ローラが激太りした理由は!?

バカキャラのローラの画像


ダイエットアドバイザーのJUNです。

まずは人気ブログランキングをチェック!

今回は、モデルでありながら、タレントのローラが激太りしたということで、その理由は父の一件なのではないかという視点で言及していきたいと思います。

ローラといえば、スタイル抜群、世間知らずのお馬鹿さん。言葉知らずで数々の大御所芸能人を困らすというので有名なタレントさんです。

ですが、そのキャラクターと美貌、そのスタイルからは想像つかないそのギャップが受けているのか、今でも人気があります。

バカキャラのローラの画像

しかしながら、最近、そのローラが激太りしているというので話題になっています。

ローラが、激太りと噂になってしまったのが、具志堅用高とのデートをネタにしたテレビ企画での一コマでした。

タクシーに乗っているローラが、どうも今までとは違うふうに太っているということで話題となったのです。

その時のネットでの反応も、

「あのローラが・・・・・」

「全然可愛くない。なんでこんなに太ったの??」

「ちょっと残念です。」

というコメントが多かったのが印象的です。

確かに、芸能界で人気のまま居続けることは難しいし、様々なストレスがあることも否定はできませんが、今回のローラの激太りの理由は、どうやら父の逮捕だと言われています。

ローラの父はこんな人です。

パキスタン系のマフィアであるとかネットで出ていましたが、ここではそれは問題ではありませんので、控えておくことにします。

ただ、今回、ローラの父が詐欺の疑いで国際手配をされており、そしてその後、警視庁に出頭し、逮捕されたというニュースが舞い込んできました。

あなたも想像してみてください。

あなたの父が逮捕された。そんなあなたは有名人。(この事は有名であるとかないとかは問題ではありませんが)

正直いうと、どういう面をしてテレビの前で立てばいいのだろう!?と気が気でないことは容易に想像できます。

父のことで、どうしようもないぐらい大きなストレスを抱えてしまったローラは激太りしてしまいました。

激太りしたローラの画像

ここで、少しストレスと激太りの関係について、お話してみたいと思います。

【ストレスと過食の関係】

ストレスと激太りの関係は、ストレスによって過食行動を招いてしまうことにあります。

あなたもこんなことがあるのではないでしょうか!?

「ついついストレスによって、スナック菓子を食べ過ぎてしまう」

「甘い物をつまんでは、それが止まらない」

こんな時にたいていの人が、

「また食べちゃったぁ。何でこんなに食べてしまうのだろう??」

と言ってしまいます。でもここが激太りを招くストレスによる過食の盲点なのです。

まずは、自分を責めることをやめましょう。

過食は、ちょっとした考え方を変えていくことと、食べ物への向き合い方でコントロールすることができます。

過食の負のスパイラルは、食べることに罪悪感を持つことで生まれてしまいます。

罪悪感をもつことで、食欲が無理に抑え込まれます。そのことであなた自身の「満足感」が薄れてしまいます。それがストレスを増大させる大きな理由になります。そのストレスが反動となって、食べ過ぎてしまうという悪循環に陥ってしまいます。食べ過ぎしてしまうので、当然、太ってしまいますし、時にそれに気づかずに激太りしてしまうこともあります。

まずは、食べる自分を責めないことです。

食べることが、心の栄養であると考えて、前向きにとらえることが最も大切です。

いいですか。太るのは明らかに食べ過ぎてしまうからです。普通に食べている分には、太ることがありません。

ついついダイエットというと、1日1食とか、断食をするとかに走りやすくなります。

もちろん、その行動に対して意図をもって取り組んでいるのであれば問題ありません。

断食は、最近では「ファスティング」というおしゃれな言葉に言い換えられて、女性の間でも流行っています。その理由は、効果が高いからでしょう。

このファスティングの目的は激太りしていたり、太っていることを解消するために行っている方もいますが、この効果はダイエットではなく、内臓器官の疲労をとることにあります。

内臓器官が疲労していると、どうしても正常な機能が阻害されてしまうからです。

ダイエットは無理な食事制限ではありません。むしろきちんと食べることです。食べることがあなたの身体の栄養にもなりますし、心の栄養にもなるのです。

このあたりはきちんと覚えておくと良いと思います。

ここで激太りを防ぐための過食を卒業するためのアドバイスをお伝えします。

①週1回は、好きなものを食べましょう。

ご褒美の1日をつくることは、気持ちがワクワクしてくれます。食事を楽しむこと、食自体を前向きにとらえる姿勢になることがとても大切です。美味しいお店を探したりして食べに行く、食べたい物をリストアップして、それを気持ちよく食べることです。ご褒美で何でも食べていいというと、「ホントに?」と思いがちですが、このご褒美をつくることが過食行動を抑える理由は、この時に感じる「幸福感」というものが心を満たしていってくれるのです。

②食べる物の質を変えること。

高いものがいいとは限りませんが、確かに高価なものはそれなりの値段がかかる理由があります。それがオーガニックであったり、採れたてであったり、作り立てであったり、作業工程に工夫が施されていたりです。こうしたものを食べることによって、やはり気持ちの上で満足感が高くなります。

まさに、「安物買いの銭失い」ですね。

例えば、スナックや加工食品は、より自然に近いものを選択したり、チキンナゲットよりも焼き鳥を選ぶことです。このようにしてより自然なものを選択して食べることで、心身共に普通の状態に戻っていくことができます。

③食事のバランスに気をつける

食べ過ぎをしてしまう人の大きな理由の一つに偏食があります。

栄養士の専門家が指導するような理想的な食事や栄養バランスを最初から取り入れるというのはなかなか難しいことですが、一般的に太っている人や食べ過ぎが目立つ人というのは、偏った食事を摂る傾向にあります。肉や魚などがない、ご飯類や麺類だけの炭水化物中心の食事になっている方も多く見られます。

中華料理屋でよく見かける、ラーメンとチャーハンみたいなものです(笑)。美味しいのは山々ですが、バランスを考えるのであれば、色味やたくさんの種類の食材を食べるように心がけることが大切です。

このようにして、一部の食材に頼ることなく、バランスよく食べることができれば、身体は自然と満足感を得られるようになり、必要以上に食べなくなります。

ローラの激太りした理由は、父のことで、悩んでしまったローラが唯一つ、ストレス解消になっていた食べることだったのかもしれません。

ローラが激太りをした理由のもう一つ、ローラの心に深く根を張っている、「苦しみ」や「哀しみ」について、お話したいと思います。

こういった過去の苦しみというのが、後になって意外にも「過食」につながるのです。

ここで、わかる範囲でローラの家庭環境についてみていきたいと思います。

今回の事件で、指名手配されたローラ父の“ジュリップ・エイエスエイ・アル”という男は、実はバングラディッシュ人。

ローラの父は、来日した際に、日本人とロシア人のハーフである母と結婚しました。その時にできた子供がローラというわけ。

ローラがあれだけの顔立ちとスタイルである理由が、これでわかりますよね。この場合のローラはハーフでもなければ、クォーターでもなければなんと呼ぶのでしょうか??4分の3です。冗談はさておき、そのローラと双子の弟でモデルの“リョウ”を出産後に、この二人は離婚しました。

そしてその後、ローラは中国人である継母に育てられたと言います。

今から13年前は、東京都国立市に住んでいました。木造二階建てのアパートの角の部屋には、ローラの父と、双子の弟リョウ、父の再婚相手である中国人女性、そしてその再婚相手の両親も、さらには、二人の間にできた双子の赤ちゃんの計8人です。

すごい家族構成です。複雑すぎます。

多国籍の家族構成。様々な文化が存在している異空間。どこに頼っていいのかもわからない混乱している世界。ちょっと想像がつきません。

海外での事情はよくわかりませんが、日本においてはなかなか無い家族構成であることがわかります。だっておそらくこちらをお読みのあなたもきっと“同じ”ように感じるはずだからです。そう思う人が多ければ日本という社会では普通とは言えないことなのです。

激太りを生みだす“過食症”は、実は親子関係の問題によって起こるとも言われています。

その大きな理由は、親子の愛情の欠如です。親からの愛情がなく育ってしまうと、なかなか“自尊心”が芽生えてきません。つまり、なかなか自分に自信がもてなくなってしまうのです。自分に自信がもてなければ、自分をうまく表現ができません。

また、親というものは子供にとっては、心の拠り所です。その拠り所がなければ頼るものがありません。そうなれば、頼れるところは自分になります。ところが、その自分がしっかりしていないので、食べることに走ってしまうのです。

さらにもう一つ。過食の問題で言われていることは、「うつ」が理由で起こるとも言われています。

こんな症状があれば一つのサインだと思った方がよいです。

・夕方から夜にかけて、体調が悪くなっていく

・どんなに寝ても、何となく眠い

・イライラして落ち着きがない

・疲労感が常にある

・甘い物がいつも食べたくてしょうがない

上記の症状がみられた場合は、もしかしたら、うつの可能性があります。ここでも大切なことは生活のリズムです。食事のタイミングや寝る時間を考えて、その生活リズムを規則正しく整えていくことで、状態が快方に向かうはずですが、気になるという方は、心療内科などに相談することが望ましい場合もあります。

ここまで、ローラが激太りをした理由が、父のことによるストレスで食べ過ぎてしまったということでお話してきましたが、やはり、モデルが本業のローラが激太りとあっては、ちょっと問題はあります。

嬉しい悩みといいますか、悲しい悩みといいますかはわかりませんが、太ってしまったことによってローラの胸のカップ数が急激にアップしてしまったとも言われています。

ローラはもともと、隠れ巨乳というので有名だったので、激太りによってそのカップ数も
あがり、今ではGカップぐらいあるのではないか?と言われているぐらいです。

女性としては、胸が大きいことは悪いことではないはずですが、全体的なバランスを考えた時に、あまりにも胸が大きすぎてしまうと、服をキレイに着こなすことができなくなり、モデルとしてはかなり痛いのではないでしょうか。

もしかしたら、そのあたりは業界も困っているのかもしれませんね。

ローラが激太りした理由がストレス以外にあるとしたら、遺伝ということも考えられます。

なんせあの家族構成をみていれば、もうあなたもおわかりですよね。

外国の血が流れているは、それだけでもしかしたらリスクがあるのかもしれません。

よくハーフは若い時は、細くてスラッとしていてキレイなのに、年齢があがると太ってしまって劣化が激しくなってしまうと言われています。これは遺伝的なことですから否めませんが、もしそういった理由でローラが激太りしてしまっているのであれば、やはりこれも生活習慣を修正していけばかなりの確率で改善されていくと考えられます。

ローラは、1990年3月30日生まれの、24歳。

本来であれば、まだまだ激太りする歳ではないですし、モデルとしても最高に良い時期です。

モデル姿のローラ

バラエティーでも活躍しているローラにとっては、この20代前半に起きた体型の変化をどう捉えていくのでしょうか!?

確かに、激太りしたといってもモデルの世界では、そういうふうに言われるだけで、一般的にいえば、ちょっとふっくらした感じでかわいいという意見もあると思います。

今後のローラの売りを考えていったときに、モデルよりもバラエティーで売っていくことももしかしたら有りなのかもしれません。芸能界で息の長い活躍をしていくためには、方向転換も求められる時期もあるはずです。

それが例え、体型の変化がきっかけだったとしてもです。

今回、ローラが激太りした理由は父の逮捕によるストレスであるという視点でお話してきましたが、もしかしたら、これはローラにとっては転換期であるのかもしれません。現状は変わることがありません。その現実を前向きにとらえることで、それが一つの道につながるのだと思います。

今後の活躍を期待しています。

今回も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

未分類