江原啓之が激やせした現在は!?

江原啓之のプロフィール画像


ダイエットアドバイザーのJUNです。

今回は、スピリチュアカウンセラーの江原啓之が激やせしたということで、その成功させたダイエット方法とともに、現在の様子について、言及していきたいと思います。

江原啓之といってあなたは、「パッ」と顔が思い浮かぶでしょうか!?

江原啓之のプロフィール画像

こちらの現在の画像をみると、

「あぁ!!この人ねっ」と思う方も少なくないのではないでしょうか。

実際、私もその一人でした。

本名は、そのままの江原啓之

1964年12月22日生まれで、東京都出身。

2005年~2009年まで放送していた「オーラの泉」という番組をあなたは、覚えているでしょうか??

その番組では、毎回ゲストが登場し、レギュラーの美輪明宏と江原啓之が「前世」や「守護霊」という観点からゲストのこれからの人生のために、どう行動するべきか?また、どういう心持ちでいるべきかといったことをアドバイスするというというのがこの番組の内容です。

当時はすごく流行っていたのを覚えています。

実は番組が終了していてから、かなりの月日が経っていたのですね。

番組が終了した現在、レギュラーの美輪明宏、進行役であったTOKIOの国分太一は、現在でもテレビでよく見ますが、スピリチュアルカウンセラーの江原啓之は、ほぼ全くみなくなった。

そんな江原啓之です。

なんと「女性自身」7月8日号に登場しました。

そこで驚いたのは、あの当時のことよりも何よりも、激やせしていた江原啓之の現在でした。

相撲とりともいえるような肥満体型はそこには全くなく、まるで別人のように激やせしていたのです。

こちらはイメージ図です(笑)。

江原啓之の激やせ画像

現在のこちらの画像をみたら、この人は何をやっていた人なのだろう??と思うかもしれない。

ほぼ面影が”ゼロ”というぐらいの現在の激やせした姿に、スピリチュアルカウンセラーという肩書きすらどこかにとんでいったかのような“風貌”です。

“オーラ、守護霊、前世”

今はどうやら、スピリチュアル・ブームが、すっかり下火になっているようです。

江原啓之といえば、パンパンな顔に二重顎、ぽっちゃりと突き出したお腹など、肥満体型でしたよね。

江原啓之の学生時代は、なんと体重が130キロもあったそうで、回転寿司では、一人で50皿ものお寿司を食べたという歴史もあったそうです。

江原啓之スピリチュアル画像

現在に至るにあたって、江原啓之に何があったのでしょうか!?

なぜ激やせしたのでしょうか??気になるところではあります。

だって、江原啓之は以前、こう言っていました。

それは、江原啓之自身が太っている理由を、

「“憑霊体質”の霊能師だから」といい、「お腹の空いた未浄化の“霊”が霊感体質の人間に憑依して、江原啓之自身が、その霊の食欲の分までも食べてしまう」などと言っていたそうです。

だが、現在は全くといってよいほど、そういったスピリチュアルカウンセラーとしての発言はありません。

江原啓之の激やせと、スピリチュアルカウンセラーとしての言葉の封印。

覚えている人もいるかもしれませんが、2007年の『fNS27時間テレビ』(フジテレビ)でボランティア活動をしている女性に対し、江原啓之が勝手に霊視し、その女性が経営している美容室を経営危機であると決めつけた発言をし、大問題になって以降、メディア露出が激減したというのです。

それ以降はメディアでの仕事もなくなり、一部のラジオ番組でしか残っていません。

また、当時の人気絶頂期には、次々に出していた著書も、ここ数年はどんどん出版が減っているようで、相手にされているのは、そういったネタが大好きな今回の「女性自身」のような女性誌や一部の信者だけになってしまっている。

あの時は何だったのだろうか!?と思えるぐらいの現在が“普通”すぎます。

メディアというものがそういうものだというのもわかりますが、それはそれで哀しいものですね。

そんな見た目も激やせして、普通??になっている現在の江原啓之は、なぜそんなに痩せることができたのか!?

その答えはというと、江原啓之自身がラジオ番組で語っていました。

そこには、一切科学的な話はありませんでしたが、説得力のある意見が多々あったので、その内容を少し詳しく解説していきたいと思います。

ダイエットは、科学的な根拠のあるものをやるのも一つですし、科学的根拠がなかったとしても、他人が成功した例を自分に置き換えるというのも有効です。

というのも、やはり「やってみないとわからない」というのがあるからです。

ですから、効果のあるダイエットと言われているものでも、結果が出ない人もいれば、効果が無いと一般的に言われているダイエットだとしても結果が出る人もいるということです。

それだけ曖昧ということではなく、複雑な要因がいっぱいあるからなのです。

ここからは、江原啓之が実際、ラジオで話していた激やせしたダイエット方法を一部紹介します。

ぜひ、あなたもしっくりくるものがあれば挑戦してみてください。

【ゆで卵ダイエット】

ゆで卵ダイエットは、かなり古くからあるダイエット方法のひとつです。かなり前に流行ったことがあるので、何度か試したことがある、という方も多いのではないでしょうか。

さて、ゆで卵ダイエットの方法ですが、これはいろいろな事が言われています。一番、一般的なのは、1日3食の食事で、ゆで卵だけを食べるようにするという方法です。ゆで卵だけを毎食食べるので、1日に10個前後のゆで卵を食べても良いことになっているというのが特徴です。

大きいサイズのゆで卵のカロリーは、約90kcal。ですから、たとえ1日に10個食べたとしても、合計で900kcal前後に収まるので、一般的な基礎代謝よりも低いカロリーで済むことから、一日に必要なカロリーを下回るため、不足したカロリー分の脂肪を燃焼させることで痩せることができるというのが、ゆで卵ダイエットの基本的な理論です。

ゆで卵ダイエットの注意点

ゆで卵ダイエットは、食事にゆで卵しか食べないという単品ダイエットです。単品ダイエットというのは、その一つの食品のみを食べるというものです。

単品ダイエットというのは、ゆで卵に限ったことではありませんが、単品ダイエットは偏食となんら変わりありません。同じものばかりを食べることで、食事から摂れる栄養が偏ります。

ゆで卵自体は、ビタミン類やたんぱく質などが多く、非常に素晴らしい食材であることに変わりはありませんが、それだけを食べていると、やはりその他のビタミンやミネラルなどが不足して、体が不調になったりしますし、アレルギーなどの原因にもなります。また、コレステロールが高い食材になりますので、コレステロールの摂りすぎも気になるところではあります。

こうした理由から、ゆで卵だけを食べるという単品ダイエットは、あまり良いダイエット方法とはいえません。どうしてもこの方法でダイエットしたいという場合は、2週間ならそうであると、期間を決めて行うようにすることです。

また、ゆで卵自体はとてもダイエットに効果的な食べ物ですので、こちらの食材で単品ダイエットをするとしたら、以下の点で気を付けるようにするとよいと思います。

それは、朝食にゆで卵だけを食べて、あとの昼食、夕食は通常通りのご飯を食べる。

この方法は、朝食にゆで卵だけを食べ、昼食と夕食には、バランス良い食事を摂ることで、栄養バランスを補いながら減量していく流れになります。こちらは、朝食ではなく夕食だけという方法でもよいと思います。

【りんごダイエット】

「りんごダイエット」の方法は、りんご以外の食事を一切摂らないというダイエットです。りんご以外の食事は我慢します。飲み物も水もしくはコーヒーのみで3日間続けていきます。

その変わり、りんごはいくら食べてもOKです。

りんごダイエットは、4つ注意点があります。

①栄養が偏るので、3日以上は続けない。

②体調が良い時だけに行う。

③身体に異変がもし現れたらすぐに止める。

④りんごダイエットをしている間は、きつい運動はしない。

この注意点をみてみると、それだけで無理があることがわかります。
注意点④のきつい運動をしないというのは、一般常識ともいえますが、それ以外は明らかに、このダイエットをすると体調が崩れていくというのが目に見えてわかるはずです。

それだけ、単品でのダイエットの危険性がわかるはずです。

りんご1個は、約100~150kcalぐらいになります。ですから、お腹いっぱい食べたとしても摂取カロリーが普段の食事に比べてもかなり抑えられることがわかるはずです。
また、りんごにはダイエットや美容に役立つ成分も豊富に含まれているので、整腸作用の効果や抗酸化作用があります。その詳細は以下になります。

「整腸作用」
りんごには「ペクチン」という水溶性の食物繊維が豊富に含まれています。「ペクチン」には、糖、塩分、脂肪などをゲル状にして包み込んで、消化吸収されにくくする働きがあります。また、腸を清掃をする「セルロース」という食物繊維も含まれているため、腸内環境を整え、便通を良くする効果があります。

「抗酸化作用」
りんごには数百種類以上もの「ポリフェノール」が含まれています。「ポリフェノール」にはアンチエイジングや活性酸素を抑える“抗酸化作用”があるといわれています。なお、りんごの「ポリフェノール」は、特に皮に多く含まれているので、りんごを食べる時には皮ごと食べるのが良いと言われています。

「りんごダイエット」を3日間続ければ、多かれ少なかれ体重は減少するはずです。摂取カロリーが極端に減るからですし、腸内環境を整えていくので、ファスティング後のようなデトックス効果を感じることもできるというのが特徴です。

ただ、短期間に体重を減らすと、元の体重に戻るのも早く、3日間のりんごダイエットが終わった後に、元の生活に戻すと、4~5日で元の体重に戻るのが現実です。

また、このりんごダイエットも一つの食品をたべるだけの単品ダイエットですから、同じものを食べ続けることに飽きてしまうので、最終的にはりんごを見るのも嫌になったり、ストレスを感じてしまうことも多いようです。

りんごダイエットのおすすめポイントとしては、血糖値が上がったり下がったりしないので、りんごの丸かじりであれば、空腹感があまり感じにくくなるため、食べ過ぎが予防できて、ダイエットに効果的になります。

また、りんごダイエットの場合は、「朝だけりんごダイエット」や「おやつりんごダイエット」がおすすめです。

朝食にフルーツを食べることで、酵素が補給できるからです。午前中は、排泄と体内浄化に最適な時間です。この時間帯に消化を促してくれる酵素を補給をすることで、便通がよくなるので、ダイエットの効果がより高まります。

また、おやつにりんごを食べることで、“満腹感”が得られてくるので、その後の食事の食べ過ぎ防止につながることもその効果の一つです。

【バナナダイエット】

バナナダイエットも単品ダイエットの一つです。これが流行った理由も、やはり、その単品ダイエットの特徴にあります。

朝に、朝食を普通に食べれば、それだけのエネルギーを摂取することになりますが、もし、そのエネルギーがその日、もしくは2,3日の間に消費されないでいるとしたら、結果的にエネルギーの摂り過ぎということになります。それが原因で太りやすくなるわけです。

その朝食のごはんをバナナに置き換えられれば、摂取エネルギーが少ないので、全体での摂取エネルギーが減ることで、体重がみるみるうちに減少していき、結果的に激やせしていくのです。

というのが単純なカラクリです。バナナは人間の脳のエネルギーとなるための“糖質”も多く含まれていますし、カリウムというミネラルも多く摂取できるため、体調を管理するのにも良いと言われています。

江原啓之は、この単品ダイエットでは、あまり激やせ効果がなかったようです。こうしたダイエットが一般的な生活ではないというのが、その理由にあると思います。要するに飽きるのです。一時的に効果がありますが、劇的に効果が見られなくなると、その方法を継続していくモチベーションがどんどん下がっていきます。そして、食事を普通にもどせば、体重も元に戻るわけです。これではますますやる気が下がる気持ちも理解できますよね。

【1日1食ダイエット】

文字通り、1日1食にするというのが、1日1食ダイエットです。その効果を整理してみます。

①食べ過ぎを抑えられる。

現代の日本では、食べものに困ることはほぼありません。

ですから、食べ物が豊富にある状態で1日3食をきっちりと食べていたら、食べ過ぎになってしまうのではないか?ということになります。

食材も豊富に、そして栄養価も高い食材も増えているので、たとえ、1日1食でも十分に栄養を摂取することができることから、食べ過ぎを防ぐことができ、健康的に痩せることができるのです。

②胃腸にやさしい

1日1食しか食べないのであれば、食べない時間が24時間できることになります。

そうすれば、必然的に胃腸への負担がかからなくなるので、胃腸の調子が良くなるということです。

胃腸の調子によって、体重の変化や、体調への影響があるので、こうした理由からもこのダイエットの効果があるといえます。

③サーチュイン遺伝子の活性化

1日1食にすると、体が食糧危機であると、勘違いして認識する結果、サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)が活性化するといわれています。

サーチュイン遺伝子が活性化されると、健康的に長生きできるようになるだけでなく、
アンチエイジング効果も期待できます。

ただ、ここで問題なのは、食事の回数を減らすと逆に太りやすくなってしまうのではないか??ということです。

お相撲さんが、1日1食しか食べないのは、そのほうが太りやすいという事をあなたも聞いたことがあるのではないでしょうか??

実際、1日1食にすると、体がエネルギーをため込むようになるので、太りやすいと言われていますが、これは必ず太るというふうに実証されているわけではありません。

人間というのは、1度に消化できる量に限界があります。ですから、限界を超えた分の食事量は、脂肪として蓄えられます。そして、その脂肪はなかなか使われることがありません。

したがって、1日の総摂取カロリーが同じの場合、食事の回数を減らすことで、1回の食事量が増えてしまうと、脂肪がつきやすくなって太りやすくなるといえるのです。

ですが、もし1回の食事の摂取カロリーが変わらないのであれば、蓄えられる脂肪の量が変わらないので、 太りやすくならないといわれています。

ですから、お相撲さんが、食事回数を減らして太るのは、 単純に1日の摂取カロリーが多いからです。

では、実際の方法はどのように行われていくのかをお話していきます。

1日1食ダイエットの方法は、基本的には、いつ食べても大丈夫です。とにかく1日1食だけにするというのが普通です。

ですが、それ以外に何も食べてはいけないということではなくて、フルーツやはちみつ、黒砂糖などを口にしても問題ありません。

ただ、いくつかポイントがあります。

できたら夕方に食事をすることがおすすめのようです。

それは、寝ているときに栄養となる材料が体内にないと、きれいなお肌が作られなかったり、体内の細胞がつくられなかったりします。

また、成長ホルモンは寝ているときにつくられると言われていますが、栄養が不足するとこちらも作られにくくなります。

ですから、もし激やせできたとしても、逆に不健康になってしまう可能性があります。

また、1回の食事の際は、良質のたんぱく質を摂ることです。

1日1食にすると、たんぱく質の摂取量が不足する傾向にあります。ですから、肉、魚、大豆製品など、良質なたんぱく質を含む食品を多めに食べることをおすすめします。

そして当然、野菜や果物を摂ることも必須条件です。1日1食にすることで、その栄養バランスが偏りやすく、ビタミン、ミネラルも不足しやすくなります。したがって、野菜、果物も多めに摂取することをこころがけてください。

1日1食ダイエットでは、本当に痩せることができるのか??

一番、気になるところではありますが、1日1食にまで減らさなかったとしても、1日3食腹八分目ぐらいまでにして食べる、また間食をやめるということだけでもダイエットの効果はでてきます。

また、普段食べすぎていない人であれば1日1食にするのは、簡単ですが、太っている人の多くは食べ過ぎて太っているわけで、なかなかいきなり1日1食にすることができません。

ですから、当然のように、もし、1日1食に耐えることができるのであれば、その時点ですでに、1回の食事量を減らすことができているはずなので、そもそもダイエットで悩むことはないはずだとは思います。

江原啓之は、この1日1食ダイエットについては、やはり1回の食事の量が増えてしまうことを懸念していました。だから、このダイエットをするのなら、もっと普段に近いことでできることはないのか??というふうに考えていったのです。

そこで、現在、激やせした江原啓之はどんなダイエット法をとりいれているのかというと、
「散歩」と「大好きな野菜を食べる」を行っているようです。

何かしら時間があると行うのが散歩のようで、時には60分以上も歩くようです。ここで、私が言いたいのは、その散歩をするということで、どれだけの運動量になるのか?とかどれだけの時間やれば、どれだけカロリーを消費できるのか?ということではなくて、「継続的に行うこと」の重要性です。

江原啓之はたまに会食などを外でするときなどは、その場所から自宅まで、歩いて帰ることもあるようです。それは激やせしますよね(笑)。要するに、食べたらその分、消費したくなるというのもありますし、歩いていないと気持ち悪いというぐらい習慣になっているからなのです。

それだけでなく、やはり歩くという運動は、全身の運動にもなるので、消費カロリーよりも全身の血流があがるため、体調もよくなっていきます。それが結果として、ダイエットにもつながっていくわけです。

現在の江原啓之が激やせしたように、そこまで結果がでるかどうかは別の問題でありますが、あなた自身が“継続”できるものを探すことが大切になります。

激やせした江原啓之は、野菜が大好きなようですが、やはり旬の時期の野菜を食べることは、ダイエットだけでなく、健康的にも良いです。

旬の野菜とは、1年の内で収穫量が最も多く、その食材の栄養価が最も高くなり、味もよい時期の野菜のことを言います。

最近では栽培技や保存、運送技術などが発達しているので、スーパーなどでは、様々な色や形の野菜が一年中並んでいますし、多くの野菜は一年中いつでも手に入れることができるようになりました。

キュウリやトマトが旬である、夏にしか手に入れることがなかったら確かに困ってしまいますが、便利である反面、どの野菜がいつ旬の野菜なのかもわからなくなっています。

味や栄養価というのは、やはり自然に逆らわずに栽培されたものにはかなわないのです。

また季節ごとにできる野菜には、それぞれ意味があります。

春には、体の調子を整える成分が多く含まれていますし、夏に体内に溜まりやすい熱を体内から冷やす成分や、暑さで弱った胃を刺激して、消化を助けたり、利尿を促したりする働きがあったりします。

ですから、その季節にあった旬の野菜を多く摂りいれることは、体にとっても負担が少なく、より健康的になりますし、それだけダイエットにもよいはずです。

最後に、激やせした江原啓之が言っていた言葉で気になることがあるので、これだけお伝えして終わりたいと思います。

「デブはこころが繊細、からだが太くなる」

これは本当だろうか??

あるカウンセラーによると、やはりこういうこともあり得ると言っています。

人は、気丈に振舞っているようでも、悩みの一つや二つはあるものです。ですから、もしかしたら見た目にはわからなくても、心の中は病んでいる場合があるというのです。

その代償として、食欲と共に気力もなくなってしまい、激やせしてしまう。もしくは逆に、食べて飲んでストレス解消する人の場合は、激太りになるのです。

ダイエットをしていてことで反対に栄養が偏り、もともとあるマイナス思考が“鬱”につながってしまうこともありますし、気持ちによって心のバランスにも波ができて、リバウンドを繰り返す傾向もあります。そんな身体の状態が見受けられる人は、心が病んでいる可能性があると言われています。

ですから、体型の変化が激しい人には注意が必要です。あなたの周りにそのような方がいるようだったら、一度、医療機関で受診することが必要だと思います。

ここまで、見てきたように激やせした現在の江原啓之は、自分自身の経験も交え、かなりダイエットについても精通していると見て良いと思います。でもこれは、あくまでも江原啓之の個人的な見解であることは間違いありません。と同時に言えることが、それだけ周りにも言えるくらい自分自身でダイエット法について検証していることが大切なのです。

最初のうちは、それでも問題ありませんが、あなた自身で継続できる、楽しめる、そして効果のあるものを見つけていってほしいものです。

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

未分類