃がすというのがその能力です。しかし、冷房設備が発達することで汗をかく機会が減り、体内の熱を逃がすシステムが崩れてしまっているのです。

さらに言えることが、「運動不足」でしょう。体内の熱を生みだす筋肉を使わなくなっていくことで、当然筋肉量が減っていくという理由から、熱を生みだす源である筋肉の働きが低下することで、“低体温”状態に陥ってしまうのです。

こんな時代だからこそ、痩せた松下由樹がおすすめする温活で“体温”を上げていき、健康な身体にしていこうという活動が求められているのです。

では、“冷え性”であることをそのまま放っておくと、どのような問題が起きるのでしょうか、このあたりについて整理していきましょう。

これからスキーシーズンに入っていきますが、寒い場所にずっといるとあなたのカラダはどう変化していくか?イメージできますか??

寒い所にいると、だんだんと身体の動きが硬く鈍くなったような感じがあると思いますし、手や指先が白くなってしまうと思います。それがそのまま続くと、「凍傷」といって寒さで体の一部が腐ってしまうこともあります。

それはどんなことが体の中で起きているかというと、寒さを感知した体は体温が下がってくると、血液の循環を優先的に内臓や、重要な臓器へと流していくようなシステムになっています。

寒くなって手先や指先が冷たくなると、白くなって何となく生気がなくなるのはそういった血液の流れに変化があるからというのが理由です。

血液はあなたもご存知のとおり酸素や栄養分を全身に運んでいく働きがあります。これが「動脈」です。一方で、体内のあちこちに溜まった老廃物を体外に排出するために、回収していく働きがあります。それが「静脈」ですね。

ですから、当然、血液の循環が寒さや冷えによって滞ったり、悪くなってしまうことは、普通に考えてカラダにとって良くないことは分かると思います。

その理由は、身体の細部まで酸素や栄養が回らなくなってしまい、そして老廃物が排出されないからです。泥沼のように濁った水が溜まっているようなイメージでしょうか。

こうなると、それぞれの身体機能が低下してしまうために、免疫力が下がり、病気になりやすくなってしまうのです。

いつも風邪をひきやすく、体調が崩れやすいという方は、もしかしたら体温が低下しているのが理由であると疑ってみることも大切であるかもしれません。

また、女性でいえば骨盤内の下腹部に大切な臓器がありますよね。そうです、子宮や卵巣です。この大切な二つの臓器を冷やしてしまうと、具合が悪くなることもありますし、生理痛につながることもあるので注意が必要です。

こうした“冷え”による体内の影響をいかにして防ぐことができるのか。それは、激やせした松下由樹が今年からはじめた「温活」による効果なのです。

激やせ前の松下由樹の画像

何となくこちらの画像にある松下由樹は、顔もややむくんでいて、少し太った印象ですよね。

実際、画像のような姿では、冷え症もかなりひどかったかもしれません。

ここで、あなたにも簡単に今からはじめることのできる“温活”についてお話していきます。

①食べ物を変える

特に、体を冷やす冷たい飲み物は、極力控えるようにしていきます。とはいってもでは全く冷たいものを食べたり、飲んだりしてはいけないのかと思いがちですが、そうではありません。先ほども書いたように、暖房がガンガンきいた部屋で冷たいアイスクリームを食べたり、冷たい飲み物を一気に飲むようなことに気を付ける程度で問題ありません。

つまり、極端なことをするのを控えることです。夏は夏に美味しい食べ物を食べる、冬は冬によく出てくる野菜を食べる、季節の特産物を積極的に食べる、そういう意識をもつだけで随分、違います。

②お風呂に浸かる

朝シャンと言われてから、もう20年位は経つでしょうか。普通の蛇口ではなくシャワーが発達してからというもの、お風呂の湯船に浸からずにシャワーでお風呂は済ませてしまうという方が増えています。当然、汚れたカラダをきれいに流すという目的であれば、シャワーで十分ですが、やはりゆっくりカラダを温めるというのはシャワーでは難しいはずです。こうした方もいきなりシャワーをお風呂にというのは現実的ではないですが、週末時間がとれるときや、お風呂に入る曜日を週に1回でも作るような意識で変わってくるはずです。

画像にあったように松下由樹の顔がむくんでしまっているのは、やはり顔を含めた血流があまりよくないからといえます。

現に、温活で激やせした松下由樹は、今ではよく湯船につかるように意識をしているそうです。そして、お風呂に浸かっている時間は、足先や指先をマッサージしているといいます。

きちんとお風呂に入るということもさることながら、足先や指先などの末端部分(先端部分)のマッサージをすることで、血液が届きにくい部分まできちんと血流が妨げられないようにしているのです。

松下由樹が画像で見せた”痩せた”と語る温活ですが、本当にちょっとした意識なのです。何となくできそうではないでしょうか。

ですが、こういったことも、この方法をこれだけやれば必ず体温が1℃上がるとかそういうことではありません。いかに継続してみて体調の変化などに気にかけてみることが大切なのです。

③服の温熱機能を利用する

最近では、ヒートテックなどの肌着の機能が向上しています。それは、カラダの熱をいかに逃がさないようにするといった機能や、熱を生みだす産熱作用があるなどです。そういった機能が充実した服を身につけるというのも一つです。

実際、激やせした松下由樹は、夏場でも冷房が効いた部屋にいるときは、足が冷えないようにレッグウォーマーを履いているそうです。

冬に盛んにおこなわれているマラソン競技をみてみると、腕の部分や足にタイツのようなものを身につけているのをご覧になっているかと思いますが、そんなイメージのものです。

④携帯カイロを使う

携帯のカイロを十分に活用することも大切です。今ですと、足の甲に貼るタイプなど様々な部位に対応できるように形が工夫されているものやサイズが極端に大きいモノや小さいものなど様々な商品が売り出されています。

例えば、お腹が冷えたりするときに、見えない部分に貼りつけたり、腰の部分と共に前後から温める方法もあるでしょう。腰部を温めることによって、滞留していた血液を循環させることができるので、カラダを温めることが可能になります。

さらにお隣の韓国では、東洋医学が発達していると言われています。

東洋医学には「血液の流れを良くして、不調を整える」という考えもあるようです。日本では漢方薬で東洋医学が主に伝わっていますが、こうした考え方も取り入れてみるのも大切な要素なのではないでしょうか。

ここまで、温活について簡単にまとめてみましたが、画像にもあったように温活で痩せたと話題の松下由樹が、これ以外にも行っているのが、「生姜湯」を飲んだり、「朝スープ」を食べることだそうです。

この二つについても簡単にまとめておきます。

【生姜湯】

生姜といえば、身体を温める効果があるというのは、あなたもご存知だと思います。

ですが、実は生姜は生で食べるとかえって身体を冷やす場合があります。お酒のおつまみで夏場に生で食べることがありますよね!?それは、夏の暑さで温まったカラダを冷やすという効果もあるのです。

といった理由から、温活で有効な生姜の使い方は、「生姜湯」がおすすめなのです。

激やせの松下由樹も取り入れているこの生姜湯は、特に冷え性対策にもってこいの飲み物といえます。

生姜は、生で食べると、体内の白血球の数が増えます。白血球は、体内に侵入してくる細菌やウィルスから身体を守ってくれる細胞ですので、免疫力があがっていきます。

その一方で、生姜に熱を加えていくと、血行が良くなる効果があると言われています。

これは、生姜に含まれている元々の成分が関わっています。生の生姜には、ジンゲロールという成分が免疫力を高め、熱を加えることで、そのジンゲロールの量が減っていくかわりに、ショウガオールという成分が増加していきます。それが、血管を拡張して血液の流れを良くしていくのです。

そして生姜湯は実をいうと、この二つの成分の効果を得ることができるということで注目されているのです。

それは、生姜湯の作り方で変化してくるのですが、生の生姜をすりおろした状態で、ジンゲロールの成分を生かしながら、“ぬるめ”のお湯をつかって生姜湯を作っていきます。この“ぬるめ”というのが大きなポイントです。そうすることで、血行促進効果のあるショウガオールも存在しながらも、ジンゲロールが残ってくれるのです。

ここで生姜湯の作り方!!

まずは、コップ1杯(約200cc)の水とおろし生姜を鍋に入れて、お湯がぬるくなるまで煮立たせていきます。それから、お好みではちみつやシナモン、メープルシロップなどを入れればできあがりです。

簡単ですよね(笑)。

はちみつには殺菌効果があるので。風邪などのウイルス性の病気の予防に強く発揮します。
ですから、そういった意味でも生姜とはちみつの組み合わせは、風邪などの病気の予防において最強タッグといえます。

ということで、

生姜湯の効能をまとめてみると・・・

1. 身体を温める効果

生姜は熱を加えることで、血流を良くする効果のある“ショウガオール”が増えていくので、冷え性対策には、熱を加えた状態で、生姜を摂るほうがよいです。

2. 風邪の予防

生姜は、白血球数を増やし免疫力を高める“ジンゲロール”が含まれているので、風邪のひき始めなんかに、生姜湯を摂ると効果的であると言われています。

3.ダイエット効果

生姜の効果である“新陳代謝の改善”と能動的に身体をつかう運動と組み合わせることで、さらに代謝が上がるという理由から、ダイエットに良いと言われています。

4.生理痛の緩和

下半身や腰部の冷えからくる生理痛は、血行を良くし体を温める効果があるので、生姜湯が特におすすめです。

【朝スープ】

そもそも朝にごはんを食べる効果をお伝えすることが大切ですね。

人間は、寝ている間に日中の体温より実は1℃ぐらい低下しています。その下がった体温を上昇させてくれるのが、朝ご飯です。

朝にしっかりとご飯を食べることで、体温をあげてくれますし、それによって頭が働いてきて、カラダを動かすエネルギーを蓄えることができるのです。

朝ご飯は、“食べるめざまし時計”とも言われているぐらいですから、きちんとご飯を食べて、元気な一日をスタートさせることが大切です。

そして、寝ている間に意外と失われているのが水分です。

朝起きたらまずはコップ1杯の水を飲みましょうとよく言われますが、そういう意味でも温かいスープで水分補給とともに、野菜をたっぷり入れることで、ビタミン類も補給することができます。

さらに、朝ご飯を食べることによって、当然胃の働きも活発になるので、その刺激が腸にも伝わることで、お腹がスッキリしやすくなりますし、便秘の予防にもつながると言われています。

まずは、習慣的な朝ご飯を、そして寝ている間に失われた水分を温かい状態で補給してくれる朝スープ。スープですから、のどごしもよく野菜などを入れても意外にすんなりと食べることができますのでお手軽です。特に寒くなってくるこれからの朝活として、ぜひ取り入れていってほしいものです。

今回は、温活という話題を中心にお届けしてきました。

痩せた松下由樹はダイエットを意識して行っていなかったにもかかわらず、こうした温活をして健康的なカラダになっていく、そういう意識をもつことで中身から変わっていったようです。

松下由樹の激太り時代の画像

こちらの画像は、かなり太っていた頃の松下由樹の画像です。

先ほどの画像と比べても全く違いますよね。

そうです。ダイエットってそもそも考えてみたら、痩せた姿になって健康的な肌艶になる、そして毎日を元気に過ごしていくというのが本質です。

ですから、無理やり痩せようと努力するのではなくて、松下由樹が行ってきたように、ちょっとした意識を生活にとりいれていくことなのではないでしょうか。

今回の画像をみて、松下由樹が痩せた理由というのも、きっとあなたに多くの学びがあったのではないでしょうか。

以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

未分類