谷澤恵里香の酒癖と体重


ダイエットアドバイザーのJUNです。

まずは人気ブログランキングをチェック!

「酒癖」と「体重」?

一見、かかわりの少ない言葉に感じてしまう人も多いと思いますが、この二つの関係性は意外にも密接に関わっています。

お酒で「本音」が出やすくなります。その本音がわかれば、その人の心理傾向がわかります。そして、こころとカラダはつながっていないようで、かなり深い関係があります。

心の状態が、その人の姿・形に投影しているといっても過言ではありません。

今回は、谷澤恵里香の酒癖と体重についてお話したいと思います。

【酒癖について】

谷澤恵里香の酒癖の悪さについては、かなり有名です。

彼女の酒デビューがすごい!!

2010年11月15日に20歳になった谷澤恵里香は、初めて「志村けんのバカ殿様」の打ち上げに参加しました。

この番組には、彼女自身20歳になる前から出演していたのですが、未だお酒の飲める年齢ではなかったので、打ち上げに参加できることが叶いませんでした。

その後、念願の打ち上げに初参加した谷澤はというと、芋焼酎を1杯飲んだだけで酔っぱらってしまい、志村けんさんに絡んでしまったのです。

志村けんさんは、「お前が男だったら、ぶん殴っていた」と言ったそうで、深く反省したそうです。

お酒をあまり呑んだことないと恐いのが、自分がどれぐらい飲んだら、「酔うのか?」、「酔ったらどうなってしまうのだろう?」というのが分からない事だと思います。

急性アルコール中毒で、救急車に運ばれる学生が後を絶えないですが、やはりまだ覚えたての酒で飲み過ぎてしまうことが原因にあります。

谷澤恵里香は、あんな大失態があったせいか、二十歳の時の成人の抱負では、「周りに気配りのできる女性になる」だったそうです。

若気の過ちがどっちの方向に転ぶかはわからないものですが、良い方向へと導いてくれたらいいものですが。

酒癖の悪い谷澤恵里香が反省.jpg

谷澤恵里香にはこんなエピソードもあります。

アイドルグループのアイドリング楽屋トークで、菊地亜美さんと遠藤舞さんが話していたのは、谷澤が20歳になる前からカレンダーで“飲酒解禁日”をカウントダウンしていたと言います。

年明けのカウントダウンならわかりますが(笑)、早く公にお酒を飲める日を待ち望んでいたぐらいですから、飲みたくて飲みたくて我慢できなかったのですね。

この楽屋トークは今(2014年12月)から数ヶ月前のことですが、その中でも菊地亜美が「谷澤の酒癖はかなりヤバいから、絶対に一緒に飲みに行きたくない!!」と語っていました(笑)。

同じメンバーの子たちが言うぐらいですから、その度合いがよく伝わってきます。

そして、その他にも谷澤恵里香は「噛み癖」があるそうです。

菊地亜美と一緒に車での移動中に、菊地が台本を読んで練習していると、いきなり谷澤が肩のあたりを“噛み”だしたそうです。

「お腹空いたぁ~」って言って(笑)。

色々とやらかしている谷澤恵里香ですが、そもそも酒癖の悪さでかなり話題になったのは、
2012年12月4日に放送された、ドッキリ番組「ウラでこんな事やってましたSP」でのことでした。

この企画は、芸能人たちのオフの様子を隠し撮りして、テレビでは見ることのできない隠された“裏”の部分を暴露するという企画です。

この企画のターゲットになったのが、飲み会の時の谷澤恵里香だったのです(笑)。

カラオケの中で踊った“乳首ダンス”にはじまり、股を大きく開き女性とはいえないような態勢をとったり、先輩の名前を呼び捨てするなど、相当暴れたそうです。

さすがにドッキリとはいえ、穴があったら入りたいぐらい恥ずかしい思いをした谷澤恵里香は、それで酒癖が悪いと話題になったのです。

まだまだありますよ(笑)。

これは、おぎやはぎの矢作が目撃してしまった情報です。あるラジオで公開していました。

その情報とは、矢作がいつも歯の矯正でお世話になっている歯科医師さんが結婚するというので、行きつけの高級寿司店で新婚夫婦と共にお祝いをすることにしました。そこはカウンターしかないというお店ですから、かなりの高級店であることがわかります。

矢作と夫婦3人でカウンターの一番右端に座っていた時に、その左側には業界人っぽい男性2人とその奥には若い女性が2人座っていたそうです。矢作は、一番左側に位置していたので、その4人グループの女性の顔は見えていなかったそうです。

すると、突然その4人グループの1人がカウンターしかない席で大きな声でこう喋りだしたそうです。

「今食べたヤツ、目を隠して食べたら、“すしざんまい”と変わんないよ」

矢作はこれを聞いて、かなり不愉快な思いをしたそうです。だってそうですよね。カウンターしかない小さなお店で、店内には他のお客様がいるにもかかわらず、そして何よりもお寿司を握ってくれた寿司職人を目の前にして、その発言ですからね。確かに失礼極まりない態度です。しかも、その彼女はお酒に酔っていたためか、悪びた様子が全くなかったそうです。

それどころか、「“すしざんまい”は最強!」と力の入った言葉がなおも続いたそうです。それを聞いていた矢作も寿司職人も苦笑いをするしかなかったといいます。

そして、その酔った女性がその寿司屋の帰り際に矢作に対して、「矢作さんですよね!」と一言挨拶をした時、矢作が観たその女性が、そうです。谷澤恵里香だったのです(笑)。

周りが見えなくなってしまう、強気になってしまう、目上の人だろうが誰だろうが態度が変わらず礼儀というものが一切なくなってしまうほどの酒癖の悪さです。

「周りに気配りのできる大人になる」という成人の誓いはどこにいってしまったのでしょうか!?(笑)

谷澤の酒癖の悪さはここまででかなり伝わったと思いますが、そもそも何でお酒を飲むと酔っぱらってしまうのでしょう。

「お酒に酔う」というのは、血液に溶け込んで脳に流れてくるアルコールの作用で、脳が麻痺することを言います。

どれぐらい酔っているのかは、脳にどれぐらいの濃度のアルコールがあるかによって決まります。実際に、脳の中を開けてどれぐらいのアルコール濃度があるかを測定できれば、今どの程度酔っているのか、正確な数値が出てきますが、それは難しいので、通常、アルコール濃度は、血液の中身を調べて判定していきます。

この「酔う」という状態は、細かくいうと6段階に分けられていますが、今回は簡単に4つで説明していきます。

“ほろ酔い期”⇒楽しくお酒を飲めている状態

“酩酊初期”⇒アルコールの量が進んで、脳の麻痺が進んでいる状態

“酩酊期”⇒物事を理解する能力や運動能力が鈍ります。そして同じ話を繰り返したり、もう普通に歩けなくなって千鳥足になります。

“昏睡期”⇒脳の麻痺が全体に及ぶため、呼吸をするのが難しくなったり、最悪死んでしまう場合もあり、かなり危険な状態です。

アルコールを分解する力は、それぞれ違いますので、同じアルコール量を摂取したとしても、その酔い方の進行度合いが違うので、自分がどれぐらい飲めば、酔うのかを知っておくことは非常に大切です。

先ほどのお寿司屋さん事件の谷澤恵里香をみてみると、ほろ酔い期を越えて、酩酊初期には達していますね。

では、アルコールを飲むと出てきやすい「酒癖」についてお話します。

酒癖とは、アルコールの作用により脳が麻痺し、“理性”や“緊張”が緩んでしまうことで、そのクセがでてくることをいいます。その癖がどちらかというと、普段とのギャップがある場合、それが目立ちすぎるために酒癖といえば悪いイメージしかないように感じますが、決してそうではありません。

お酒を飲むと、ついつい出てくるその人の違った一面、例えばこんな人はあなたの周りにいませんか?

・普段とは全く違う“キャラ”になる人

・話の内容が自慢話ばかりになる人

・お酒を飲ませたがり屋の人

・周りのことが全く見えなくなってしまう人

私はどちらかというと、「お酒を強要させてしまう人」の傾向がありました(笑)。

当の谷澤恵里香の酒癖はというと、4つ目の「周りのことが全く見えなくなってしまう人」といえますね。

私みたいな、お酒をついつい周りに進め過ぎてしまう人は、他の人も自分のペースがあるはずなので、かなり迷惑がられることが多いです。この人の特徴はというと、「寂しがり屋」です。もっと本当は相手と心を開いて、素直に仲良くなりたいという気持ちの表れでもあります。

ただ、これが「もっと飲め!!」とかなり強引に飲むことを強要する場合は、もっと心の深い部分に潜んでいる周りの人への“攻撃的”な側面があるのかもしれません。

こういった方は、やはりお酒を飲むという以外にストレスを発散させるような趣味などを見つけていくことも大切ですし、普段から、人に対して思いを素直なままでストレートに言えるように意識することも必要です。たとえ、それが間違っていることだとしても、いつかその意見を理解できる人が現れてきます。

また、谷澤恵里香のように、周りが全く見えなくなってしまう酒癖の方の傾向は、我が道をいくわがままタイプであり、極度なマイペースであることが多いようです。もしくは、とにかく“快楽”を求めるタイプの人です。その場を目一杯たのしみ、自分の好きなように楽しみ、飲んだり、食べたりしたいという人です。お酒の入る場は、思う存分楽しむことも必要ですし、それが楽しみでもありますが、それが行き過ぎると結果的に「周りへの気配り」(谷澤の誓い、笑)が疎かになりやすくなるので、一緒にいる人達の雰囲気やその場の空気によっては、少し抑え気味に飲むことが肝要です。

先ほどの高級寿司店でみせたような酒癖は、かなりクセの強いものです。

それは、例えば日常生活で不満がなかなか消えなかったり、仕事で抑圧されていたり我慢を強いられているために、心に余裕が無いというのも特徴にあります。

さらに言えば、現状に不満があり、充足感がありません。当然、自分に自信が無いというのもありますが、それ自体も許せないという心理傾向にある場合が多いです。

笑顔が可愛い谷澤の画像.jpg

こちらの右の画像は、谷澤恵里香の”奇跡の一枚”と言われているものです。そして二つともに同一人物です。右の写真は、確かに素敵です。が、左右の外見的な違いが心のギャップにもしつながっていたとしたら、かなり危険信号です。

日常生活や仕事の中で、不満を抑えつけられていると、お酒を飲んだ途端に様子が変わり、極端に自己主張をしたり、溜まったストレスを晴らしたいと思うのです。

ちょっと話が変わりますが、ここで谷澤恵里香の二日酔い対策を公開!!

と、その前に酔いすぎないように気をつけた方が良さそうではありますが(笑)。

ポッカレモンのような100%果汁を、「これでもか!」というぐらいに一気で飲むそうです。
レモンに含まれている“クエン酸”によって疲労回復と同時に、酔いも治まってくれるのかもしれませんね。

【体重について】

谷澤恵里香の体重はというと、実は今年(2014年)の2月にある番組でバレテしまいました。

その番組は、ロンハーです。アイドリングを卒業した彼女は、ロンハーに出演するようになってから、かなりバラエティにも見かけるようになりました。

その番組の中で、「体重ランキング」がありました。そこで、谷澤恵里香のがすんなり公表されてしまったのです。

アイドルグループのアイドリング時代には、ぽっちゃりしているとかぷよぷよしているなどかなりのいじられキャラだったので、体重の公開はかなり勇気のいることだと思いますが、かなりあっさりと表に出てきました。

その数字とは、『49.8kg』

49.8キロという体重は、あなたにはどう見えるでしょう。身長が168cmしかないのに172cmと公表する野球選手や、それこそ190cmにも満たないバレーボール選手が191cmで公表するように思えてなりません。

谷澤恵里香の身長は、公称では150cmですので、一般的な体格指数で評価をしてみることにします。

bMIの計算式をつかって、彼女の身体組成がどうなっているのかを見ていきますが、こちらの問いに関しては、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で計算していきます。

谷澤恵里香の身長が150cmで体重が49.8ですので、49.8÷1.5÷1.5=22.1という結果になりました。

これは限りなく“100点”に近い数値です(笑)。

「え?そうなの!?」

22.1という数字はどういう意味を示しているのか?

bMIで出てきた数値は、生活習慣を発端に発症しやすいと言われる糖尿病や高血圧、高脂血症などのリスクが少ない範囲でいうと、18.5~24までの間にあるのが理想的と言われています。そしてその中でも、最も病気のリスクが低いのは22なのです。ですから、100点という評価になったのはそのためです。

そうです。この数値でいうと一般的な方、いわゆる見た目で仕事をしていない人であれば一番理想の数字です。

しかしです。谷澤恵里香のような芸能界では、少しオーバーな体重といえます。

谷澤恵里香の体重がヤバい!.jpg

モデルや女優さんように、特に見た目や外見の細さを評価するモデル指数というシステムで先ほどの22を見ていくと、やはり、「ぽっちゃり」という最低ランクになっていました。

ちなみに、このモデル指数のカテゴリーを載せてみると、こんな感じになります。

bMI:15.0以下 危険!痩せすぎている

bMI:17.0以下 痩せている

bMI:19.0以下 モデル並み(理想的な数値)

bMI:21.0以下 少しぽっちゃり

bMI:23.0以下 ぽっちゃり

以前のようなアイドルとして彼女が売っていくのなら、今の体重ではかなり体型的に太めな数字ですが、今のようにバラエティ色の濃いイメージで“キャラ”を出していくのなら、全く問題のない、健康体と言えます。

最後に、お酒は大人になる過程において、多少なりとも失敗してしまうのは一つの経験だとも言えます。ただ注意せず、度が過ぎてしまうと大切な人間関係を壊すことにもなりかねませんし、仕事の上での信頼関係も失ってしまいます。

そして、体重というのは、体型の客観的な数字です。その数字が多いのか少ないのかは、極端に健康を害するというのでなければ問題はありません。

ただ大切なことは、今の体型やスタイルである自分を好きになることです。そして、それが自分らしい姿であることを自分自身で認めることです。

しかし、それを認めることができない、受け容れることができないと自分の本質の部分を隠そうとして表面的な部分と内面とのギャップに耐えられなくなり、お酒を飲んだときにいつもと違う自分が出現してしまうのです。
いわゆる悪い酒癖として出てくるのです。これだけは本当に人生が変わってしまう恐れもあることですので、細心の注意が必要です。

今回は谷澤恵里香の酒癖と体重について、心理的な側面でお話してきましたが、いかがだったでしょうか。

何か新しい発見があれば、私としても嬉しい限りです。

今回は以上になります。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

未分類