磯野貴理子が太った画像 

磯野貴理子が激太りした画像


ダイエットアドバイザーのJUNです。

まずは人気ブログランキングをチェック!

タレントの磯野貴理子が脳梗塞で倒れて、緊急入院していたというニュースがありました。

磯野貴理子は、先日の10月23日に自宅で体調不良を訴えて、現在の夫であります高橋東吾の付き添いのなか、都内の病院に緊急搬送されました。

ドクターによる診断は、「脳梗塞」でしたが、命には別条ないそうです。

現在は治療療養中ということで、復帰のめどは立っていない様子です。

脳梗塞といえば、長島茂雄さんや西條秀樹さんを思い出すという方もいると思いますが、元気であったり、アスリートでもある方が、突然なる病気ですので注意が必要です。

でもなぜ、脳梗塞が起きてしまうのでしょうか!?

様々な原因・要因がありますが、その中でも大きく関わってくるのは「ストレスと肥満」です。

ということで、今回は、磯野貴理子が最近太った!?と噂になっていたので、その“激太り”と理由について画像とともに言及していきたいと思います。

磯野貴理子が診断された「脳梗塞」とは、脳にある血管が“血栓”というもので詰まってしまい、血液がその先に流れなくなってしまうことで起こります。

ダムで水をせき止めているようなイメージですとわかりやすいと思います。

血液は細胞の栄養素となる酸素やその他の成分をたっぷり含んでいる、まさに栄養ドリンクですから、これが脳の細胞に行き届かなくなってしまうと、せき止められた先の細胞が酸素不足になってしまったり、栄養不足になったりして死んでしまいます。

これが、磯野貴理子が診断されたという、「脳梗塞」というものです。

つまり、血液をせき止めてしまう血栓(血の塊)が血液の中にできてしまうのが問題であるわけですが、血栓ができやすいタイプというのがあるので、そのあたりをお話します。

①心臓病のある人
⇒例えば、心房細動や弁膜症というものがある方は、心臓付近で血栓ができやすいため、その血栓がそのまま脳まで流れていって、脳の血管で止まってしまうというケースです。

②高血圧の人
⇒高血圧の方というのは、もともと血管を傷めやすい特徴があります。それによって動脈が硬くなる動脈硬化を進行させてしまうために、その血管が傷んでいる部分に血栓ができやすくなってしまうケースです。

③糖尿病のある方
⇒糖尿病という病気の特徴に血液が固まりやすく、血栓ができやすいというのがあります。また、高血圧と同じように、動脈硬化になりやすい要因でもあるため、ダブルで危険度の高いケースです。

④肥満
⇒激太りしていると、それだけで心臓病や高血圧になりやすく、またもともと脂肪が多いために血液中の脂肪の比率も高まります(高脂血症)。この肥満や万病の元ともいわれていますが、激太りすることで血栓のできやすい環境が整うということです。

⑤ストレス
⇒ストレスというのは、その度合いを簡単に測定できるものではないのですが、この影響によって、高血圧、高脂血症、糖尿病、心臓病などすべての病態が悪化するといわれています。イライラしたりするような過剰なストレスは、血管をギュッと縮こませるので血液が詰まりやすくなるので、かなり危険です。

また、その他にもタバコを吸ったり、たくさんお酒を飲んだりすることも、動脈硬化や心臓病を引き起こしやすくなるので、血液がドロドロになりやすくなります。

脳梗塞は、いかに速く発見するかが大切で、早期に治療をすることで後遺症が少なくなりますので、いつもとは何か違う感覚があった場合などは、はやめに受診することが大切です。

とここまで、長々と「脳梗塞」についてお伝えしてきましたが、脳梗塞が命にもかかわり、そして誰にでも突然起きるこの恐ろしい病気であることをまず理解して頂きたいと思ったからです。

磯野貴理子は、実際ここ最近ネットでも「太った」とか「激太り」と噂になっていました。

その激太りの話題とたまたま「脳梗塞」のタイミングが重なっていたので、びっくりしたぐらいです。

それだけ、激太りというのが問題なのです。

磯野貴理子が激太りした画像

画像にもあるように、磯野貴理子はなぜ激太りしてしまったのでしょうか??

それは、もともと磯野貴理子がお酒をよく飲むということが大きな理由であることは間違いありませんし、もう50歳という年齢であれば、20歳そこそこの年齢の人達と比べても激太りしやすくなることは当然でもあります。

さらに言えることは、磯野貴理子が激太りした理由は、食べ過ぎているからということです。

太るというのは、食べたり飲んだり外から人間のエネルギーとなるものを摂りいれなければ達成することができません。

ですから、画像のように磯野貴理子が激太りするほど、食べ過ぎたり飲み過ぎたりした理由というものが本当の核心部分にあるのです。

そこに対して、磯野貴理子が自覚していないとますます太っていってしまうからです。

磯野貴理子の激太りの理由は、「ストレス」であると言われています。

こうした、ストレスが画像のように激太りする結果を招いてしまったし、しかもそのストレスによって、太ってしまったことやさらにはそのストレスが直接的に“脳梗塞”にまで導いてしまったとも言えます。

そこまで磯野貴理子を苦しめた「ストレス」とは、どんなことかというと、結婚相手の“浮気”であると噂されています。

磯野貴理子といえば、2003年の12月にその当時のマネージャーであった7歳年下の人と結婚しましたが、6年後の2009年11月に離婚をしました。

その離婚の原因は、夫の浮気でした。

そして、その後にbaRで働いていたという一般男性と知り合い、交際を始めたようです。

その男性と結婚する前に、その男性に資金を出して店を出したりしたので、一部で「お金目当て」だとか、「紐でしょ」と言われていましたが、行列ができる法律相談所の番組内でその男性にプロポーズをされて、再婚したのです。

磯野貴理子が再婚までに至った理由は、彼の「自分のお店を持ちたい!!」という心意気に惚れたようです。

こちらの画像が、磯野貴理子にプロポーズしたという結婚相手の高橋東吾の画像です。

高橋東吾の変化の分かる画像

画像にもあるように、プロポーズした時の印象はというと、爽やかなあどけなさの残る青年という印象ですが、現在の姿は、金髪に髭を生やすという“チャラ男”に変貌しています。

もちろん、結婚してから数年は経っていますが、夫である高橋東吾はまだ20代中盤です。

baRを経営するという夢もさることながら、まだまだ好奇心が強くある年齢であると言えます。

よく「バイタリティ」の20代といいますが、他の年代にはない「行動力」がある年頃なのです。

その上当然、baRを経営していれば、お客様との接点が増えていきますし、若い女性や好みの女性が来店することもあるでしょう。

そんな絶好の環境の中ですので、夫の浮気は確実視されているのです。

最近では、自宅に磯野貴理子のものではない、髪の毛が落ちていたということを告白したという話題もありました。

これが本当のことであれば、確かに 「ヒドイです・・・」

このような状況に対して、ネットでも色々と言われています。

「もともと、愛情のない夫婦なのだから、当然ですよ」

「磯野貴理子のお蔭でこうなれているはずなのに、旦那がTVで調子に乗っている」

「磯野貴理子は、お金だけむしり取られたね。もう用は済んだんじゃないの!?」

こうした状況にもかかわらず、自分でもどうしてよいのかがわからない歯がゆさで磯野貴理子は食べることや、飲むことに逃げてしまっているのかもしれません。それが激太りになった大きな理由です。

ですが、24歳も差のある年下婚であるわけですから、当然、このような事態になることは最初から予想が出来たとも言えます。

いってみれば、もう息子であってもおかしくないような年齢差です。

当然、結婚相手ですから磯野貴理子自身、相手に甘えたいという気持ちもあるだろうし、自分の言うことを聞いてほしいというのもあるかもしれません。

磯野貴理子の旦那になにか変なことが噂があったとしても、どうしてもその対応に甘くなりがちで、見て見ぬふりをしてしまいかねません。

どうでしょうか??あなたもきっとそのあたりは想像できると思います。

磯野貴理子の夫の浮気が“真実”だとします。

ですが、もしそれが判明したのならば、その時点で磯野貴理子は二つの決断をするべきなのです。

一つは、耐えられないぐらい悔しいけど離婚をする。そしてもう一つは、一切そこには触れない。

ということです。

一番良くないのは、モヤモヤした感情がずぅっーと続いていることです。

それがストレスとなって、お酒や過食に走って、画像にもあったような激太りになってしまうからです。これでは健康を害してしまいます。

当然、浮気をしていることがまだ確信していないのであれば、その真実を徹底的に調べるのか、もしくは相手を信じて絶対に疑わないようにするという選択しかありません。

「白or黒」に分けるのです。

グレーな状態が続いていると、ますます苦しくなって、どんどんストレスが溜まっていき、さらに激太りしてしまうのです。

当然、浮気が真実だとしたら、夫が100%悪いです。

それ以外に何もありません。

ですが、磯野貴理子自身どちらにせよ、事実に対して毅然とした態度でいることが、一番、ストレスなく生活する方法になるのです。

磯野貴理子が太った画像

磯野貴理子の性格分析をすると、面白いことがわかりました。

磯野貴理子といえば、「うるさいオバさん」というイメージがありますが、実際に、テレビやメディアでの画像をみていると、大げさな身振りや手振りが目立ち、そして必要以上に大きな声を出しているのがわかります。

これは実はというと、磯野貴理子のようなオバさん年齢の特徴ではなくて、極端に精神年齢の低い人に多い傾向だそうです。

また、以前放送された「プレバト!!」という番組で、その精神年齢の低さを決定づけるシーンがありました。

それは、ある映像を見て俳句を詠むという場面です。秋の京都の画像をみて、磯野貴理子が詠んだ俳句はというと、こうでした。

「空の青 赤いもみじが 笑ってる」

あなたはどう感じるでしょうか!?

俳句では、「空の青」や「赤いもみじ」などとはっきりと色のわかるものを表現したりせず、何かに例えるようにしながら、その色合いを連想させるような作りであることが多いものです。

誤解してほしくないのは、磯野貴理子がこのような俳句を詠んだことが悪いといっているのではなく、磯野貴理子の幼稚な部分が彼女としての「らしさ」としてあることがわかりやすい例であったということだけです。

また別番組の心理学と統計を掛け合わせて、科学的に人間の性格を分析するというものでも、磯野貴理子の診断では、「無邪気でハッピー、自由で永遠のお子様」という結果だったそうです。

これは、テレビ番組的に面白く解釈した部分もあるのかもしれません。

実際、テレビなどの画像では、「キャラづくり」というのが大切になりますからね。他の芸能人でも、テレビではよく話すのに、本当は無口な性格であったり、またその逆もあったりします。

ですから、テレビ的にウケる「キャラ」として磯野貴理子は、精神年齢が低い印象であるのかもしれません。

要するに、ここで言いたいことは、本当の自分と表に出る自分とのギャップが強すぎるのはある意味危険であるということです。

磯野貴理子がプライベートでもあまり深く物事を考えないタイプなのであれば、それを認めて、夫のことについてもあまり深く考えずにする。

逆にテレビの印象とは違って、物事に繊細ですごく深くまで考えるのであれば、徹底的に追究しようとすればいいのです。

グレーにしてしまうからストレスが溜まるのです。食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまうのです。画像のように激太りしてしまうのです。

いずれにしても、磯野貴理子がストレスを抱えてしまい、激太りした結果「脳梗塞」が起きてしまったこと。これは起こるべくして起こったことです。

磯野貴理子のコメントでもありましたが、夫が磯野貴理子の異変に気づいて病院に搬送されたおかげで軽度の脳梗塞で済んだというもの事実です。

この病気、そして「命」の大切さ儚さに気づくことができた磯野貴理子と高橋東吾の「絆」はより強く結ばれることだと思います。

もしくは、残念ながらその糸は切れてしまうかもしれません。

画像にもあったように、磯野貴理子が悩んでいたこと(夫婦関係)を明らかにするために神様が与えてくれたチャンスなのではないでしょうか。

磯野貴理子は、今回の件で、ご迷惑をかけたことにお詫びをし、絶対病気を治して元気な姿で1日も早く戻ってくるように頑張りますとコメントしています。

心身共にゆっくり休めて、病気だけでなく磯野貴理子自身、自分とゆっくりと向き合う時間にして頂きたいと思います。

今回は以上です。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

未分類